| Login |
カテゴリ「未分類」 に入っている記事一覧

 HOME  

2015/04/08
友達がネットオークションで安くアクセサリーを買ったのだ、と言って見せてくれたことがありました。全く私の趣味ではないので、何と返事して良いか分かりませんでした。だって、私だったらタダでくれると言われたって断ってしまうような大きなアクセサリーばかりだったのです。

こういう大きなのが好きだったら、私が持っているのをあげるわよと言ったのでした。それから日がたったのですが思い出して、タンスの引き出しに入っていた大きなアクセサリーを選びだしました。

気に入らなかったら、どうせ私はつけないものだから捨ててしまって良いというつもり。いらないものをプレゼントするのも気が引けたので、日本から持ってきていたレースのハンカチーフに包んで、着物の生地の巾着に入れることを思いつきました。そうすれば、すくなくとも布の方はプレゼントになるから。

少し思い出があるものもあったので、プレゼントの用意をしながら記念写真を撮りました。眺めていたら、やはりこれはとっておこうと思うものは抜いたので、少なくなってしまった...。



ある程度は価値がありそうなのは、手前に置いたミニチュアの香水瓶のペンダントではないかと思います。香水も入ったままだし。


毒の香り?

真ん中と、その右にある金のが、思い出のあるクリスチャンディオールの「Poison(毒)」という、飛んでもない名前の香水です。

日本では「プワゾン」と表記するのでしたっけ。
まだ売っているのですね...。

私が勤めていた会社が、フランスの有名な香水はほぼ全部作ったという香料会社。その会社を辞めるときに、新しく入った主任調香師の人がこれを作って、華々しくデビューしたのでした。

香水の調合というのは難しいそうで、クライアントから新しい香水を売り出すプロジェクトが入ると、色々な香りのサンプルを出して選んだり、変えたりしていきます。

3,000のサンプルを出して、やっと1つが選ばれるのだと言っていたっけかな?...

でも、このプワゾンというのは、凄まじい香りなのです。どうして、こんな強烈な匂いの香水が素晴らしい出来なのか、私には分かりませんでした。

転勤した先が、その香水を売っている会社が入ったグループなので、いやおうなく嗅ぐことになってしまいました。深い緑色のパッケージは美しい色だと思いましたけど...。

マーケティング部長のフランス人女性が、これをプンプンにつけているので、たまらない!

オフィスの中はこの香りでいっぱいだし、一緒にレストランに行くと、彼女の香水の匂いしか鼻に入ってこないので、食事をしている気分にはなれませんでした。

それを消すために、私は香料会社時代にもらっていたサンローランの香水(瓶はないけど、中身は同じ)をつけていました。それをトイレでマーケティング部長に見られてしまって、うちの会社の香水をつけろと叱られてしまったのでしたのでした...。

でも、こういうプワゾンの拡販アイテムはもらっていたようで、そのまま残っていました。

彼女の秘書からは、テレビにプワゾンのスポットが出ることになったから見るように、と言われました。ところが、香水の名前なんか覚えられないほど短い。本当に、あっという間に終わってしまうコマーシャル。それで、億単位の広告料を払ったというのが信じられませんでした。

思えば、最近の日本のテレビでは、コマーシャルの時間が異常に長いですね。広告費が安くなったのかな?...


ところで、プレゼントの包みを開いた友達は、香水の瓶のには余り興味を示していませんでした。香水がとても好きな人だったので、さっそく匂いを嗅ぐだろうと思っていたのに不思議...。ご主人の方は、コレクターが喜ぶようなアイテムだろう、と言っていたけれど。

その日の彼女は黒いドレスを着ていたので、さっそく黒と白のネックレスをつけました。なかなかお似合い。やはり私は、こういう大きなアクセサリーをつけても引き立たないな、と思った次第です。あげてしまって良かった。



ブログ内リンク:
★ 目次: プレゼントや土産物に関して書いた記事


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 未分類 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
2006/06/07
時々頼まれるのです。骨董品を手に入れたフランス人が、そこに書いてある中国語らしき文字を読んで欲しいと。

このたびは、お母さんが亡くなった友達が、形見分けでもらったもらったブレスレットに何と書いてあるのかと聞いてきました。

たぶんベトナムのものだろうと言います。

メールに添付してきた写真を見ると、文字の上下が逆になっている。写真をひっくり返して眺めてみましたが、中国語だということだけは確信できました。

いい加減な想像ならだいたいつきますが、本当の意味なんて分かりません!

どなたかお分かりになる方があったら教えてくださらないでしょうか?

問題のブレスレットはこれです ↓



上に見えるのは、ブレスレットを持っている手ですので無視してください。

これをぐるりと回して文字が見えるようにした写真を数枚送ってきました。

それをつなぎ合わせたら、こんな風になりました。

クリックすると拡大写真が開きます

写真をクリックすると、拡大写真が開きます

私の目に映った漢字は、次の通り:

「宇・康・寿・禄・福」

勝手に解釈してみると、「世界は安泰。幸せも収入もあって、めでたし、めでたし」。

全然違うでしょうか?...

どなたも教えてくださる方がなかったら、そんなようなことが書いてあるのだ、と返事してしまおうと思います。

いい加減な私...。

形見の品だから愛着があるのでしょうが、私だったら、こんな大きなブレスレットなんか身につけたくないけどな...。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 未分類 | Comment (9) | Top
この記事のURL | Rédiger