| Login |
1999/01/28

最終更新: 2016年11月


 
フランス銘鶏 プレ・ド・ブレス

フランス最高の鶏肉といわれるブレス産の鶏肉は私の好物です。

ときどきこの食材について書いているので
日記の一覧を作りました。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/27

最終更新: 2016年11月


クリスマスのご馳走「シャポン」と呼ばれる雄鶏フランスで食べるトリ肉は、実に種類が豊富です。

鶏肉や鴨肉(アヒル)などは、性別、年齢、飼育法によって全く異なった呼び名が使われています。

その他、ウズラ、ハト、七面鳥、ホロホロ鳥も普通に食べられる家禽類。まだ記事にしていませんでしたが、ダチョウも食卓にのぼります。

鳥肉について幾つも記事を書いているので、一覧を作ってみました。冬の狩猟解禁時期に食べる野鳥については、別にジビエの目次を作っています。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/26

最終更新: 2017年1月

フランスでは牧場に放牧されている牛の姿をよく見ます。計算してみたら、フランス人3人に牛1頭の割合になりました。

ブルゴーニュ地方でよく見るのは、白いシャロレー種の牛「Charolaise」です。

ブルゴーニュ南部にあるシャロル町(Charolles)を中心にした地域をシャロレー地域と呼ぶのですが、原産がこの地方の牛なのです。

よく見かけるシャロレー牛について幾つも日記にしていので目次を作ったのですが、他の牛について書いた記事も入れた目次にしました。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/25

最終更新: 2016年11月

フランス人たちの食事で基本をなしているのは、ひょっとしたらハム・ソーセージ類ではないかと思ってしまうことがあります。

何も食べるものがないとき、簡単に食事を済ませてしまいたいときには、たいてい冷蔵庫には入っているハム・ソーセージをメイン料理にしてしまうのです。

ピクニックでも、これとチーズとパンがあればできてしまいます。

フランス語には、ハム、ソーセージ、ベーコン、パテなど、主に豚肉を加工した食品を総称する「charcuterie(シャルキュトゥリー)」という単語もあります。

おいしい肉の加工食品を作っているか否かで店を選ぶのですが、家でハムやソーセージを作っている人たちもいて、それがまた、とても美味しい!

ハム・ソーセージ類について書いた日記をピックアップしてみました。
豚肉についての話題も加えています。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/24

最終更新: 2017年1月


キノコについて書いた日記を一覧にしてみました。

特に、毎年シーズンになると食べる野生のキノコについての話しが主になっています。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/21

最終更新: 2015年7月

家庭菜園で作ったズッキーニのお裾分けフランスの夏野菜の代表はズッキーニ。

八百屋さんでもたくさん売っているし、家庭菜園でも作られます。

ズッキーニについて書いた日記を一覧にしてみました。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/20

最終更新: 2016年11月


冬は狩猟が解禁なので、フランスではジビエが食べられるシーズンになります。ジビエや野生動物について書いた過去の日記の一覧です。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/18

最終更新: 2017年1月

フランス料理になくてはならないジャガイモ。ありふれた食材だけれど、嫌いという人には出会ったことがありません 。
フランスの高級食料品店の店先
フランスで売られているジャガイモの種類は非常に豊富です。

ジャガイモが気になる。

それでブログにもよく登場させていました。

ジャガイモについて書いた記事の一覧を作っておきます。

ただし、食べた料理に少しジャガイモがあったと程度のものはピックアップしていません。

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/16

最終更新: 2016年9月


美食の国フランスということで、食べ物に関してフランス語がそのまま使われることが日本にはよくあるのですが、そうではない場合には頭が混乱してしまいます。

フランス語だと思っている食べ物の名前がカタカナで使われていて、それがフランスとは違うものを指している場合もあるのですから...。

D-STYLIST ダブルワッフルメーカー例えば、フランスで「ゴーフル」と呼ぶものは、「ゴーフル」と訳してはいけなくて、「ワッフル」と呼ばなければいけない。

「ゴーフル」から派生した単語として、フランス語には「ゴーフレット」があるのですが、たいていの場合は「ウエハース」と呼ぶべきだろうと思います。

そうかと思うと、フランス語の名前をそのままカタカナにしている商品名もあるので混乱します。

紛らわしいお菓子の名前について、幾つかの記事を書いているので、一覧にしてみることにしました。時々取り上げて書きながら頭の中を整理しているのですが、どうも私は迷い続けてしまっている!

[続きを読む  Lire la suite...]


1999/01/15

最終更新: 2015年8月


「ペッシュ・ド・ヴィーニュ(pêche de vigne)」と呼ばれる種類の桃があります。

ペッシュとは桃、ヴィーニュとはブドウ畑のこと。
つまり、「ペッシュ・ド・ヴィーニュ」とは、ブドウ畑のモモ。

昔のブルゴーニュ地方にあるブドウ畑には、この桃の木が植わっていたのだそうです。

名前が気に入っているので、この桃について幾つか日記を書いています。

[続きを読む  Lire la suite...]