| Login |
2006/12/31
日本では、今でも大晦日にベートーヴェンの交響曲第9番を演奏するというが流行しているのでしょうか? 大晦日と第九が結びつくという風習は日本独特なもののようです。


◆フランスの大晦日は陽気にオペレッタ

フランスで年末につきものクラシックコンサートといったら、オペレッタ

大晦日は友達が集まるホームパーティーがあるので、コンサートには行けない雰囲気なのですが、いつだったか、オフェンバックのオペレッタを見に行ったことがありました。

年配の女性の姿が圧倒的に多かったのを覚えています。こんなときにオペレッタを見に行くというのは昔の人たちの風習であって、若者のファンは少ないのではないという気がしました。

オペレッタというのはそれほど好きではなかったのですが、1年を締めくくるには楽しくてよいコンサートだな、と気に入ってしまいました。

フレンチ・カンカンの音楽などが飛び出すのですから、会場の人々も体を揺らしてリズムをとったりして(歌ってもいたかな?...)、もう底抜けに明るい気分で1年の終わりを飾れたのです♪

 カラヤン/オッフェンバック:序曲集


◆第九が心にしみた今年...

「何もかも忘れて楽しくすごそうや」というフランスの年末には、ベートーヴェンの交響曲第9番は結びつかないイメージなのですが、今年はなぜかテレビで見ました。昨日30日のことではありますが。

マリス・ヤンソンス指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。

心に染み渡る、素晴らしい演奏でした。この指揮者には思い出があるのですが、やはりこういう曲を指揮するのが一番好きだと思ってしまいました。

期せずも、今年のお正月にテレビで見たニューイヤーコンサートも、マリス・ヤンソンス指揮の演奏でした(2006年1月5日の日記)。

あのときは、今年がこんな風に過ぎるとは思ってもいませんでした...。楽しいこともあったけれど、悲しいこともあった年でした...。

おそらく、第九を聞いたのは久しぶりだと思います。余りにも有名な作品なので、あえて聞こうとする機会が少ないのだと思います。

あらためて、なんと素晴らしい作品なのだろうと感動しました。

歓喜の歌」という名前がついていますが(仏語では L'Ode à la joie)、これはレクイエムとしても聞けてしまう曲だと思ってしまいました。

楽しいとか、悲しいとか、そんなことを超越してしまう音楽だ、と今夜は感じたのです。

音楽を聞くときに極度に感動するかどうかは、条件があると思う。演奏の素晴らしさ。それから、演奏を聞くときの自分の精神状態。これが合わさると、音楽にひたりきることができます。

涙が出てきました。こういう涙というのは心を洗ってくれます...。


 カラヤン/ベートーヴェン:交響曲第9番


◆ベートーヴェンの人生を思う

後世に何かを残すことができる一生に価値がある、と思うことがあります。「例えば、どんな一生だったら価値があると思うの?」と聞かれたら、まっさきに「ベートーヴェンのような人生」、と考えてしまう私です。

音楽家の中でベートーヴェンを一番尊敬しているわけではないのです。でも、この人が後世に残した価値は大きいです。科学の偉大な発見者と違って、誰に害を与えることはなかったのが評価する理由かも知れません。

でも、ベートーヴェン自身は、想像を絶するくらい不幸だったのですよね...。

「諸君、笑いたまえ。喜劇は終わった」

本当にベートーヴェンが最後に残した言葉なのかどうかは疑わしいのだそうですが、それが彼の人生を現わしているように感じられてしまいます。

余りにも痛々しい人生です...。羨ましい人生だなどとは、とても言えません!

でも、幸せだけれど無意味な人生を送るよりは、不幸でも自分を発散できた人生の方が素晴らしいと思ってしまう私です...。

 カラヤン/ベートーヴェン:交響曲全集


◆どっちが良いのだろう?...

コンサートで受けた感動の熱から冷めたら、ふと日仏の違いを考えてしまいました。

大晦日の過ごし方です。

フランス式にオペレッタを見て、人生なんかそんなもんだ! と笑いで吹っ飛ばしてしまった方が良いのか?...

あるいは、日本式に第九を聞いて涙を流し、しんみりと人生の重みを考えた方が良いのか?...


追記

日本には大晦日に第九を演奏する風習があるのはなぜなのか気になっていたのですが、経緯は意外なものでした。

終戦の後の貧しい時代、オーケストラの楽員のボーナスというか、正月の餅代を稼ぐ手段として、この大がかりな曲を演奏するというアイディアが生まれたのだそうです。


大晦日の夜はなぜ第九の演奏会が行われるのか? | 福岡のニュース



ブログ内リンク:
★ 目次: フランスの祭日・年中行事について書いた日記
★ 目次: クラシック音楽

外部リンク:
交響曲第9番はなぜ年末に演奏されているのですか?
第九が年末に演奏される理由。日本だけなの?
☆ 音楽雑記帖: 年越しの第九、あるいは、はじまりの交響曲



2006/12/30
先日旅行したアルザス地方はマンステール(munster)というAOC(原産地統制呼称)付きチーズの産地なので、現地の味を極力味わうようにしました。

レストランで出されたマンステールの食べ方2種類をご紹介します。



上の写真: クミンを添えたオーソドックスな食べ方。右の赤い棒状に見えるのが、このレストランの独創性。野ばらの実から作ったペーストです。

下の写真: 溶かしたマンステールを乗せたサラダ。暖めたチーズは好きなので、いつかこれを自分で作ってみたいと思いました。サラダ菜、ジャガイモ、トマトがあれば良いという、いたって簡単そうなサラダですし。



マンステール



クミン(ホール)

   * マンステールと一緒に食べるクミンは、粉にしていないホール・タイプ

★野ばらの花と実: 野バラ

ブログ内リンク:
★ 目次: 乳製品(チーズ、バター、生クリーム)に関して書いた日記


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


2006/12/29
「元旦の朝は、ポストに入っている年賀状を見るとムチャクチャするので大嫌いだ」、と言った友達が日本にいました。

前回の日記「フランスにも寂しいクリスマスはある・・・」を書いていて、ふと彼女のことを思い出しました。あれから、どうしているのかな?・・・


◆いやみになってしまう年賀状もある

20代後半のキャリアウーマンでした。ご主人はおっとりとした優しい人なのだろうな、と勝手に想像してしまうほど、彼女は気性が激しく見えました。

「子どもなんか作らないことにしているの!」とご本人から言われるまでもなく、そういう生き方をしている人なのだろうと思っていました。

何かのきっかけて、彼女と二人だけで夕食をしたときのこと。お酒をかなり飲んだせいか、彼女は私に意外な告白をしました。

数年前の病気で手術を受けて、子どもはできない体になってしまった、と言うのです。

「年賀状に子どもの写真を入れる必要なんか、何にもないのに!」

そう吐き捨てるように言った声から、子どもを産めないということをどんなに辛く思っているのかが痛々しいほど伝わってきました。彼女のきつい性格も、そういう不幸に立ち向かっている反動なのだと理解できました。

彼女の年齢では子どもを持ったばかりの友達が多いはずですから、「すぐにゴミ箱に捨てる」年賀状が多すぎたのでしょう。親戚でも友達でもなくて、写真に写っている子どもがいたことさえ知らなかったような仕事関係の人たちからもやられるのは耐え難いと、彼女は被害(?)を訴えていました。

でも、写真を送る人たちには全く悪気はないのですよね。元気でお正月を迎えました、子どもはこんなに大きくなりました、という、お正月に相応しい明るいメッセージだと思って送っているのですから。

でも、そういう年賀状を受け取ると、不幸な我が身を思ってしまう人も世の中にはいるのです...。


◆子どもの写真を年賀状に入れるのは、日本独特なのか?

フランスでもクリスマスカードや年賀状をもらいますが、子どもの写真が大きく入っているとか、親子で幸せそうに写真におさまっている写真をカードにしているのは見たことがないような気がします。

赤ちゃん誕生とか、80歳のお祝いを家族が集まって行いました、というような通知の手紙では写真が入っていたのを覚えていますが。

フランスでは家族の絆がべったりとしている人たちが多いし、最近はパソコンでカードを作る人も多くなったので、家族の写真を入れるグリーティングカードがあっても不思議はありません。でも、子どものアップ写真を入れたグリーティングカードを作るフランス人は、どのくらいいるのでしょうか?・・・

そもそも、会社から出すグリーティングカードでもない限り、よほど親しくなれければプライベートなカードなんかは送らないのですから、傷つけるとも知らないでやってしまうようなことは少ないはずです。


◆フランスでは、相手の幸せを祈るのがグリーティングカード

フランス人たちが今の時期に出すカードというのは、相手の幸せを祈るという目的が第一になっているので、グリーティングカードで自分の幸せを見せびらかす度合いは少ないように感じています。

手元に、実の親のように可愛がってくれる友達から来たクリスマスカードがあるので検証してみました。

私の幸せを「祈る」というのが文章全体の半分を占めています。残りの半分は、「早く会いたい」という内容。つまりは、全部が何かを祈っている内容!

気がつけば、この時期に出すカードのことをフランス語ではcarte de voeuxと呼ぶのでした。何かを祈らなければ挨拶にはならない!

同年輩の友人たちは、こんなベタベタな愛情表現はしません。これからカードが次々と届く時期なので、フランス人たちがが何を書いているのか気をつけて観察してみようと思います。


◆日本の新年の挨拶って、不便・・・

日本の年賀状によくある「今年も良い年ですように」という表現に、私は抵抗を感じてしまいます。

どうして、「今年も」と、「も」を付けられるのでしょう?...

ご無沙汰していてどうなっているのか分からない人にそう書いて、その人が辛い年を過ごした後だったりすることだってありえます。そうしたら、こんなに意地悪な言葉ってないではないですか?!...

フランスで新年の決まり文句の挨拶は、Bonne Annéeとか、Meilleurs voeuxです。年賀状に大きく書くし、新年になったから人と会ったときもそう言い合います。

嬉しそうな顔で言うのが普通ですから、日本語にするなら「おめでとう」と訳すのが自然です。

でも、しんみりと言えば、不幸を乗り越えて新年を迎えた人や、病気で苦しんでいる人にも優しい思いやりを示す言葉になります。

フランス語の新年の挨拶は、新年が「おめでたい」と決めつけた表現ではなくて、「良い年になるように祈る」というニュアンスしかないのですから。

日本でお正月に人に会ったときの挨拶は、「(新年)おめでとうございます」ですよね? そんなことを言っては悪い人には何と言えば良いのでしょう?...

年賀状なら何とでも書けるけれど、「あなたにとって今年が良い年になりますように」なんて恥ずかしくて口には出せないですよ!

新年がおめでたくない人には、何も言わないのが良いということでしょうか? 喪中の人には年賀状は出さないというのは、そういことなのですよね。

でも、不幸があった人や、苦しんでいる人たちにこそ、良い年になるように祈ってあげたいと私は思ってしまうのですが...。

jn5.jpg

ブログ内リンク:
★ 目次: フランスの祭日・年中行事について書いた日記

情報リンク:
アンケート分析結果・もらって嬉しくない年賀状は?


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 日仏の比較 | Comment (6) | Top
この記事のURL | Rédiger
2006/12/26
クリスマス前、いつもの朝市に行く道を通ったら、畑の中の道路淵に小さなクリスマスツリーが飾ってありました。

小さな十字架がたっているので、交通事故があった場所だと分かります。いつの頃からだったら思い出しませんが、いつもお花が絶えないので目に付いていました。

それが、今回通ったらクリスマスツリーになっている...。

フランスのクリスマスイブは、遠くに住んでいる子どもたちも集まって、賑やかに家族で食事をするのが一般的な形です。

そんな時、いない子どもを一人にしておくのは辛くて、事故現場にクリスマスツリーを飾ってあげたくなったのでしょうね。痛々しく思いました。

お墓の方にはクリスマスツリーを飾らないのだろうか?... などと気になってしまったのですが、見ず知らずの家庭のことなので確かめようもありません。




クリスマスを一人で過ごすというのは、フランス人には不自然なことのようです。

一人で過ごす人がいると、その友人たちは「ウチにいらっしゃいな」と誘っています。

でも、クリスマスは家族が集まる食事会ですから、家族にしか分からないような話題も多いので、よそ者が入っても余り楽しくないこともあるのです。

クリスチャンでもないからクリスマスなんかどうでも良いと思っている人などが、「一人でいる方が良いのだ」と抵抗しても、「クリスマスを一人で過ごすなんてとんでもない!」とばかりに、しつこく誘っています。

ここで放っておいたら自殺するのではないか、と心配しているのではないかと思ってしまうほど...。

でも、誰かと一緒に楽しく過ごしたいのに、誰も誘ってくれない、という人もいるらしい。

テレビをつけたら、サーカスか何かの見世物を見に行くマダムにインタビューしている場面が見えました。

クリスマスイブだったか、クリスマス当日のことだったのか?...

「何も予定がないから来たんです」と、独り暮らしらしいマダムが言う。

「子どもたちが招待してくれなかったから」と、恨みがましそうにボソッと付け加えます。

自分がご馳走を作って、子どもたちを招待すれば良いじゃないかと思いましたが、これも知らない人の話なので、どんな事情があったのかは分かりません。

気の強そうなマダムでした。子どもたちから嫌われる典型のような女性...。

でも、子どもたちに見放されたと暗くなって一人で寂しく食事するより、賑やかなイベントに参加しようと決心する方が前向きで良いではないですか?

フランスの高齢女性は気丈だ、と思うことがよくあります!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: フランス人 | Comment (6) | Top
この記事のURL | Rédiger
2006/12/20

シリーズ記事 【クリスマスシーズンのアルザス旅行(目次
その4


アルザスの典型的なワイングラスは、見るとすぐにわかります。

地元から離れたところの家でこのグラスが出てくると、ご夫妻のどちらかはアルザス出身の人なのだろうと判断するのですが、かなりの確率で当たります。

足が緑色のグラス。細い足のと、ずっしりした足のとがありますが、ともかく足は緑色というのが特徴。


◆これはクリスマス・カラーではないか?!

今回のアルザス旅行で発見しました。

このグラスに赤ワインを入れると、こうなるのです ↓



クリスマスカラーではないですか?!

別にこれは単なる偶然でしょうが、なんだかアルザスはクリスマスのためにあるように思ってしまいました!

ワインマップ: アルザス地方


◆アルザス・ワインのボトルはスマート

アルザス・ワインのボトルは、普通のボトルより背が高くなっています。全部がそうなっているのかは確かめていませんが。物差しを持ち出して、ブルゴーニュとアルザスのボトル比べてみたら、高さの差は約3センチありました。

こういうアルザスの白ワインを普通のワインクーラーに入れて冷やすと、頭の部分まで冷えないですよね。

それで、アルザスを旅していたら、背の高いワインクーラーを使っているレストランがありました。

アルザスワインの姿に沿ってほっそりした姿のワインクーラー。そんなものは初めて見たので、写真をとろうと思ったのに忘れてしまいました・・・。

もっとも、かなり気取ったレストランで見ただけのワインクーラーだったので、アルザスでも普及している形ではないという気はしています。



ブログ内リンク:
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


2006/12/20

シリーズ記事 【クリスマスシーズンのアルザス旅行(目次
その3




ワイン産地 Riquewihr村の夜


クリスマスシーズンのアルザスは美しい。飾りつけのセンスが抜群なのです。

なぜなのだろう?...

今回のアルザス旅行で、そういう疑問を持ってしまいました。


◆窓辺にゼラニウムを飾るアルザス

夏にアルザスを旅行すると、家々の窓辺に大きなゼラニウムの花が咲いていて、実にみごとです。

美しくて良いのですけれど、私などは、そのうち少し食傷気味になってきます。だって、「これでもか?!」と圧倒するくらいにすごいのですから!




今年の冬は寒さが来るのが遅かったせいか、まだゼラニウムの花が咲いている家がありました。



アルザスに来るたびにいつも思ってしまいます。アルザスでは特製のゼラニウム用肥料を売っているのだろうか?... だって、普通に植えておいたって、こんなに見事には育ってくれませんよ!

いくら暖冬とは言え、12月下旬にこんな姿で花が残っているのも不思議です。ゼラニウムが咲いている家の前では立ち止まって、造花ではないかと確かめてしまいました!

だって、下にリンクしたような造花も売っているのですから、遠くから見たら分からないではないですか ↓

     


ともかく、まだ残っていたゼラニウムを見て思いつきました。

アルザスの家々の窓辺にはゼラニウムがある。これがクリスマス飾りのポイントではないか?...


◆ゼラニウムがないときはクリスマス

窓辺にゼラニウムを植える植木鉢を置くときは、植木鉢を支える枠を付けます。

寒さが厳しくなったとき、ゼラニウムの鉢は片付ける。四角い植木鉢を外に出したままでおくと寒さで割れてしまうので、植木鉢も片付けるはず。

となると、金属性の枠だけが残るわけす。これは美的でない!

それで、どうするか?...

下の写真をご覧ください。



この飾りつけは、ゼラニウムの植木鉢を置くスペースを利用しています。

よく見ると、どこの家でも、そういう形でクリスマスの飾りをしています。ほとんどの家の窓辺には植木鉢を支える枠があるわけですから、クリスマスの飾りを取り付けるのは簡単。

しかも、窓ごとにあるわけですから、これは規則正しい飾りになって美しいです!

これがアルザスでのクリスマス飾りが成功している理由だと思ったのですが、どうでしょうか?...

ブログ内リンク:
★ 目次: フランスの祭日・年中行事について書いた日記


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


2006/12/19

シリーズ記事 【クリスマスシーズンのアルザス旅行(目次
その2


今回のアルザス旅行で一番気に入ったクリスマスマーケットは、リーボーヴィレ町(Ribeauvillé)の旧市街で行われたものでした。



山の頂に中世の城が見えます。
そこまで行きたかったのですが、歩いて登るしかないと教えられて諦めました...。


リーボーヴィレは美しい観光地でもあるので、かなりの賑わいでしたが、中世の服装をした人たちが祭り気分を盛り上げていたのが良かったのです。



ここのアットホームな雰囲気を味わった後にストラスブールに行ったので、昨日の日記で書いたように大規模なストラスブールのクリスマスマーケットが余り気に入らなかったのだと思います。


◆おいしいものを食べられる祭りは嬉しい

町に到着したのは昼。趣向をこらした食べ物が売られていました。



せっかくアルザスに来たので、アルザスの郷土料理を食べました。

これです。↓



タルト・フランベ(tarte flambée)。薄くのばしたピザ地にタマネギ、ベーコン、生クリーム、チーズをのせて焼いたものです。

薪を燃して、レンガの上で焼いているせいか、今まで食べたタルト・フランベの中で一番おいしいと思ってしまいました。


◆温めたワイン: ヴァン・ショー

飲み物はヴァン・ショー(vin chaud)にして、白ワインで作ったものを選びました。

これもおいしい!

アルザスのクリスマスマーケットにはつきものの飲み物なのでしょうか? この後も、いたるところでお目にかかりました。気になったので調べてみたら、ドイツ語では「グリューワイン(Glühwein)」と呼ばれて、クリスマスには付き物のようです。

アルザスはドイツのお隣なので、その影響が強いのでしょうね。ブルゴーニュでは、ワインを温めて飲むなんて邪道のような感じがあって、それほど人気はありません。

翌日に立ち寄ったワイン農家で話してみたら、応対してくれたマダムは、外で売っているのは「まずい!」と一言。

おいしいヴァン・ショーの作り方を教えてくれました。

いつかどこかで私が見たレシピは色々な香辛料を入れるものでしたが、マダムのはごく簡単。

ワイン1本に対して、コップ1杯の水を使う。

水を鍋に入れて、適当な量の砂糖、シナモンを1個、レモン汁を入れて煮立てる。

そこにワインを入れて、沸騰したら火を止める。シナモンは取り出す。

ワインは良いものを使う。それから、ワインを煮てはいけない。・・・というのがポイントでした。

「冬の夜、テレビを見ながらヴァン・ショーを飲むのなんか、とっても良い」とのお言葉。マダムの家はそんなに寒いのだろうかと気になりましたが、詮索はしませんでした!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


2006/12/18

シリーズ記事 【クリスマスシーズンのアルザス旅行(目次

その1





ストラスブールのプティット・フランスと呼ばれる美しい旧市街の夜景


クリスマスの雰囲気を味わいたくなったので、アルザスを旅行してきました。

クリスマスツリーが誕生したのはアルザスだそうですし、夏にはゼラニウムの花だらけになるアルザスの人たちは街を飾りつけるのが好きなはずなので、クリスマスの雰囲気も盛り上がっているのではないかと思ったからです。

ストラスブールのクリスマスマーケットが有名なのですが、行った観光地のほとんどでクリスマスマーケットに出会いました。

なにしろ、アルザス地方には120のクリスマスマーケットがあるのだとか。こちらのページで一覧表を作っています


◆ストラスブールのクリスマスマーケット

ストラスブールのクリスマスマーケットは中世にはすでに存在していたそうです。



確かに立派。美しい。でも、すごい人出でした! 観光バスが来てしまうほどだからいけないのでしょうね...。

お店がたくさん出ていましたが、眺めて歩くなどという気にはなりません...。クリスマスの雰囲気を味わうという点では、それほど混雑していない町々の方が気に入りました。


◆ストラスブールで気に入ったもの

それでも夜の散歩で気に入ったものがありました。

omnibus(乗合馬車)と名づけられた馬車に乗ったこと。



こんなところで記念写真をとっているのは私ではありませんので、念のため!


景色がよく見えるように2階の屋根なし席を選びました。ちゃんと毛布付き!

かなり高い位置になるのです。それで、クリスマスモールが間近に見えたのが面白かったです。場所によっては、頭をかがめないといけないほど!

もう一つ気に入ったのは、大道芸人の歌。音楽学校の生徒さんではないでしょうか? とても素晴らしい声で、オペラのアリアを次々と歌っていました。

それをお見せするために、ビデオ(QuickTime形式)を転送してみたのですが、8.8MBもあります。クリックしても出てくるまでに時間がかかると思います...。

こんな上手な人が道端で歌うところ、ここはドイツに近いのだなと感じました。実際、ストラスブールからドイツまでは2キロしかないのだそうです!

今回のストラスブール観光でもう一つ気に入ったのは、始めて乗ってみた遊覧船



真冬は毛皮のコートを着ているので、その重みで肩がこってしまうのです。それを隣の座席に置いて街を見れるのが嬉しかった!

遊覧船の中からは、わざわざ見に行くことはないであろう欧州議会の建物を見ることもできたので満足しました。

【情報リンク】 フランス政府観光局サイト: アルザス地方

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 季節の行事 | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
2006/12/17
ドイツと国境を接するアルザス地方は、クリスマスマーケットが有名です。

2006年12月、クリスマスをまじかにしたアルザス地方を旅行したときの日記一覧です。


[続きを読む  Lire la suite...]


2006/12/16
先日のHappyHoppyさんのコメントに、「あぁ この時期にヨーロッパに行きたい!」とあったせいか、私もクリスマスらしい風景を見たくなってしまいました。

大きい街に行かないと、クリスマスが盛り上がっていないのです。それで、この週末はクリスマスマーケットで有名な街や村を回ってみることにしました。


ところで、クリスマスのことで一つ発見しました。

私にはもう全く縁がないサンタクロースのこと。サンタクロースというのがどうもアメリカ的に見えていたのですが、やはりアメリカで育ったキャラクターなのでした。

しかも、この赤い服を着たサンタクロース、この余りにも派手なサンタクロースの姿を定着させたのはコカコーラの宣伝なのですって。

 アメリカ看板★COKE コカコーラ クリスマスサンタ ブリキプレート


ところで、フランスでは、サンタクロースはPère Noëlと呼びます

サンタクロースというのは聖ニコラウスのこと。だとしたら、フランス語でもサン・ニコラと言って良いはずなのに...。

でも、サンタクロースを聖ニコラウスのバリエーションではない呼び方をする国は、フランス以外にもあるようです。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 季節の行事 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger