| Login |
2007/03/22
少し長く電車に乗るので、退屈しのぎにこんな本を持ちました。

高田明和著 『晴れないうつはないのです
心のもつれを解きほぐし、脳を正しい状態に戻す。うつの解消法を教えます。

電車の中などで軽く読むにはちょうど良い本だったのですが、興味深いことがぎっしり詰まっていました。ちょうど往復2時間の電車の中で読み切ることもできたので満足。

本を読んだときには、できるだけ読書メモを作っておくことにしています。その中から少し抜粋しておきます。

■生涯うつ病になる人の割合:

フランス: 16%
イタリア: 12%
ドイツ:   9%
アメリカ:  5%

韓国: 2.5%
台湾: 1.5%
日本: 男性 8%、女性 15%

日本はアジアの中でもダントツだと書いてあります。でも、私が注目したのはフランスです。

先日の日記「フランス人が落ち込むと・・・(2007/02/09)」で、フランス人には落ち込む人が多いのではないかと書きましたが、フランスはやはり割合が高いのでした!


■ゆがめられた考え方をしないために心がけること:

(1) 「白か黒か」をやめる:
何かがうまくいけばすばらしいが、うまくいかなければもうダメだとは思わないこと。白か黒かなどと二者択一の人生観をできるだけ変えて、もっと柔軟性のある考え方にすることが心を苦しめない生き方である。

(2) 「単純化」をやめる:
ちょっとした失敗を気に病んで、また「次もきっと失敗する」と思い込むこと。自分も他人も許し、過去の失敗を乗り越える。

(3) 「結論をいそぐ」のをやめる:
人生には決まった結論はない。結論を急いでも意味がない。

(4) 「過大・過小評価」をやめる:
自責の念にさいなまれるのは、もっとよい自分が理想なのに、それに到達していない自分が嫌いなのである。自分を可愛がりすぎているために、自分を愛していないという矛盾した心理。自分を愛すれば、愛すべき自分になり、人生はしだいにうまくいくようになる。

(5) 「mustの考え」をやめる:
「~しなければいけない」と自分を拘束しない。自分の2つだけの目で見たものが正しいとは思わず、あなたの周囲の人の目で見ることが大切

(6) 「決めてかかる」をやめる:
人間に対しても仕事に対しても決めてかからず、必ずよい方向に向くと信じて生きることこそ、心を傷つけさせない生き方である。

(7) 「自分だけのことと思う」のをやめる:
隣の芝生は青い。自分だけが不幸などとは考えない。


■自分を励ますために自分に言いきかせる言葉:
(1) 困ったことは起こらない
(2) すべてはよくなる
(3) 過去は思わず


■「うつ」を防ぐ方法:

(1) 明るい光を浴びる
(2) 運動、おしゃべり、歌を歌う、関心のあることを勉強するなどによって脳を刺激する
(3) 姿勢を正して、何かほかのことをして神経活動を活発にし、悩みの回路の結合を弱める (座禅)
(4) 呼吸をゆっくりして心を落ち着かせる(ヨガ)
(5) 食べ物として、肉、砂糖が必要 (コレステロールが高い方がうつにならない)


脳の働きについての記述も分かりやすく書かれており、「うつ」には関係ない人でも面白く読める本でした!

 晴れないうつはないのです


2007/03/12
「御嶽山をお見せします」とメールで言われて、御嶽山ってどんな山なのだろうかとインターネットで調べたら、これは「おんたけさん」と読むのだと知りました。

「おんたけさん」なら、私も名前だけは知っております!

信濃の民謡:木曽節 きそぶし


開田村の旅館で山の幸をご馳走になった翌朝、朝寝坊をしていてはもったいないと起きだして散歩に出ました。

寒~い!

前日にはコートを着ているのが厚いくらいだったのが嘘のよう。手がかぎかんできます。

早朝の御嶽山を見たいと思ったのですが、どちらの方向か分かりません・・・。ともかく傾斜の上の方に行くべきだろうと歩いていたら、前日に宴会をご一緒した役場の方がどこからともなく現れて呼び止められました。

「牧場にいらっしゃるのですか?」

「あ、近くに牧場があるんですか?」

トンチンカンな返事をした私。別に牧場が見たいわけではないのですけれど...。

牧場に行くと御嶽山が見えるということだったのでした。私が御嶽山を探していると分かってくださって追いかけてくださったらしい。

教えられた近道を歩いていたら...、本当に見えました!



冬の高原は緑がなくて寂しいですが、誰もいないのが素晴らしい!

御嶽山の眺めを独占して、朝食前に1時間のお散歩を楽しみました。

信州でたくさんの方々と出会う旅を楽しんだので、書きたいことがたくさんあるのですが、ここのところ時間がありません...。


カテゴリー: 日本 | Comment (10) | Top
この記事のURL | Rédiger
2007/03/09
今のパリでは農業国際見本市が開催されています(2007年3月3日~11日)。

◆今年の農業国際見本市マスコットは Titine

今年のポスターに登場している茶色の牛の可愛いこと!



毎年素敵なポスターができるのですが、今年のは特に気に入ってしまいました。

そう思っていたのですが、見本市会場でもすっかり人気者になってフラッシュを浴びている様子です。

インターネットで検索したら、牛の名前はTitine(ティティンヌ)で、見本市の「スター」とか「マスコット」とかいって騒いでいました。

お気づきになりましたか? ティティンヌちゃんは角があります。普通、フランスの牛は、扱いやすいように生まれたときに角を切ってしまうのです。

やはり角があった方が美しいですよね?

ティティンヌ (Titine)
体重: 850Kg
品種: リムーザン牛 (vache limousine)
誕生日: 2002年1月1日

ティティンヌという名前が可愛い♪
お誕生日が私と同じというのにも親しみを覚えてしまいました♪

小さい子やペットを「ちびちゃん」という感じで「ティティ」と呼ぶことがあります。雌牛なので「ティティンヌ」としたのでしょうか?

フランスの牛は、生まれた年によって名前の頭文字として使うアルファベットが決められています。2002年はTで始まる名前の年だったのでしょうね。


◆リムーザン牛

ティティンヌちゃんの人気で、リムーザン牛(肉牛)の人気もあがったらしいです。

リムーザン牛はフランスの肉屋さんではよく見かける品種なのですが、「la Blonde du Sud-Ouest」という品種にとって変わられそうになったことがあったのだそうです。1965年から後の30年間にリムーザン牛の数は40%も減少してしまったのを、生産者たちが守ったらしい。

私はブルゴーニュ原産の白いシャロレー牛をごひいきにしているのですが、味から言うと、くやしいけれどリムーザン牛の方が上かなと思ったことがあります。フランスで好き焼きを作るには、リムーザンの赤ラベルで作ったときが一番おいしいと感じたときです。

リムーザン種の牛は、オーストリアを経由して日本に入ったのだと聞いたことがありますが、本当なのかな?・・・


◆フランス大統領になるには、農業国際見本市を訪問するときにアピールする

フランスの農業人口は4%弱ですが、農地は国土の6割を占めています。

ですから、フランスは農業国! パリで行われる農業国際見本市は大変な人気で、マスコミでも連日報道します。

そして今年は大統領選挙の年。選挙戦が熱してくる頃に行われるこの見本市には、大統領候補が会場を訪れて、いかに農業を大事にしているかをアピールするのが慣例のようです。

候補者たちが打ち合わせて日にちをずらしているらしくて、テレビでは「今日は誰々が来た」という風に報道します。

テレビを見ていると面白いのです。こういう見本市に溶け込める候補者と、なんだか溶け込めない堅物の人がいるのですから。今年は日本にいて見られないのが残念...。

展示されている牛にもキスの挨拶をしてしまうように見えるのがシラク大統領。今年のマスコットとなったティティンヌちゃんはシラク大統領にプレゼントされることになったと、パリ・マッチ誌が報道していたそうです。

パリ市長時代から農業国際見本市のヴィジターだったのに感謝するのが理由だそうです。なにしろ過去30年間に見本市に行けなかったことは、たった1回だけなのですって!

外部リンク:
★農業国際見本市のオフィシャルサイト: Salon International de l'Agriculture
- ティティンヌちゃんがサイト・トップページを飾っています.
- ビデオのページ: ティティンヌちゃんがセーヌ河に浮かぶペニシュに乗ってパリ観光をしているビデオは「Titine, "top model" of the cover」. 育ての親の男性がティティンヌちゃんと同じ色のジャケットを着ているのはおしゃれ!


畜種と品種の豆知識
- 国産と外国産の牛の品種名があります.

ブログ内リンク:
【ブルゴーニュが誇るシャロレー種の牛について】
★ 目次: シャロレー種の牛について書いた記事


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 時の話題 | Comment (6) | Top
この記事のURL | Rédiger
2007/03/08

熊本県の小国(おぐに)で2泊してから、大分県の安心院(あじむ)にある農家に行きました。

*今日の日記は、
フキノトウを食べました!」の続きです。

こんな移動ができるのは、車で一緒に旅行してくれた地元に住むお友達のおかげです。
メールでお礼を言ったけれど、もう一度ありがとう!


安心院でお世話になったのは、人気のあるグリーン・ツーリズムの宿「舟板昔ばなしの家」です。

安心院では「農村民泊(農泊)」と呼ぶホームステイのような滞在方法で、キャッチフレーズは「1回泊まれば遠い親戚、10回泊まれば本当の親戚」。

私がこのお家にお世話になるのは3回目なのですが、もう親戚気分でいます♪

実は週末は農泊を経営していらっしゃる中山さんとお仕事でご一緒していたのですが、お家に到着したら、やはり懐かしい。迎えてくださる中山さんに「ただいま~!」と声をかけたくなりました。

でも、中山さんはお留守。別のお客さんが囲炉裏端にいらして、私たちを迎えてくれました。まもなく戻っていらした中山さんに、その客さんは来客に応対していたことを告げていました。電気屋さんが来たとか、注文しておいたドジョウが届いたとか...・。

そうなのです。このお家に泊まる人は家族みたいな気分になってしまうのです。

このお家に到着すると、ゴボウ入り鶏かやくオニギリが出るのが定番。その他にも料理が並んだりして、食べているうちにお夕飯の時間になります。

この1泊の滞在も、夕方から翌日まで、お風呂に入るときと寝ているとき以外は、囲炉裏端に座って食べ続けてしまいました!

朝の食事も豪華。用意してくださったのに前日に食べ切れなかったドジョウのから揚げや、手打ちうどんなども食べました。


◆ついに、スッポンに出会う!

お夕飯になるとき、「スッポン食べられる?」と聞かれました。

「もちろん!」

私には初めての体験。大喜びしました。

レストランで食べるものが決められないときは、なんだか想像もつかない料理を選ぶ私なのです。

ここでスッポンが食べられるとは思ってもいなかったのですが、安心院はスッポンが名物なのだそうです。

名前だけ知っていたスッポンは、こんな動物でした。

 活すっぽん


和仏辞典では、スッポンは trionyx となっていました。どっちみち、フランス人に trionyx とか trionychidae とか言ってみたって、どんなものなのか想像もつかないでしょうから、こんな単語は覚えません!

フランス人には「亀(tortue)一種だ」と説明する以外にないのではないでしょうか? でも、そんなものを食べると言ったら変な顔をされるだろうな...。自分たちだってカタツムリなんか食べているくせに!


◆スッポン鍋とは、こんな料理だった

まず、これが出てきました。



スッポンの生き血!
焼酎で割ってあります。日本酒だと、血が固まってしまってダメなのだそうです。

私、こういうの平気です。フランスでも動物の生き血はよく料理に使いますから。
でも、そのまま飲んだのは初めて!

美味! おかわり! と騒ぐ味ではありませんでしたが、面白い!

いよいよスッポン鍋の登場です。



囲炉裏に鍋が置かれました。スッポンの甲羅を見せていただいたのが左上の写真。

それを小鉢に取ったのが右下の写真。

それから、鍋に野菜が入れられました。



それで終わりかと思ったのですが、甲羅についている身を剥がしたものが出てきました。



右下に見えるのはキモとレバーの部分。これもいただきました。

その後、ご飯を入れて雑炊にする、あるいは手打ちうどんを入れると提案されたのですが、私たちは残念ながらもうお腹がいっぱいでした。出されたのはスッポン鍋だけではないのですから!

おいしかったです!!!

スッポンの身はゼラチンのような食べ心地。珍味ですね...。


◆スッポン鍋の作り方

ところで、私はうかつでした。どうやって下ごしらえしているのかを見るのを忘れてしまったのです。

中山さんは本当に手際が良いのです。色々な手作り料理がどんどん出てきてしまうので、それを囲炉裏端の向こうにあるキッチンで作っている時間があるなんて感じさせない...。

調べてみたら、下にリンクしたページがスッポン鍋の作り方を動画で見せてくれました。

 本格スッポン鍋セット(ダシ付)400g.

なるほど・・・。亀の形のまま買うのではなければ、簡単にできそう。

楽天市場でスッポンを探した結果

でもスッポンを食べるなら、また中山さんのお家に来るときに特別注文して食べたいな...。材料費プラスだけで食べさせてくださるそうなのですもの。

中山さん、ここには書ききれないことも含めて、本当にどうもありがとうございました!

お別れするとき、「この次に帰国するときには直行でいらっしゃい」などとおっしゃっていただいてしまいました。パリ=福岡という飛行機があるかな?...

★フリー百科事典 ウィキペディア: スッポン     Wikipédia: Trionychidae


2007/03/07
3泊4日で九州に行ってきました。

お天気にも恵まれて、日中は半袖で良いくらいの陽気でした。

素晴らしい方々との出会い。そして、おいしい料理!
旅の醍醐味を味わって帰ってきました♪


◆「故郷にして良いわよ」と言ってくださる田舎の方々

涙が出てしまいます。田舎に行くと、みなさん、そうおっしゃってくださるのですもの。

私が大好きな小国町の古い建物がある街並みを見て、お世話になる商家民宿のご夫妻に迎えられたら、「ああ、帰ってきた~!」という感動を覚えました。

お蔵があるお家も、前来たときのまま...。出してくださるお料理がおいしいのも、いつもの通り...。ご夫妻の笑顔に、いつもの明るさと優しさがあるも同じ...。

心がなごみます。

フランスから帰ってきてから東京で1カ月も過ごしていたのに、このとき初めて日本に戻ってきたような気持ちがしました。

故郷がある方が外国から帰ってきたときには、こんな感動を覚えるのでしょうね...。

過去の日記から

住んでみたいと思った小国という町 (2005/05/05)

本当の豊かさとは何かを教えてくれる宿
(2005/11/17)


◆ふきのとうを見る!

前回の日記「フランスにも山菜がある♪」で、この日本滞在中にフキノトウを食べたいと書いていたのですが、小国町にある商家民宿で巡り合うことができました♪

奥様が摘んで来てくださっていていたのです。



実を言って、このお料理がお上手な奥様が出してくださるかも知れない・・・ と期待してしまっていました。いつも、その時期のもの、その土地の美味しいものを選んで料理してくださるからです。

テンプラにしてくださったのが、こちら ↓



細かく刻んでキャラブキのようにしてくださったのが、こちら ↓



朝の食卓に並んだお料理の「一部」です。お夕飯のときにご馳走がどんなに並ぶかは、行ってみないとご想像がつかないと思います。


ふきのとうはフキの香りと味を濃縮したみたいで、春の味覚として珍重される理由が分かりました。

いつも素晴らしいお料理の数々を出してくださるお家なのです。

お釜でご飯を炊かれるので、子どもの頃から食べていなかったオコゲも食べられ大喜びしてしまいました。

このお家に2泊した後、農家の宿にも泊まりました。このとき、生まれて初めてのものをご馳走になったので、そのお話しも続きで書きますね。


2007/03/02
HP「米と田舎暮らしの思い出」の管理人さんがご連絡してくださったとき、フランスにも山菜があるのだろうかと聞かれました。

*今日の日記は、2月28日の日記「故郷を選べるなら、おいしいものが生産される地方が良いな・・・」の続きです。

そこで、以前の日記ではっきりとした答えがえられなかった、フランスで山菜を探す 【2. これはフキでしょうか?】の写真を見てくださるようにお願いしてしまいました。

いただいたお返事は次のようなものでした:
見させて頂きました。私が判断する限りフキです。
(フキのとう)新芽で花が咲いたところです。
花は苦い(日本)ので葉と茎の柔らかいところを食べます。
天ぷら・おひたしなど簡単な調理で食べられます。少し苦いと思います。
葉の多きなのが、親です。これも美味しいです。
葉は生のまま噛んでみると苦いと思います。食べません。
茎を食べます。きんぴら(分かりますか)の様な調理方法でたべます。
慣れると美味しいです。


すごくご親切でしょう? 感激してしまいました!
お友達まで動員して考えてくださったpepe犬さん、ご覧になっていてくださるかしら?
アルプスで私が見つけた草はフキですって! 食べられるのですって!!!

管理人さんは、日本のフキやフキノトウと、私の写真を並べたものまで見せてくださいました。

さらに、見分けるためのサイトも教えてくださって、その中で素晴らしいサイトを発見させていただくこともできました♪

食材事典 - 美味探求

このサイトには感激しました。私が知りたいと思っていた食材がたくさん出ていたのです。


◆山菜が見分けられたらな...

私が田舎育ちだったら、フランスで山菜を見つけて料理できるのに...。

でもフキに関しては、私が住んでいるあたりのブルゴーニュでは見たことがありません。石灰質の土で、日本のとはかなり違うのです。ですから、どこか旅行したときに発見するということになります。

そのとき、フキだと確信を持てるだろうか?... と不安です。

ノルマンディー地方にある植物園に行ったとき、フキではないかと思った植物を写真に撮っていたのを思い出しました。

これです ↓



やたらに葉っぱが大きいので、同じものとは思えません...。

前の日記「これはフキでしょうか?」に入れたフキは、アルプスの標高2,000メートルで見たものなので小型だったとも考えられます。平地だと、このくらいに育つのでしょうかね?...

やはり、私にはフキは見分けられないかも知れない...。

でも、いつかまた見つけることができたら、フランス産のフキやフキノトウを食べてみようと思います。


◆ふきのとう

実を言って、私はフキノトウを食べたことがあるのかどうか記憶がありません。ひょっとして今頃がシーズンなのではないかと思って調べたら、出てきました。

「ふきのとう」を楽天市場で検索した結果

どうやら今が旬らしい。フランスに立つ前に、絶対に一度は食べようと思います!


◆ほかにもフランスにある山菜があった

楽天市場の検索はいい加減なところがあって、フキノトウでもないのも引っかかってきました。

その中で目についたのが「やまにんじん」 ↓

 やまにんじん

これらしきもの、フランスで見たことがありますよ。かなり普通に生えています。食べられるのですか?!...

それから、山菜とされていたツクシも何回か見ています。

 土筆(つくし)

私が住んでいるところには生えないですが、シダが生える地域に行くとあります。

ツクシは私でも見分けられるのです。フランス人に「日本ではこれを食べるのだ」と言ったら、「でも、まずいだろう」という顔をされたのを思い出します。

ツクシなんか、おいしいのでしょうか?...

にほんブログ村 トラコミュ 自然に魅せられるブログへ
自然に魅せられるブログ