| Login |
2009/06/30
先日、友人たちとワイン買い付け旅行に行ったのですが、その日の夜に泊まるB&B民宿がある村にさしかかったら、変なものが目に止まりました。

面白いものを見かけたときには写真をとってコレクションしているので、民宿到着後に写真を撮りにいきました。

箒が仲良く2本…

見ればすぐに何だかお分かりになりますよね?

書いてあることが読めれば、さらに明白!
「新郎新婦ばんざい!」

この道路の向かい側は村役場のような建物だったので、「ここが披露宴会場ですよ」という目印にするためのもののようでした。

見えにくいでしょうが、これは車の後ろに立てかけてあります。

日本だと、ホウキをこんな風に立てるのは「早く帰ってください」という印なんだけど...。

二人の写真を印刷すれば簡単にできてしまいそうな飾り。ハート型にはピンクの紙でも張れば良かったのに、省略してしまったようす。段ボールの箱を広げて作ったらしいことが折り目から見えてしまいます。

でも、なかなかのアイディア♪

- この日のことは続きがあります -


ブログ内リンク:
★ 目次: フランスに結婚に関する風習、夫婦・家族関係、生き方


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

[続きを読む  Lire la suite...]


2009/06/20
前回の日記(クイズ: このS字マークは何でしょう?)でクイズを出させていただいたのですが、フランスに住んでいらた方々まで分からないとおっしゃるので、少し不安になりました。

こういうものが「何だろう?」なんて思うのは、普通ではないのかも知れない…。

でも、なぜか私は気になってしまったので、何枚か写真まで撮って持っています。

前回の日記に入れた写真のようにS字型ではなくて、他の形のもあります。

下の2つも、同じ目的のために壁についていました。

↓ X字型:

これは何のためにあるのでしょう?

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: 建築物 | Comment (10) | Top
この記事のURL | Rédiger
2009/06/17
フランスを旅行したとき、こんなものに目が止まったことがある方はいらっしゃいませんか?



正面の壁の右下にあるSの文字です。

あれ?...
Sって、何か意味があるのかしら?…


こんなのもあります。

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: クイズ | Comment (8) | Top
この記事のURL | Rédiger
2009/06/07
「聖母マリアのハート」と呼ばれる花

フランスで出会ってきれいだなと驚いた花に、Cœur de Marieというのがあります。

Cœur de Marie

Cœur de Marieとは、直訳すれば「マリアのハート」。キリストの母上マリア様の心臓の形をしている、というイメージなのでしょうね。ピンク色が美しくて、ハートはふっくら膨れています。

[続きを読む  Lire la suite...]


2009/06/04
欲しい食べ物があったので朝市に行ったら、それを作っている農家のコーナーが閉まっています。がっかり...。同じ食材は朝市で売られているのですが、でも、もう10年以上この農家と決めているので、他のは買いたくない。

なければないで良いのですけれど...

レストランで昼食しながら、農家まで買いに行ってしまおう、ということにしました。お天気が良いので、田舎の散歩にもなるし。その日は、夜にコンサートに行くまでの時間が暇だった、ということもあります。

とても美しい村にある農家なのですが、いつも朝市で生産物を買えるので、もう久しく行っていませんでした。

村までは高速道路も使えるので、車で30分くらいで行けるように思っていたのですが...


村は、ちょっと買い物というのには遠かった...

1時間くらいかかって到着。

でも、起伏のある美しい森や牧草地帯のドライブは楽しめました。

村外れの集落の、ここら辺だったというところに行ってみたら、直売の看板がある。良かった、と思ったのですが、お留守のようす。普通、農家って、誰かしらいるものなのですけど...。

待ちながら、お家のまわりをウロウロしてみました。

こんなにきれいな所だったかな...。いいな、こんな良い眺めを毎日見ながら生活できて.. という景色。

集落から村を眺める

お家の正面からは、丘の上にできた中世から続く村が見えます。中世には敵から身を守るために、丘の上に村ができていることが多いのです。右手は、お城と教会の尖塔。

そこから目を転じると、お庭。

[続きを読む  Lire la suite...]


2009/06/03
珍しいコンサートがあるからと誘われました。Louis Dietschという人が作曲したミサ曲が演奏されるとのこと。

ディジョン生まれの Louis Dietsch

ブルゴーニュの行政中心地ディジョンで生まれ(1808年)、パリで活躍した人とのこと。作曲家というよりは、パイプオルガン奏者としての方が有名だった人らしい。

この日のコンサートで演奏される彼のミサ曲が演奏されたのは百年余り前なのだそう。それが演奏されるのはすごいからコンサートに行く! と、地元の友人たちが言うので、私も行ったのでした。

この曲を録音したCDも存在しない。たぶん死ぬまでに二度と聞けない曲だ、と言われました。

Dietsch? そんな人知らない?
ごもっともです! フランスでもほとんど知られていない人です。誰なのかを紹介したサイトをリンクしたかったのですが、見つかりませんでした。せめて生まれ故郷の町でコンサートをするのは意義あることです!

そもそも、フランス人でも名前をどう発音するのか確信が持てないそうです。物知りの友達が「ディッチ」と言っていたので、そうらしい。字面からいって、アルザスの名前なのだろうとのこと。

とはいえ、Dietschが生まれたディジョンには、彼の名前が付いている通りがあります。その通りに彼が生まれた家があって、そこにはディッチの彫像があるとのこと。

これもまた、注目する人はほとんどいないと思いますが、コンサートの前に見に行ってみました。

Louis Dietschの生家

本当だった・・・。

[続きを読む  Lire la suite...]


2009/06/01
数日前の日記で、バイカウツギ(仏語でスランガ)という香りの良い花のことを書いたのですが、今の時期から夏にかけて、もう一つ香りの良い植物があります。

フランス語でchèvrefeuille(シェーヴルフォィユ)と呼ぶ、ツタになって生える植物。

長ったらしい名前ですが、一度聞いたら思えてしまったと思います。シェーヴル(山羊)とフォィユ(葉)を組み合わせただけの単語ですので。

日本語ではスイカズラと訳すのが普通だと思います。

私がシェーヴルフォィユという名前を覚えたのは、トリスタン・イズー物語 (ワーグナーのオペラの題名だと、トリスタンとイゾルデ)でした。

初めてフランスに留学したときに親しくなった大学生が、ペーパーバックの本をお餞別にくれたのでした。

恋の妙薬を飲んで恋に落ちたトリスタンとイズーは、最後には死ぬのですが、スイカズラになって二人の愛は永遠に結ばれるという結末。

スイカズラがどんな植物なのかは想像できないでいました。


フランスで見るのは、次の2種類があります。

まず、黄色と白の組み合わせ。



白い蕾が開いて白い花が咲くのですが、そのうち黄色みをおびてきて、最後には金色といえるほど黄色い花になってしまいます。




それから、赤い色も混ざった花が咲くのもあります。
... というか、蕾のうちして赤い。

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: 植物 | Comment (8) | Top
この記事のURL | Rédiger