| Login |
2016/11/29
前回の日記「クイズ: どんな意味がある漢字なのでしょう?」で、持っている書に書いてある文字の読み方をお聞きしてみたら、さっそく教えてくださるコメントをいただきました。

見るたびに何だろうかと首をかしげて何年も過ごしていたのですが、やっとすっきりしました♪ どうもありがとうございます!

問題の文字は、これです ↓



立て続けに入ったコメント3つのお答えは同じもの。つまり、書が分かる方がご覧になると、考えこむ必要もなく文字を特定できるようです。

この記事をアップロードするのと同時に、いただいかコメントすべてを公開しまう。唯一、私と同じようにお酒呑みの発想をなさった方もあったので、それも嬉しかったのですが、非公開コメントでした。

有徳
なのだそうです。

これなら額に入れて飾っておく価値がある言葉ですよね。

私には「肴」と「徳」に見えていました。「徳」は合っていました♪ 

「肴」と見えたので、オツマミを前にして徳利でお酌する場面を思い抱いていたのです。この額は、来客があったときに食前酒を飲む部屋にあるのが先入観を植え付けていた...。それと、「徳があったら何の感じが結びつくかという発想がなかった。つまり、私には徳なんかはないので、「有」は思い浮かばなかった。

私が「有」と読めなかったのは、上に大きく書かれている「又」に引っかかってしまったからでした。

「徳」の方は、目のように見える部分と、「心」の部分に特徴がありますね。

書体が何であるかまで教えてくださったコメントがあったので、Wikipediaに入っている文字を取りだすことができます。


目-bronze.svg

心-bronze.svg

 
「有徳」の意味は[何となく意味がとれたのですが、確認してみました。
「うとく」ないし「ゆうとく」と読むそうです。
  1. 徳行のすぐれていること。また、そのさま。
  2. 富み栄えること。また、そのさま。富裕。

ただし、「有徳人(うとくにん)」という裕福な人を意味する言葉は、鎌倉時代から江戸時代まで用いられた言葉だそうなので、この書の意味としては1番目の徳がそなわっていること、の方だろうと思いました。

ちなみに、この額を何年も飾っていますが、このうちの片方でも私が持つようになった、というご利益は、全く現れてはいません。意味が分かった今後も、徳を身につけようなんて務めることはないでしょう。何となく、「徳」という言葉は好きではないのです。


古代中国の文字

この文字は、甲骨文字に次いで古い「金文(きんぶん)」という書体なのだそうです。今から3,50 年前に亀の甲羅や動物の骨に刻まれた甲骨文字が登場し、その後に青銅器に記された文字が「金文」という書体ということのようです。

Wikipediaの「金文」に文字のサンプル画像が入っているので眺めてみたのですが、文字から元にされたものが連想できるものが多いし、どこかユーモラスな書体なので非常に面白い♪


「有徳」と書いてあること、さらに書体は「金文」だと分かると、インターネットで検索できました。私の額に入ったものとそっくりの書の画像もある。

全く同じ書き方で、同じ2文字を縦に書いてあるものは、こちらです


こちらの書には「有」と「徳」の文字が入っていて、同じ書体に見えます:
篆書孔子論語句:「徳不孤、必有隣」

「徳不孤 必有隣」は論語に入っているフレーズで、本当に徳があれば人が集まってくる、という意味なのだそうです:
☆ 禅語に親しむ: 徳不孤 必有隣(論語)  徳は孤ならず 必ず隣有り

有隣堂書店は知っていたのですが、この言葉から作っていたのですね。商売繁盛にも繋がるし、良い命名でしたね。

ところで、「徳不孤 必有隣」と筆で書かれたものを入れていたサイトでは、これが篆書体(てんしょたい)だと説明されていました。篆書体は「金文」から発生しているそうなので、似ていても当然なのでしょうね。


金文と篆書体を比べてみる

似たように見えた金文と篆書体の「有」と「徳」の文字。私が持っている文字はどっちなのだろう? Wikipediaの書体のサンプルが入っているので、この2つの文字を比べてみました。

では、あらためてお宝を拝見しましょう。テレビ番組「なんでも鑑定団」では、こんな台詞を言っているのではなかったでしたっけ?



金文(きんぶん)
Chinese bronze inscriptions
篆書体(てんしょたい)
Seal script
有-bronze.svg有-seal.svg
月-seal.svg
德-bronze.svg画像検索で見つかった文字
目-bronze.svgCharacter Eye Seal.svg
心-bronze.svg心-seal.svg

Inscription on the Song ding, c. 800 BC

Small seal script epigraph on the standard weight prototype of Qin dynasty.
金文(きんぶん):

青銅器の表面に鋳込まれた、あるいは刻まれた文字のこと。この場合の「金」は青銅の意味。

中国の殷・周のものが有名。年代的には甲骨文字の後にあたる。

※ 現代日本には、和文フォントとして用いられる「金文体」がある。
篆書体(てんしょたい):

篆書、篆文ともいう。

広義には秦代より前に使用されていた書体全てを指すが、一般的には周末の金文を起源として、戦国時代に発達して整理され、公式書体とされた小篆とそれに関係する書体を指す。

公式書体としての歴史は極めて短かったが、現在でも印章などに用いられることが多く、「古代文字」に分類される書体の中では最も息が長い。



「月」に「又」が乗っている「有」

コメントでいただいた説明は、こうでした:

有は 又 と 肉月 の組み合わせ
又は 右手の形で 祭肉を手にとって
神に供えるの 意味


何となくわかったような、分からないような...。それで情報を検索してみました。

絵が入っているので、こちらの説明が分かりやすかったです。


「有」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首
 ⇒ 「肉」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首
 ⇒ 「又」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首


まず、「又」は「ゆう」と読むのでした。

」右手の形だと言われれば、そうも見えますね。指が5本ではなくて3本なのが気になりますけれど。


その下にある「」は、お月さまではなくて、切り身の肉のイメージ。

漢字で月偏と言われますが、2通りあるわけですか。肝、肥、胸、肌などの月偏は、肉の意味を持っている「肉月」の方の意味で使われている・

☆ 象形字典: 肉族
☆ コトバンク: 肉月(ニクヅキ)とは

私は「有」を「肴(さかな)」と見てしまっていたのですが、この漢字の月も肉の方の意味。とすると、私が勘違いしたのも、そうは離れていなかった♪

「肴」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首


右手に肉を持っているのなら「俺には、あるぞ~!」という雰囲気が伝わってきます。でも...。

左手に肉を持ったら「有る」ことにならないの?

明解な説明がありました:
第17回 人の形から生まれた文字〔4〕 体の部分~手と足(1)

右手は祝詞(のりと)を入れる器(さい)を持つ手で、左手は呪具の「工(神に仕える人が持つまじないの道具)」をもつ手とされているのだそう。

キリスト教でも右が良くて、左は良くないという区別がありましたけれど、中国でも同じだったのですね:
ロマネスク教会 (4) : 右は天国、左は地獄 2008/05/03

祝詞を入れる器を「口(さい)」とするのが、漢文学者 白川静の文字学の根底にあるようです。
祝詞を入れる器を表す「さい」は
右のような文字で、
これが「口」とう文字になった。
口-oracle.svg
第5回 口-oracle.svg(さい)(載書(さいしょ))について(1) 

「又(ゆう)」から変化した「ナ」のような文字に、祝詞を入れる容器の「口」を入れれば「右」。まじないの道具の「工(こう)」を入れれば「左」。

それで、「口」や「工」の代わりに「月(肉)」と組ませれば「有」になる。

いただいたコメントで引用されていた白川静の『常用字解』の説明では、「右手の形で祭肉をとって神に供える」のが「有」になる、となっていたそうです。つまり、「俺には食べ物があるぞ~♪」ではないらしい。


「口」を「さい」としていただけでは漢字の解釈で矛盾が生じる、という白川静氏の説に疑問を投げかける見解も出てきました。私自身も、ワトソンのS-R理論のように、何か1つのことで全てが解明されるという学説には懐疑心が先だってしまいます。でも、何かあるのではないかと探すのは楽しいだろうとは思うし、それではおかしいと反論するのも面白いはず。

漢字は奥深くて面白いのですね。子どもの頃、こういう風に漢字を眺めることができるのだと教えてもらえていたら、丸暗記しなければならないものだとしか受け取っていなかった漢字が好きになっていたかもしれないのに...。


「心」という文字が面白い

金文の書体の「徳」の中にある目に見える形は良いのですけれど、「心」の文字は鼻に見えてしまう...。

心臓はこんな形をしているというわけでもないですよね?

改めて心臓の形を眺めてみました。

心臓
Heart anterior exterior view.jpg
金文
心-bronze.svg
篆書体
心-seal.svg

 
似てないと思ったのですが、心臓の形から「心」の文字が出来たという記述がありました:
「心」という漢字


でも、象形文字が出来たのは紀元前何百年前という時代でしょう? そんな時代に解剖するはずがありませんから、人間には心臓があって、どんな形をしていいるかなんて把握していたのだろうか?

... と思ったのですが、狩猟民族なら、食べている動物を見て心臓が生命力の根源だと分かっていたそうです:
第16回 人の形から生まれた文字〔3〕 体の部分~顔を中心に(2)

そうか、牛肉にも「ハツ」という部位があった。ハツは漢字でどう書くのだろうかと思ったのですが、英語のheartsから作られているだけのことなのでした。


「徳」という文字を分解したものの説明もありました:
【文字】「徳」の心。


それにしても、篆書体の「心」には、金文にはなかったヒゲが付いたのは何を意味するのだろう? 心臓には血管がつながっていないと機能しないと分かったから、というわけでもないでしょう?

考えているときりがない。ここまでだけでも多くのことを学んだので、私の額縁に入っている文字は「有徳」だと分かったところで止めておきます。

でも、時間があるときに読んで勉強したいと思ったサイトと出会ったので、外部リンクに並べておきます。


 白川 静 『字通』  字通 [普及版]

ブログ内リンク
★ 目次: クイズを出した記事一覧
★ 目次: 右と左の違いが気になる
フランス人が顔を見たときに注目する部分 【シリーズ記事目次】 2005/03/02

)外部リンク:
OK辞典・漢和辞典 (漢字の意味-成り立ち-読み方-画数-部首を検索)
親子で学ぼう!漢字の成り立ち
禅語に親しむ
古啓念慮 ~文字・書のはなし~: 文字のはなし
Wikipedia: 中国の筆跡一覧
青銅器をはじめとする中国美術を解説~殷王朝から周王朝まで



カテゴリー: クイズ | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
2016/11/27
いつ、どなたからいただいたのかも思い出しません。中国のお土産だったのではないかという気がします。自分で買ったはずはない、というのは確か。

たった2文字の漢字です。あるいは1文字なのかな?...



これが入った額縁のシンプルさが現代的だけれど悪くないし、ユーモラスな絵のようにも見える文字なので、まあ気に入っております。

だいぶ前に日本から持って来て、フランスで住む家の壁に額をかけているのですが、座る位置によって目に飛び込んでくるのです。見るたびに、何と書いてあるのかと考えてしまう...。


右半分は、酒の「」と見える。でも、上の部分が違う?...

そこから連想してしまうわけですが、左半分は「徳利」の「」。


そうなると、オツマミを前にして日本酒を飲むのを連想。

それで何か意味がありそうにもない。ただ漢字を並べただけなのかな?...

Googleで画像検索したら、こちらのページが出てきました。白黒で文字が出てくるのですが、同じような漢字は入っていない...。

写真をアップロードして画像検索すると、ピタリのものが出てきたリして驚くことがあるのですが、これはダメでした。ひょっとして、これは漢字ではないということもない、とは思うのだけれど...。


読める方があって教えてくださったら、長年のモヤモヤが解消するので嬉しいです。

ここのところ「書」にお詳しいお2人からコメントをいただいていて、だいぶ前にもブログでもヴェトナムのものらしい腕輪に書かれていた漢字を入れたら、みごとに解読をしてくださった方があったので、甘えた考えをしてしまった次第です。

期待してしまっているのですけれど、よろしくお願いします!

追記:

さっそく解答を教えていただきました。どうもありがとうございます!

教えていただいたことから少し調べてみました:
有徳: Youは右手だった




蛇足:

以前のクイズにした道具は部品が欠けていたのですが、それがある状態のものを見たので写真を追加しました:

クイズ: 城のダイニングルームにあったものは何でしょう? 2015/09/25

ブログ内リンク
★ 目次: クイズを出した記事一覧


[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: クイズ | Comment (11) | Top
この記事のURL | Rédiger
2016/11/18
子どもの時には触覚が敏感なものなのでしょうか。幼い頃の思い出の中には、触ったときの感覚が残っているものが幾つもあります。

住んでいた家の外壁にはめ込まれた小さなタイルの手触りは、まだ幼稚園にも入っていなかった頃だったはず。小学生のときに初めて田んぼに足を踏み入れたとき、足の指の間にヌルヌルとした土が入ってきた感覚もあります。

それから、母が持っていたべっ甲の髪飾りを持ったときの触感も鮮明に残っています。


簪(かんざし)、櫛(くし)

母の髪飾りは、下のアイテムと同じ感で、美味しそうな飴色をしていて、かなり厚みがあるものだったのを覚えています。ただし、彫刻は浮彫で、色はついていなかったような気がします。



実は、こういうのは「簪」と呼ぶと思ったのですが、簪は髪に指すタイプで、こういうのは「櫛」と呼ぶのが正しいというコメントをいただいたので、この記事は書き直したり、書き足したりしています。

(かんざし)    (くし)


「かんざし」と聞くと髪飾りをイメージしますけれど、「クシ」という発音を聞いたら髪をとかすときの味気ないクシを思い浮かべてしまう。

上のタイプは、「前櫛(まえくし)」と呼べば良いようです。

ところが、上に入れた商品の説明では、こんな風に書いてありました:
両面上部に螺鈿が入れられたとても希少な逸品です。歯間が狭いので櫛よりも簪(髪留め)仕様かと思われます。

となると、簪なのか櫛なのか分からなくなる...。商品名は、賢く「櫛簪」とされていますね。

混乱してしまいますが、本来「かんざし」と呼ばれる髪飾りは、下のように髪に指す形が正しいのは確かなようです。


「くし」は「苦死」と同じ発音なので、贈り物にするときには「櫛(くし)」を「簪(かんざし)」と呼んだりするのだそう。売る方でも、飾り物の櫛は「かんざし」と呼んでしまうことがあるように感じました。


前櫛

母が大切そうに持っていた髪飾りは、引っ越ししているうちに無くなってしまいました。それが懐かしかったのか、名古屋に旅行したときに入ったアンティークショップで、同じようにカマボコ型の櫛を売っていたので買ってしまっていました。

これです ↓



美味しそうな飴色はしていません。母が持っていたものは、触ったときのツルツルした感じに温かみがあって、いかにもベッコウという感じがありました。

買った前櫛は、昭和の貧しい時代に作られた安物という感じがしていました。それに私は天性の風来坊なので、必要のない物を持つのは好きではない。でも、これを見たときに思い出話しを店の人にしたら、うまく乗せられてしまったようです。値引きまでしてくれる。連れて行ってくれた人が親しい店だったので、何か買わないと悪いような気もしていました。

それで、大して気に入ったわけでもないのに、買ってしまったのです。

この櫛をフランスに持ってきていたのに、すっかり忘れていました。いつもはめったに入らない部屋に飾ってあったのを見つけて思い出し、その翌日にアンティークショップを開いていたこともある友人が食事に来たので、これを見せて本物の鼈甲かどうか聞いてみようと思いつきました。

気に入られるようだったら、どうせ誰も眺めないままに放置されているだけなので、プレゼントしようという魂胆。

前回の日記「なんでもプレゼントしてくれてしまう友人」で書いた友人なのです。私の方も何かあげたくなるわけなのですが、日本からは古いものをほとんど持ってくることがないのでした。これは、いちおうアンティークショップで買ったのだから、かっこうのお返しになるではないですか?

私の方が頻繁にこの友人夫妻を食事に招待しているだろうし、ワインの買い付けなどに行ったときは彼らの分も買ってお土産にしています。こうなるとプレゼント合戦になってしまって、切りがないのだけど...。


友人は櫛を電灯の光にかざし、歯の切り込みなどをしばらく眺め、「本物のべっ甲だと思う」と言いました。歯の切り込み方が、型で作ったプラスチック製とは違うのですって。

「値打ちものだ」とも言う。
「興味がある?」と聞いたら、「ウイ」と答える。

それで「あなたに、あげる」と言ったら、目がキラキラ。少し遠慮したけれど、あっさりともらってくれました。

彼はやわら友人は立ち上がり、テーブルの向こう側から私の方に歩いてくるので驚く。プレゼントされたらキスのお礼をするものなのですよね。何年たっても習慣が身につかない私...。


おめでたい飾り

櫛を眺めながら、友人は「結婚式の時に付けたのだろう」と言いました。

古いものを集めているので、日本や中国のものも彼らのコレクションに入っているので、ある程度の知識はあるらしい。ご主人の方は、若いときに空手をやっていたし、盆栽の作り方にも知識があるので、私などより日本のことを知っていると感じることがあります。

あらためて眺めてみたら、おめでたいものが飾りのモチーフになっていたのでした。店でも何か説明してくれたと思うのですが、すっかり忘れています。



松竹梅、鶴、亀。全部並んでいる。結婚式に使った髪飾りだというのも本当らしく思えてきました。

縁起担ぎが日本にあるというのは、フランス人の友達は知らなかった様子。それで、鶴は千年、亀は万年生きると言われるのだ、などと言いながら、本当にそうだったけかな?... などと思ったのでした。

松竹梅がおめでたいという理由は知らなかったので、説明しなかったのですが、なぜかとは聞かれませんでした。

これを書きながら調べてみたら、「松竹梅」は中国の「歳寒三友」から来ているのだそう。松と竹は寒中にも色褪せず、梅は寒中に花開く、ということのようです。フランス語では、中国語をそのまま訳して「Les Trois Amis de l'hiver」と呼んでいました。覚えておこうっと。


派手に松竹梅をあしらった簪の画像がWikipediaに入っていました。

Shochikubai kanzashi

画像のタイトルは「一月の舞妓(年少芸者)の松竹梅簪」となっている。結婚式だから松竹梅の飾りにするというわけでもないかな?...

でも、花嫁さんの飾りとして「松竹梅に鶴かんざし」というアイテムが見つかりました。

松竹梅は二人が困難にもめげずに生きていくことを表し、鶴は生涯夫婦で添い遂げる鳥というシンボルだからなのだそう。

私の櫛には亀もあったのだけれど、上の飾りには亀はないようです。亀といったら、海辺で涙を流しながら出産する姿を思い浮かべるので、結婚式に亀は持ち出したくないと私は思う。

母が大切にしまっていて、時々見せてくれていたべっ甲の髪飾りも、結婚式の思い出の品だったからだったのかな?... あるいは18歳で死に別れた母親の形見だったか?... 年がほとんど違わない後妻さんから邪魔者扱いされた母は、実家には遊びに行けなくなっていたので、余計に懐かしい思い出だったのかもしれない。

ともかく、友人にプレゼントした櫛にどんな意味があっても私には関係ないので、結婚式の髪飾りだったと思うことにしました。


本物のべっ甲なのかな?...

友人は「peigne(クシ)」と呼んでいました。その単語で話していたので、「カンザシ」という呼び名が存在していたのを私が思い出したのは、友人たちが帰った後でした。

インターネットで調べてあげると言って写真を撮ったのをここに入れました。丁寧に写真をとっていると、あげたことを後悔しているように見られてしまうかと思って、いい加減に撮影したのでピントが合っていないのですけど。

裏側は、こうなっています ↓



彫刻にしては凝り過ぎているのですが、この部分は張り付けたのでしょうね。

これと似たようなものがあるかとインターネットで画像検索したのですが、飾りが同じものは見つかりませんでした。

クシの部分を光で照らしたらギザギザが見えるので本物のべっ甲だ、と友人は言っていたのですが、偽物ではないかな?... 子どもの時に触った時のような柔らかい食感がないのです。それに、数年前に買ったときに払ったのは8,000円だったと思う。本物のべっ甲だったら、そんな値段では売らないのでは?



ところで、偽物のべっ甲を「プラスチック製」と私は呼んだのですが、「セルロイド」と言うべきなようです。

べっ甲が本物と偽物かの判断は、専門家でさえも難しいのだそう:
鼈甲(べっこう)と鼈甲の偽物(擬甲)の簡易鑑別法(見分け方) その2

この見分け方を読んでも判断できなかったのですが、私が名古屋で買った櫛はべっ甲ではないだろうと結論しました。でも、プレゼントした友人には言わないでおきます。
記事更新: 2016/11/24

ブログ内リンク:
★ 目次: アンティーク、蚤の市などについて書いた記事
★ 目次: プレゼントや土産物に関して書いた記事

外部リンク:
櫛かんざし美術館(Kushikanzashi Museum): 所蔵品
かんざしの種類
☆ Des choses: Kanzashi
Creative-museum


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 日本 | Comment (19) | Top
この記事のURL | Rédiger
2016/11/15
アンティークを集めるのを夫婦で趣味にしている友人がいるのですが、家に遊びに行くと博物館のよう。ありったけは飾らないで、戸棚の中に入れているものもたくさんある。

それで眺めていると、色々なものをくれてしまうのです。


昔の洗面台

つい最近も、色々いただいています。

例えば、水道がなかった時代のフランスで使っていた陶器の洗面セット。


⇒ 画像をクリックすると、一部の拡大写真が出ます。

こういうのを何と呼ぶのかと調べたら、nécessaire de toilette、service de toiletteというようです。水差しはbroc。その下に置いた洗面器はcuvette。

左に置いたものは髭剃り用の道具だ、と言われました。

家の中に水道があるようになってからは必要がなくなったわけですが、飾りにしているのはよく見かけます。



ネットオークションでも色々なのを売っていました:
ebayで検索

いただいたセットは寝室の暖炉の上に置きましたが、これを置く洗面台のようなものもあったのですよね:
家具の画像を検索


この友人夫妻が好きなのは、ジアンの陶器。ジアン焼きの食器をたくさんいただいたときのことはブログで書いていました:


ジアン焼きのテーブルウェアをプレゼントされて... 2012/10/27

いただいてから何年もたっていますが、これを使って食事したことは一度もなかった...。食器洗い機には入れない方が良いとのことなので、割ってしまいそうで怖いのですもの。


コレクターは、手に入れる段階が楽しいのかな?...

コレクションが趣味の友人夫妻は、何でもくれてしまう。何か見せてもらったときには褒めたりしないように気をつけています。でも、おしゃべりの中で私が好きなもの、必要なものを察して、お土産に持ってきてくれてしまう。

彼らが食事に来たときに、フォークとナイフを取り換えようとしたら数が足りなかったことがあったら、その次に食事に来たときには銀メッキのカトラリーのセットを持って来てくれてしまった。その他、花瓶、籐で編んだカゴを数個、等々。

余りにももらってしまうと置き場所にも困る。断ると遠慮しているのかと思われて押し付けられちゃう。彼らの家に行ったときには持ち帰らなければ良いのだけれど、持ってきてくれてしまったときには困るのですよね...。

私が好きだと言うと、なんでもくれちゃうわけですが、他の友人にもプレゼントしています。博物館にコレクションを寄付したこともあるのだそう。

コレクションが趣味だったら、持っていることが楽しいのだろうと思うのだけれど、惜しげなくあげてしまうという感覚が不思議でなりません。


私の方も何かプレゼントしたいと思うわけなのですが、日本から持ってきた年代ものといったら、幾つもないのです。少し前、彼らに喜ばれそうなものがあったのを思い出してプレゼントしたものについて続きで書きます。

この話しはだいぶ前に書き始めていたのですが、「下書き」に入れて放置していたままで日がたってしまいました。ブログの更新をしばらくしていなかったのでご心配してくださった方、どうもありがとうございます。ブログを書いていると癖になって頻繁に書いてしまうのですが、少し休んでいると書かないのが癖になってしまう...。

続き:
簪(かんざし)の思い出

ブログ内リンク:
★ 目次: アンティーク、蚤の市などについて書いた記事
★ 目次: プレゼントや土産物に関して書いた記事

外部リンク:
☆ Wikipédia: Service de toilette
☆ Wikipédia: Meuble de toilette
☆ Wikipédia: Nécessaire de voyage
Gien France  ジアン日本公式サイト
ジアンを楽天市場で検索


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: フランス人 | Comment (6) | Top
この記事のURL | Rédiger