| Login |
2017/06/11
昼食の後、私が行ったことがないはずの城がマリニー・ル・カウエットという名前の村にあるので行ってみよう、と誘われました。

「マリニー・ル・カカウエット?」と私。

カカウエットというのは、フランス語でピーナツのことです。cacahuète、あるいはcacahouèteと綴ります。

村の方はMarigny-le-Cahouëtがスペルでした。

cahouëtはカウエと発音するのが正しいのかもしれません。ブルターニュ地方の言葉だそうなので、どうしてブルゴーニュ地方の地名になっているのか不思議。

調べてみたら、ブルトン(ブルターニュ語)で「森林で覆われた城(château boisé)」という意味があるのだそうです。昔、城主がブルターニュの人だったことがあったから、というのが謂れのようです。


人に声をかけて聞くのが一番♪

城は個人の所有で、一般公開はしていないらしい。それで村に到着しても、「城はこちら」のような標識は見えません。大きな城らしいので、風景から飛び出して屋根が見えても良さそうなのに。

村を抜けてしまったので聞き返したら、道路に人がいました。城はどちらの方向か聞いたら教えてくれました。ついでに、見学できるかも聞いてみました。

城の外観は見れるけれど、内部は見学できないと言われました。城の正門の左に小さな入り口があって、そこから城を眺められるらしい。

教えられた方向に城の門がありました。城は全く見えない。しかも、左側に小さな入り口なんかはない! でも、「城を眺めるためには、かなり歩くけれど」と言われていたので、城の外壁の左側に沿ってできている舗装もされていない細い道を進んでみました。

すると、門を発見。でも、城の建物は全く見えない...。



右に見えるパネルに、入っても良いけれど、ここは私有地なのを意識してください、というようなことが書いてありました。普通は「私有地につき立ち入り禁止」と書いてあるのですけれど、ここは入って良いらしい。驚きました。

地元の人には声をかけて聞いてみるものなのですね。先ほど出会った男性から言われていなかったら、城を見つけたとしても門と木々しか見ないで立ち去るところでした。

来る途中にスマートフォンで眺めたサイトにあった立派な城が見えました。



ここが昔は城に入る跳ね橋だったところでしょうね。上から侵入してくる敵を攻める場所が出来ています。

堀に沿った外側には道ができているので、行けるところまで進むことにしました。

非常に大きなお城です。四方は完全に石垣か建物で囲われていました。その周りは堀がめぐっているので、これでは泥棒も入りにくいでしょうね。



外敵を寄せ付けない、典型的な中世の城の作り。上空から映した画像は、こちらに入っています。中庭だけでも広いのでした。

私の目にとまったのは、こちら ↓



中世の城にあるポットン・トイレ。それが4つも付いているのでした。私はなぜか、このラトリンヌと呼ぶトイレが好きなので、あると眺めてしまうのです。

ラトリンヌについては、こちらで書きました:
フランスの城で、これを見たことがありますか? ★クイズの解答 2005/07/20


お堀の回りをぐるりと歩きながら、城を外側から全部眺めることができてしまいました。こんな親切な城を見たのは初めて。建物の中には入れなくても、見学客から入場料を取る城もあるのです。




映画のロケに使われた城

城に入って撮影した画像や映像があるのではないかとインターネットで探したのですが、これしか見つかりませんでした。私たちと同じように外側から見学しただけの動画ですが、冬景色が見れるので埋め込んでおきます。


Château de Marigny Le Cahouët


この城は、幾つかの映画のロケで使われたそうです。特に有名なのは、1964年に公開された『Angélique, Marquise des anges(アンジェリク、天使たちの侯爵夫人』だと書いてありました。

 アンジェリク 完全版 1 天使たちの侯爵夫人

インターネットに入っている映画の予告編を眺めると、少しだけ遠くから臨めたギャラリーが映っている場面がありました。



外側からは、戦いのための中世の城にしか見えなかったのですが、城の敷地の中にいたら、堀の向こうに見学者が歩いているなんて全く気にならないでしょうね。

『アンジェリク』は小説を映画化したもので、何本か映画が作られていました。私は聞いたことがない映画だったのですが、フランス人にはよく知られているお話しのようです。

予告編を見ると、セクシーな女性の冒険物語のようで、拡張が高い文学作品には見えなかったのですけれど...。


bande annonce angelique marquise des anges

この映画のロケはあちこちの城でしたようなので、私が見たかった城の敷地内が映し出されたのは一部にすぎないようです。

ロシア語版なので何を言っているのか私にはさっぱり分かりませんが、城の中庭がもっとよく見える動画もありました:
Анжелика, маркиза ангелов Часть 1/ 3

ギャラリーを支えている柱には彫刻もあって、立派なのですね。

ブログ内リンク:
★ 目次: 城について書いた記事ピックアップ
★ 目次: サニタリーに関して (トイレ、浴室、洗濯、衛生)
★ 目次: 文学者・哲学者、映画・テレビ番組

外部リンク:
Le château - Commune de Marigny-le-Cahouët
☆ Wikipédia: Angélique, Marquise des anges
☆ Wikipedia: Angélique (série littéraire) » アンジェリク (小説)
☆ Dictionnaire Visuel: Château fort


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村


カテゴリー: 建築物 | Comment (1) | Top
この記事のURL | Rédiger