| Login |
2008/11/08
先日、車に乗せてくれるというお誘いにのって、東京から西の方に旅行してきました。


日本の渋滞は規模が違う!

高速道路は聞きしにまさる渋滞でした!

フランスも、パリ周辺の道路も車が多くて、長期休暇の時期などには「渋滞です」というニュースを聞くことがありますが、ここまでひどくなるときがあるのかな?・・・

すごい渋滞! すごいにも程があるほどの渋滞!・・・

こんなノロノロ運転なのに、高速道路料金なんかを徴収するのはおかしい・・・。

そもそも、フランスの高速道路や県道の立派さからみると、料金をとる道路には見えなかったです・・・。

チェコに行くために車でドイツを横断したときには、町に近づくたびに渋滞があって、ドイツは「速度制限なし」って言ったって、ちっとも速くは走しれないではないか! と憤慨したのですが、それとは比較にならない渋滞でした。

渋滞が、一つ抜ければ、また別のが待っている!

帰り道では、いつ東京にはたどり着けるのか想像もできない絶望的な状態になりました・・・。

連休の週末、しかも今は紅葉の季節だったから、余計にいけなかったのかも知れません。

でも、車を運転してくださった方によると、いつも混んでいるのだとのこと。

そういえば、「談合坂」という名前は、ラジオの渋滞ニュースでよく聞いていた名前でした。私は「団子坂」だと思っていたのですけど!


ハンドルを握ってしまったフランス人はどうするのだろう?・・

もう、東京から車で脱出するのはやめようと思います。

日本人は辛抱強いから良いですけれど、こういう道路に入ってしまったフランス人はどうするのだろうと思ってしまいました。

日本も、車でないと「来て良かった・・・」と思える希少価値があるところには行けないので、フランス人たちに「日本に来たらレンタカーを借りたら良い」と言っていた私なのですが、東京からそれをやるのは止めるように言おうと思いました。

すぐにカーっとなる彼らには、こういう渋滞は耐えられないですよ~!


そんなことを考えていたら、思い出した本がありました。

- 続く -



カテゴリー: 日本 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する