| Login |
2007/01/29
数日前に1泊で行ったパリでのことです。待ち合わせの時間前に昼食にさける時間は1時間足らず。食事をするか、食べないで済ますか、と迷いました。

通りかかった道に日本料理店がありました。

日本食だと早く食べられるはず。でも、フランスでニセモノの日本食レストランを経験しているので、ニセモノだったら食べないほうがマシだと思いました。

パリにある日本食レストランの8割は、中国人などが経営するニセモノ日本食レストランなのだと聞いていました。そんな数字を出されるまでもなく、日本料理とは名ばかりのレストランを経験しています。

でも、パリのような都会なら、ホンモノに出会えるはずなのです。

本物の日本料理なのかどうかを判定するために、店の前に出ていたメニューを眺めました。

昼の刺身定食15ユーロが気に入りました。でも、その値段って、パリの中華系日本食レストランの値段のように安いのです。ここは本物ではない可能性が高いと思って、立ち去ろうと思いました。

そのとき、店から日本人の男性が出てきて、挨拶してきました。呼び込みをしようとしたのではなくて、たまたま外に出てきたときにいた私に挨拶してくれたという自然さ。

思わず、「ここは本物の日本料理ですか?」と、聞いてしまいました!

そんな失礼なことを口走ってしまった私に、「本物ですよ~♪」と、笑顔で答えてくれました。

店長さんなのか、板前さんなのか分かりませんが、日本で出会うような日本人。つまり、まったく外国崩れしていない日本人なのに好感を覚えました。

それで、入ることに決定。


◆久しぶりに出合った本物の日本食レストラン!

パリのJETROが本物のの日本食を出すと判定したレストランに与えるマーク
12月1日の日記(農林水産省が海外日本食レストラン認証に動き出した)でJETROが「日本食レストラン推奨制度」を始めたと書いたのですが、そのお墨付きをもらっていたレストランでした。

右のマークが、JETRO認定レストランの印です。

JETROの認証制度は、パリの日本食レストラン50軒くらいが認定を受けたとのことでした。

追記:
日本食レストランの認証制度は消滅したような感じがします。「日本食レストラン価値向上委員会のサイト」というのがあったのでリンクを入れていたのですが、リンクが切れています。


私が注文した刺身定食です。



このお刺身の盛り付け方に感激しました。どうということのない料理だと思われるでしょうけれど、フランスにあるニセモノの日本食レストランで出てくる刺身だと、サーモンが弁当箱に重なって詰まっていたりするのです。

味噌汁も深みのある味。

ご飯はカリフォルニアの「輝き」という米だとのことでした。ニセモノの店で出されるパサパサ米とは全く違います!

「ホンモノですか?」などと聞いてしまったご主人に弁解。「ホンモノに出会えて嬉しい」とお礼を言いました。

ご主人は、ニセモノ日本食レストランでは食事したことがないので知らないとのこと。それはそうですよね。不味い料理を研究する必要はないですもの!

どんなに酷い日本料理が出てくるのかを説明してしまいました。

ニセモノ日本食レストランは「自然に淘汰されますよ」、と涼しい顔でおっしゃっていました。

そうだと思う。フランス人は味に厳しいのですから、珍しさが消えたらニセモノには見向きもしなくなると思う。

立ち去ろうとしたとき、カウンターにお寿司があったので、これも写真にとらせていただきました。



パリの外れにあるレストランなので、また行く機会があるかどうか分かりませんが、気に入ったお店になりました。

ご主人が清々しい方だったのも嬉しかったのだとも思います。

パリのような大都会だと、住んでいる日本人はかなり肩を張って生きなければならないらしくて、コンプレックスの裏返しで、変に外国崩れした日本人が多いのです。

数年前、パリで1週間ほど滞在したとき、時間があったので日本食レストランめぐりをしてみたことがありました。自分は日本料理を食べる必要はないのですが、フランス人を連れて行くのに何処が良いかを探りたかったのです。

パリに住む日本人が「ここが一番おいしい」というお店に行ってみたのですが、何だか奇妙な雰囲気...。外国崩れの日本人が経営していたのです。日本人なんかバカにしているという口ぶりをされてショックを受けました。

それが鼻についてしまって、料理のおいしさは全く味わえませんでした...。

日本料理がホンモノという以外に、変に外国崩れしていない雰囲気も大事なのだな... と、今回行ったパリのレストランで思いました。


◆ニセモノの日本料理

私は外国にいても日本食が恋しくなるということはありません。わざわざ日本食レストランに行く必要は全く感じません。ところが、最近のフランスは日本食ブーム。フランス人たちが私と一緒に日本食レストランに行きたいと言うので、折に触れて行かざるをえなくなりました。

でも、ひどいのにばかり出会うのです...。

実は、このパリのレストランに行く数日前、フランス人と一緒に、とある日本食レストランに入っていました。

焼き鳥定食をとったのですが、まずいのなんのって!...

一緒にいたフランス人は日本に行ったときに食べた焼き鳥が気に入っていたのですが、ここのは全然違うとがっかりしていました。

タレは、みたらし団子のタレを使っていたと思う。奇妙に甘ったるい味でした。

ここは鉄板焼きが売り物のレストランだったらしくて、店内は煙が充満していました。

アメリカで人気を呼んだベニハナというレストランが作ったパフォーマンスらしいのですが、フランスでもホンモノとニセモノの鉄板焼きレストランができました。



日本人ではないことは明らかな板前さんが、両手に木製の胡椒入れを持って、それを振り回して音を出すパフォーマンスをしていました。バカバカしいこと・・・。

鉄板焼きは、華々しく火をあげたりするパフォーマンス。面白くて良いですけれど、ちゃんとするのには装置が必要なのですよ...。一緒にいたフランス人は、油の跳ね返りを受けながら食事するなんて...、と貶していました。

ともかく、料理はまずいし、煙いし、うるさい。

私たちは半分くらい料理を残して、早々にお店を引き上げました。


◆惨めになってしまった私...

こんなレストランに連れて行ってしまって、まずいものを食べさせてしまった申し訳なさでいっぱいでした...。

仕事を手伝ってくれていたフランス人へのお礼にご馳走するつもりだったのに、まともそうなフレンチのレストランは予約でいっぱいになっていたので、席がとれた日本食レストランに入ってしまったのでした。

お礼にご馳走したかったのは台無し...。

パリでホンモノの日本料理に出会ってやたらに感激してしまったのは、このニセモノ・レストランのショックの反動だったと思います。

ランチメニューとは違って夜の料理は高いだろうけれど、フランス人には、こういう日本料理をご馳走したかった...。

追記:
2009年5月、Yahoo! ニュースのフランスのコーナーに、「「日本食街」規制の動き=アジア系集中、住民が懸念-パリ」というニュースが入ってこの日記をリンクしてくださったせいでアクセスが急増してしまいました...。


ブログ内リンク:
★ 目次: フランスの日本食ブーム
★ ブログ内のカテゴリ: フランスで作る和食


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
おぉ~、本物だ
わかります、わかります!

本物かニセモノか…って聞く気持ちが。。。(笑)

それに、もう一つ気にしてしまうのが、外国崩れの日本人。。。

ん~~、とってもわかります~~。

パリではいろんな日本の方に出会って、悲しくなったこともありました。ぐすん。

日本食を食べに行く時は、料理はもちろんのことですが、そのお店の雰囲気やそこで働く日本人も見ちゃいます!

日本食レストランは、小さな文化交流の場に思います。

2007/01/30 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
Re:パリで出会った本物の日本料理(01/29)
海外で日本食を食べた事がありません。。ただガイドさんは(ここはニセ和食です)とか教えてくれますね。

食事は国の文化の根元だと思うのですが・・・真似もありですね。

だんだん淘汰されるのでしょう。

そして残った味が新しい味を生むかもしれません。
2007/01/30 | URL | HappyHoppy  [ 編集 ]
パリの日本食
私もパリで一度だけ偽ものの日本食を食べました。信じられないほどまずかったです。わけのわからいない焼き鳥もどき??と白いご飯に焼き鳥のタレをかけて食べるというものでした。味噌汁らしいものには味がない。ほとんど食べられないで店を出ました。日本語を話す従業員もいないし、中国語が飛び交ってました。今、パリで中華離れがおきていて、その理由は不衛生な管理状況がテレビで流れたからだそうです。まるで不二家みたい。そこで日本食ブームとなったわけです。ヘルシーだし。しかし最近見たニュースでは、フランス人はご飯に焼き鳥のタレをかけて食べるのはとてもおいしい。これが日本食と言っていました。海外日本食レストラン認証制度が動き出したのは頷けます。ほんとにおいしい日本食の店はパリにはあるので、是非そこに行ってほしいものです。



私は日本食がないと生きていけない人種なので、オペラ座界隈の日本食によく行きます。国虎といううどん屋さんをご存知でしょうか。うどんに腰があって、東京でも十分にやっていける店です。やはり日本人観光客がいっぱいきてますが、パリっ子もおいしいものはちゃんと知っていて、半分はフランス人。こういうところがきっと生き残っていくのだろうなぁと思います。

2007/01/30 | URL | たんぽ  [ 編集 ]
【Re】pepe犬さんへ / おぉ~、本物だ
>わかります、わかります! 本物かニセモノか…って聞く気持ちが。。。(笑)



⇒ 後で考えると、変なことを口走ってしまったとは思ったのですが!



>それに、もう一つ気にしてしまうのが、外国崩れの日本人。。。 ん~~、とってもわかります~~。パリではいろんな日本の方に出会って、悲しくなったこともありました。ぐすん。



⇒ うまい表現が思い浮かばなかったのですが、経験された方なら、「ああ、あのこと」と思ってくださると思いました。外国にいても自分を見失わないで、自然体の日本人でいてくれる人に会うと、やたらに感激してしまっています。



>日本食を食べに行く時は、料理はもちろんのことですが、そのお店の雰囲気やそこで働く日本人も見ちゃいます!



⇒ なんだか居心地の悪くなってしまう店があるのですよね。



>日本食レストランは、小さな文化交流の場に思います。



⇒ 本当にそうですよね。

2007/01/30 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】HappyHoppyさんへ / パリで出会った本物の日本料理
>海外で日本食を食べた事がありません。。



⇒ フランス滞在が長くなってきたら日本食を食べる気にもなりましたが、旅行で時々来ていた頃には意地でも和食は食べたくないと思っていました。だって、せっかく時間とお金をかけて来ているのに、日本でもできることをするのはもったいない!



>ガイドさんは(ここはニセ和食です)とか教えてくれますね。



⇒ 食べ物に全く興味がない日本人男性は多くて、なんでも良いから食べなれた食材を食べたいと思う方もあるのだろうなとは思いますが、あまりにも酷い和食だと・・・ と思ってしまいます。



>食事は国の文化の根元だと思うのですが・・・真似もありですね。

>だんだん淘汰されるのでしょう。

>そして残った味が新しい味を生むかもしれません。



⇒ そうですね。まずい和食は、フランス人だって不味いと思うはずだし・・・。

2007/01/30 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
ニセモノの日本料理
私も海外では滅多に日本料理を食べないのですが、複数で旅行する際には相棒の要望で和食の店を探します。



オーストラリア・ニュージーランドでは、やはりアジア系の和食レストランがメジャーでした。



寿司ブームですが、「寿司まがい」のものを堂々と売っている感じです。



日本人経営のお店(スタッフも日本人)は、お値段は張りますが、味もまあまあで納得できます。

フランスでも「本物の味」が手頃に食べられるようになるといいですね~。
2007/01/30 | URL | ひなの。  [ 編集 ]
Re:パリで出会った本物の日本料理(01/29)
最近ロンドン在住日本人の間ではパリに日本食を食べに行くのが流行って(?)居ます。

ロンドンにも勿論本物日本レストランはあるのですが、ラーメンなどはパリの方が美味しいそうです。

でも最近私、明らかにニセモノと分かっていてもそれはそれ!と割り切って食してしまっています。笑

2007/01/30 | URL | Ai1104  [ 編集 ]
【Re】たんぽさんへ / パリの日本食
>私もパリで一度だけ偽ものの日本食を食べました。信じられないほどまずかったです。



⇒ 「信じられないほどまずい」というのが、ぴったりの表現ですね。



>わけのわからいない焼き鳥もどき??と白いご飯に焼き鳥のタレをかけて食べるというものでした。



⇒ 創作料理として評価してあげたいけれど、まずいのでは困りますね。



>今、パリで中華離れがおきていて、その理由は不衛生な管理状況がテレビで流れたからだそうです。そこで日本食ブームとなったわけです。ヘルシーだし。



⇒ 不衛生ということもあったのですか。フランスの中華レストランは、不味い料理を出すことが多いのも残念です。フランスには中華料理に使える食材が日本以上にあるので、高級中華料理を作っても良いと思うのですけれど。



>最近見たニュースでは、フランス人はご飯に焼き鳥のタレをかけて食べるのはとてもおいしい。これが日本食と言っていました。



⇒ 私が日本米をフランス人たちに食べさせるときも、ご飯は真っ白の形でない方が喜ばれます。



>ほんとにおいしい日本食の店はパリにはあるので、是非そこに行ってほしいものです。



⇒ でも、ニセモノが多いのもパリ・・・。



>私は日本食がないと生きていけない人種なので、オペラ座界隈の日本食によく行きます。国虎といううどん屋さんをご存知でしょうか。



⇒ 知りませんでした。こんど覗いてみたいです。



>パリっ子もおいしいものはちゃんと知っていて、半分はフランス人。こういうところがきっと生き残っていくのだろうなぁと思います。



⇒ ウドンはフランス人には受けないだろうという偏見を持っていたので、興味があります。ありがとうございました。

2007/01/31 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】ひなの。さんへ / ニセモノの日本料理
>日本人経営のお店(スタッフも日本人)は、お値段は張りますが、味もまあまあで納得できます。



⇒ 外国人がおいしい和食を作っても不思議ではないと思うのですが、今までに私が出会った本物のレストランは全部日本人が調理していました。



日本の食材や、生で食べられる魚を使ったりしたら、どうしても原価が高くなる、というのは、フランスで和食を作ると感じます。



それと、マジメにフランスの法律に従って従業員を雇うと人件費も高くなるし。中華系はうまくそれを切り抜けるので安い料理が出せるのだと聞いたことがあります。



>フランスでも「本物の味」が手頃に食べられるようになるといいですね~。



⇒ ここのレストランの一番安いランチメニューが15ユーロというのは安いと思いました。このくらいの価格で、このくらいの質の料理に会えたら嬉しいです。

2007/01/31 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】Ai1104さんへ / パリで出会った本物の日本料理
>最近ロンドン在住日本人の間ではパリに日本食を食べに行くのが流行って(?)居ます。



⇒ まあ、そうなんですか。面白いです!



>ロンドンにも勿論本物日本レストランはあるのですが、ラーメンなどはパリの方が美味しいそうです。



⇒ わざわざ海を渡って来て召し上がるのがラーメン?!・・・ でも、イギリスからフランスには来やすいらしいので(格安料金があるとか聞きました)、旅行ついでに日本料理を食べてみるという感じなのではないでしょうか?



>でも最近私、明らかにニセモノと分かっていてもそれはそれ!と割り切って食してしまっています。笑



⇒ ニセモノにもランクがあって、まあ良いのではないかと思えるのもありますものね。

2007/01/31 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
こんばんは
お久しぶりです!

そうそう。ニセモノってホントに困りますよね。

しかも、あれが本物と思ってるフランス人が多い。



先日、スーパーで買い物をしていたら、

インスタントスープ売り場で、

SOUPE JAPONAISEというのを見つけてしまいました。

しかも、調味料ではかなり有名なメーカー。



パッケージには、濁った汁にマッシュルームとモヤシが浮いているスープの写真がっ!

いわゆる中国系のニセ日本食レストランの定番のENTREEに出てくる、まずーい味のしないスープなのですっ!!



これは、ホントに許せない。

何とかならないものですかね。



せっかくJETRO認定レストランが出来始めてるのに、

この有名メーカーのニセ日本スープのおかげで台無しです。

2007/02/02 | URL | あふろらいと  [ 編集 ]
【Re】あふろらいとさんへ / こんばんは
グルメと自称するフランス人の中にも、味覚が優れていない人たちもいるのですよね。本物を知らないのだから無理はないですが、ニセモノを日本料理だと思うフランス人たちがいるのは悲しいです。胃袋がパンパンになってしまうほどは食べない、ということが健康に良いことだという評価なのかな?・・・



>先日、スーパーで買い物をしていたら、インスタントスープ売り場で、SOUPE JAPONAISEというのを見つけてしまいました。しかも、調味料ではかなり有名なメーカー。パッケージには、濁った汁にマッシュルームとモヤシが浮いているスープの写真がっ!



⇒ 見たことがありませんでした。シイタケが高価な価格で売られるようになっいるフランスなのに、どうしてマッシュルーム?! しかもモヤシは、フランスの中華料理レストランで使う定番なのに、どうして?・・・



優れた便器を作っている日本のメーカーに、フランス人が欲しがっているので、どうやったら買えるかと問い合わせたとき、ショックを受けたのを思い出します。水槽にためる水で手を洗えるという装置です。この会社ではヨーロッパ市場調査をして、ヨーロッパで売られている商品に近いものを売っているとのことで、フランス人たちに話すと欲しがるこの装置はヨーロッパでは売っていないのだとの返事でした。海外進出をする日本企業には、もっと日本文化に誇りを持ってもらいたいです!

2007/02/02 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
Re:パリで出会った本物の日本料理(01/29)
はじめまして!

ブログ村で拝見して参りましたA子と申します。

最近、私も自分のブログにパリのニセ日本料理のマズさについて熱~く語ったところだったので、コメントさせていただきました。あのビックリのマズさが共感できて、ちょっと胸がすぅ~とした思いです…。

また遊びに来ます♪
2007/02/14 | URL | A子@パリのおみやげ  [ 編集 ]
【Re】A子@パリのおみやげさんへ / パリで出会った本物の日本料理
初めての書き込み、ありがとうございます♪



>最近、私も自分のブログにパリのニセ日本料理のマズさについて熱~く語ったところだったので、コメントさせていただきました。あのビックリのマズさが共感できて、ちょっと胸がすぅ~とした思いです…。



⇒ 「ビックリのマズさ」という表現がぴったりですね。これは食べてみないと分からない! 私も共感者がいらしたと知って嬉しいです。喜んだりしては申し訳ないのですが!



>また遊びに来ます♪



⇒ またコメントを書いてくださるとき、よろしかったらA子さんのブログのURLをお教えくださいね。同じ楽天広場でないと自動リンクが入らないので。



2007/02/14 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する