| Login |
2007/03/09
今のパリでは農業国際見本市が開催されています(2007年3月3日~11日)。

◆今年の農業国際見本市マスコットは Titine

今年のポスターに登場している茶色の牛の可愛いこと!



毎年素敵なポスターができるのですが、今年のは特に気に入ってしまいました。

そう思っていたのですが、見本市会場でもすっかり人気者になってフラッシュを浴びている様子です。

インターネットで検索したら、牛の名前はTitine(ティティンヌ)で、見本市の「スター」とか「マスコット」とかいって騒いでいました。

お気づきになりましたか? ティティンヌちゃんは角があります。普通、フランスの牛は、扱いやすいように生まれたときに角を切ってしまうのです。

やはり角があった方が美しいですよね?

ティティンヌ (Titine)
体重: 850Kg
品種: リムーザン牛 (vache limousine)
誕生日: 2002年1月1日

ティティンヌという名前が可愛い♪
お誕生日が私と同じというのにも親しみを覚えてしまいました♪

小さい子やペットを「ちびちゃん」という感じで「ティティ」と呼ぶことがあります。雌牛なので「ティティンヌ」としたのでしょうか?

フランスの牛は、生まれた年によって名前の頭文字として使うアルファベットが決められています。2002年はTで始まる名前の年だったのでしょうね。


◆リムーザン牛

ティティンヌちゃんの人気で、リムーザン牛(肉牛)の人気もあがったらしいです。

リムーザン牛はフランスの肉屋さんではよく見かける品種なのですが、「la Blonde du Sud-Ouest」という品種にとって変わられそうになったことがあったのだそうです。1965年から後の30年間にリムーザン牛の数は40%も減少してしまったのを、生産者たちが守ったらしい。

私はブルゴーニュ原産の白いシャロレー牛をごひいきにしているのですが、味から言うと、くやしいけれどリムーザン牛の方が上かなと思ったことがあります。フランスで好き焼きを作るには、リムーザンの赤ラベルで作ったときが一番おいしいと感じたときです。

リムーザン種の牛は、オーストリアを経由して日本に入ったのだと聞いたことがありますが、本当なのかな?・・・


◆フランス大統領になるには、農業国際見本市を訪問するときにアピールする

フランスの農業人口は4%弱ですが、農地は国土の6割を占めています。

ですから、フランスは農業国! パリで行われる農業国際見本市は大変な人気で、マスコミでも連日報道します。

そして今年は大統領選挙の年。選挙戦が熱してくる頃に行われるこの見本市には、大統領候補が会場を訪れて、いかに農業を大事にしているかをアピールするのが慣例のようです。

候補者たちが打ち合わせて日にちをずらしているらしくて、テレビでは「今日は誰々が来た」という風に報道します。

テレビを見ていると面白いのです。こういう見本市に溶け込める候補者と、なんだか溶け込めない堅物の人がいるのですから。今年は日本にいて見られないのが残念...。

展示されている牛にもキスの挨拶をしてしまうように見えるのがシラク大統領。今年のマスコットとなったティティンヌちゃんはシラク大統領にプレゼントされることになったと、パリ・マッチ誌が報道していたそうです。

パリ市長時代から農業国際見本市のヴィジターだったのに感謝するのが理由だそうです。なにしろ過去30年間に見本市に行けなかったことは、たった1回だけなのですって!

外部リンク:
★農業国際見本市のオフィシャルサイト: Salon International de l'Agriculture
- ティティンヌちゃんがサイト・トップページを飾っています.
- ビデオのページ: ティティンヌちゃんがセーヌ河に浮かぶペニシュに乗ってパリ観光をしているビデオは「Titine, "top model" of the cover」. 育ての親の男性がティティンヌちゃんと同じ色のジャケットを着ているのはおしゃれ!


畜種と品種の豆知識
- 国産と外国産の牛の品種名があります.

ブログ内リンク:
【ブルゴーニュが誇るシャロレー種の牛について】
★ 目次: シャロレー種の牛について書いた記事


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 時の話題 | Comment (6) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
うわぁ!
ティティンヌちゃん、かわいい~~!

「私が農業大国フランスを守っているのよ!」って言っているみたい!

なんともりりしい表情の中にかわいさたっぷり!

シャロレー牛もかわいい前髪が好きですよ。

こんなに牛がかわいく見えると食べられなくなっちゃう。。。(笑)



2007/03/08 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
【Re】pepe犬さんへ / うわぁ!
>「私が農業大国フランスを守っているのよ!」って言っているみたい! なんともりりしい表情の中にかわいさたっぷり!



⇒ 本当に。スターの貫禄十分ですよね。カメラマンのアングルも良いのだなと感心しました。私もいつか下から撮ってみようと思います。



>シャロレー牛もかわいい前髪が好きですよ。



⇒ ありがとう。



>こんなに牛がかわいく見えると食べられなくなっちゃう。。。(笑)



⇒ ふと心配になりました。シラクさんは食いしん坊で有名だけれど、ティティンヌちゃんは食べたりしないだろうな・・・。

2007/03/09 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
本当にりりしいですね。
ティティンちゃん、本当にりりしいですね。

肝っ玉かあちゃん?もしくは牛の世界のミスフランスみたいです。



それにしてもバックの青い空も美しいです。

日本ではなかなか見ることのできない青さですよね。そんな中で育つ牛ちゃんは幸せ者だと思います。
2007/03/09 | URL | NATASIA  [ 編集 ]
【Re】NATASIAさんへ / 本当にりりしいですね。
>肝っ玉かあちゃん?もしくは牛の世界のミスフランスみたいです。



⇒ 「肝っ玉かあさん」という表現がいいですね。舟でパリに来たとき、ティティンヌちゃんは3回目の出産で、5カ月の赤ちゃんがお腹にいるとのことでした。



>それにしてもバックの青い空も美しいです。

>日本ではなかなか見ることのできない青さですよね。そんな中で育つ牛ちゃんは幸せ者だと思います。



⇒ フランスの青空は、空気が乾燥しているせいか、澄み切った美しい青だと感じます。ゴッホが南仏に足を踏み入れたとき青空を見て、浮世絵の青だと喜んだそうですが。

2007/03/11 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
Re:パリ農業国際見本市のマスコット: Titineちゃん(03/09)
ご無沙汰をしております。

久しぶりに訪問させていただきました。



フランスの印象はファッションの先進国で、センスのある国のイメージでしが、22歳の時フランスを旅したときに、フランスが農業国であることを初めて実感しました。



TGVでリヨンに向かい走り出して30分もすると一面広大な農地が広がるのをみて圧倒されました。



そして街中のスーパーで売っていたオレンジ100%ジュースのおいしいこと!こんなおいしいジュースは日本で飲んだことはありませんでした。



フランスはまさしく農業国です。

それにしてもこの牛さん、どうも日本の牛の顔をチョットちがうような気がします。牛の種類の違いからでしょうか。



ではまた。

2007/03/12 | URL | 浪速のアキ  [ 編集 ]
【Re】浪速のアキさんへ / パリ農業国際見本市のマスコット
>フランスの印象はファッションの先進国で、センスのある国のイメージでしが、22歳の時フランスを旅したときに、フランスが農業国であることを初めて実感しました。



⇒ 気をつけてきていると、感心するようなファッションの人を見ることはごく稀ですね。農業国だという印象は至るところで感じますが。



>TGVでリヨンに向かい走り出して30分もすると一面広大な農地が広がるのをみて圧倒されました。



⇒ 東京の雰囲気を抜け出すのに苦労するのと対照的ですね。



>そして街中のスーパーで売っていたオレンジ100%ジュースのおいしいこと!こんなおいしいジュースは日本で飲んだことはありませんでした。



⇒ あのマークのかな? などと思ったりします。



>この牛さん、どうも日本の牛の顔をチョットちがうような気がします。牛の種類の違いからでしょうか。



⇒ タジタジになってしまうくらい美しい目をした牛には時々出会いますが、ティティンヌちゃんの凛々しさは写真家の腕も良いのではないかと思いました。



お料理のヒントを教えてくださる浪速のアキさんがしばらくブログの更新がないので寂しく思っていましたが、また復活していると知って嬉しいです。どうかお元気で!

2007/03/13 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する