| Login |
2008/03/31
久し振りに、お気に入りのレストランに行って食事しました。

食前酒は「キール」。

*キールとは、ディジョン名物の食前酒。カシスのリキュールと、アリゴテという辛口の白ワインのカクテルです。ディジョン市長だったキール氏が広めたので、「キール」という名前が付けられました。

 世界一贅沢なキールのセット


お昼にレストランに入る前にかなり歩いて喉が渇いていたので、この日のキール酒は格別嬉しく感じました。


◆ついに柚子を使った料理に出会う!

新しい料理が加わっていたので、それを試してみることにしました。

「yuzuソース」という文字にひかれたのです。

ついに、このレストランは日本の柚子に出会った! と喜んだのであります。

お料理を待つ間、お給仕の人に聞いてみたら、やはりユズは果物ではなくて、ジュースを使っているとのこと。フランスでは生のユズは手に入らないでしょうから、それは仕方ない。


さて、運ばれてきたお料理です。



サラダの上に乗っているのは、錦糸卵のようでしょう? わあ、すごい日本風!

しかし、卵ではありませんでした。

どうやら、リンゴを細く切って揚げたものらしいです。こんな使い方ができるのですね。


ところで、肝心のユズにはがっかり。だって、ユズの香りが全くしなかったのですもの・・・。

ユズも入っていたのかも知れませんが、レモンか何かの強い酸味が消してしまっていました。フランス人がこれを食べたら、ユズってずいぶん酸っぱいものだと思ってしまうはず・・・。

ユズはフランス人に受けるのです。こういうレストランで広めてもらいたかったのだけれど・・・。

それでも、生ガキが入ったサラダはさっぱりしていて、とてもおいしかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
Re:フランスにも柚子が進出? と思ったのだけれど・・・(03/31)
サラダ彩りも良くとてもおいしそうです!



りんごを細く切って揚げるという発想は

おもしろいですね。

柚子を使ったソース、新鮮な柚子が手に

入ると良い香りが楽しめるのでしょうね。



新鮮な生ガキが食べたいなぁ。
2008/03/31 | URL | Naples  [ 編集 ]
【Re】Naplesさんへ / フランスにも柚子が進出? と思ったのだけれど・・・
>柚子を使ったソース、新鮮な柚子が手に入ると良い香りが楽しめるのでしょうね。



⇒ 実は、フランスの食品見本市で、ユズのシャーベットというのを試食していまして、それがとても香りもよく美味しかったので、期待してしまいました・・・。



>新鮮な生ガキが食べたいなぁ。



⇒ ああ、Naplesさんのところでは生牡蠣があまりないですか? フランスの生ガキは良いのですが、殻付きしかないので、日本のようにパックになって売っていたらな・・・ と思ってしまっています。

2008/04/01 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する