| Login |
2008/03/15


これはホテル・レストランの正面です。

お昼を食べるレストランを探しているとき、あなたならここにお入りになりますか?

・・・私は避けてしまいます。


レストランの前に立つとも、良い店かどうかという直感を感じられるようになりました。

まず、「ここは避けよう」と思ってしまうレストランがあるわけなのですが、その判定基準は幾つもあります。最も参考になるのは、レストランの前に出ているお品書きに書いてある内容を読んでみることです。

でも、その前に、建物の前に立っただけで、「ここは、おいしくない可能性が高いな・・・」と感じてしまうレストランがあります。

上に写真を入れたレストランが、その例です。

でも、一見、よさそうではあるのです。それに、レストランを選んではいられない辺鄙な田舎をドライブしていたときなので、贅沢は言っていられません。それで、ある程度の料理を出してくれるなら入ろうと思って、店の前に出ているメニューを見に行ったのですが・・・

やはり、バッテン印をつけてしまいました。


どこに予感を感じたのか?

建物の壁に見える文字です。

Etape gastronomique

直訳すれば「ガストロノミック停泊」でしょうか? 「ここでストップすれば、美味しいものを食べることができますよ~♪」というサインです。

よく見かける表現なのですが、こういうことを自ら言っているところって、それほど洗練された料理が出てこないレストランが多いのです。だいたいにおいて、ボリュームは多くて「ご馳走を食べた」ということに満足させる意図があるように感じています。

でも、本当においしいレストランは、わざわざそんなことを強調した看板はかかげないです! 日本でも同じではないでしょうか?


さらに、このホテル・レストランの名前は時代遅れでした。

Hôtel des voyageurs

「旅行者のホテル」という意味です。

余りにも味気ない命名ではないですか?!

この二つを総合すると、ボリュームで勝負! の、昔ながらのレストランだろう、という結論に達してしまいます。


私好みの料理と、そういう昔ながらの料理がどう違うかは、すでに日記で書いていました:

小食な人が、フランスのレストランで食事を楽しむ方法 【1】 2007/06/05



「Hôtel des voyageurs(旅行者ホテル)」というのは時代遅れに感じてしまうと書きましたが、ほかにも、昔からあるホテルの名前には、こんなのもあります。

- Hôtel de France (フランス・ホテル)

- Hôtel du Lion d'Or (バリエーションとして、Hôtel Lion d’Or, Hôtel le Lion d’Or など)

2番目の方は、昔の小説などに出てくるときは「金獅子ホテル」と訳していたような気がします。Lion d'Or とは「黄金のライン」。

なんだか立派そうな名前ですが、裏の意味があるのをご存じですか?

Lion d'Or = lit on dort
黄金のライオン = 寝るベッド

発音が同じなのです。初めに見つけたときはグッド・アイディアの命名だったのでしょうが、これだけたくさんあると価値は薄れてしまいます。

この3つのホテルの名前は、フランス各地に数えくれないほどたくさんあると思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
ほぉ~!
私の飛び込みレストランの選び方は本当に直感のみなのですが、ときどき…失敗します。(汗)

もっと食いしん坊の鼻を鍛えなくては。。。(笑)

「Etape gastronomique」は今まで見たことが無いかも=引っかかる可能性アリ!でした。ほっ。

アドバイス、ありがとうございます!

2008/03/16 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
名は体を現して…
 漂う匂いが判断できるように…名付けもその経過の表れとのお話…何処も似ていると興味津々に♪
2008/03/16 | URL | ひでわくさん  [ 編集 ]
【Re】pepe犬さんへ / ほぉ~!
>もっと食いしん坊の鼻を鍛えなくては。。。(笑)



⇒ いえ、いえ、pepe犬さんは鋭い鼻を持っていらっしゃいますよ~。だらかお料理もお上手なのだな、と思っています♪



>「Etape gastronomique」は今まで見たことが無いかも=引っかかる可能性アリ!でした。ほっ。



⇒ そう言われて、都会ではこの表現をするレストランはないのではないか、と思いました。都会だと、みんなの評価が浸透していて、レストランが勝手に誇大広告をするわけにはいかないでしょうから。



この辺りにはレストランなんかないかな・・・ と思いながらドライブしていると、「ガストロノミック」という大きな文字を書いた看板が、ド~ンと、オアシスみたいに現れるのです! 



わあ、ここで食べよう~♪ という気に一瞬なってしまう効果があります。それに抵抗を感じるので、よけいに私はボイコットしたくなるのかも知れません。

2008/03/17 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】ひでわくさんさんへ / 名は体を現して…
本当にそうなのですよね。お店の名前を見ただけで、料理に対する情熱のようなものを感じます。



その点、私のブログの名前は本当にバカみたいなタイトルでマズイので、変えなければ・・・ と、思いながら3年たってしまいました・・・。

2008/03/17 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する