| Login |
2007/05/24
ランの花というと、熱帯に咲くようなイメージを持っていたのですが、ブルゴーニュには色々な種類の野生の蘭がたくさん咲きます。

野生のランの中でも、一番みごとなのがサボ・ド・ベニュスという花かも知れません。めったに見られないということで価値が高まってしまうということもあると思います。普通のランの花なら、いくらでも咲いているのですから!


◆「ビーナスの木靴」と呼ばれる蘭

そのサボ・ド・ベニュスを見る時期を去年は逃してしまったので、今年は絶対に見るのだ! と張り切っていました。

このブログのタイトルの画像で使っている、超保護植物とされている野生のラン。

2週間前くらいにも行ったのですが、見つからずに帰ってきました。お花が咲いていないと草に紛れてしまって分らないのかも知れません...。

昨日の夕方、また出かけてみました。旅行に出るところなので、ここで見ておかないと、また時期を逃してしまうところだったのです。

咲いていました!!!



Sabot de Vénus(サボ・ド・ベニュス)という名前で、「ビーナスの木靴」という意味があります。
花の下が膨らんでいるところ、木靴を思わせるのです。


◆パフィオペディラムのファミリーなのか?...

お花屋さんで売っている「パフィオペディラム」という蘭に、少し花の形が似ています。

 Paph.armeniacum パフィオペディラム アルメニアカム

 パフィオペディラム


今年は3株見つけました。

まだ蕾もついていて、ちょうど良い時期。もう少し前、咲きかけの方が良かったかも知れませんが。

林の中で森林局の見回りの人たちに出会ったのですが、今年の株は少し小さめということでした。

この場所を知っている人はかなりいるらしくて、ケモノ道のように通り道ができていましたが、みんながそっとしておいてくれるのは嬉しいです。

ブログ内リンク:
★ 目次: フランスの田園に咲く野生のラン
★ 目次: 森に咲く春を告げる花々
総目次: テーマおよび連続記事ピックアップ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 植物 | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
見事ですね!
はじめまして。私はフランスのリヨン在住です。日本では、植物調査員をしていました。フランスで小さな森を見付けては、調査の練習をしています。私も時々ラン科の花に出会います。



きれいですね!Sabot de Venus!!私はまだ出会ったことがありません。日本名はアツモリソウですよね。

皆さんがそっとしておいてくれてる・・・優しいですね!
2007/05/25 | URL | Violette  [ 編集 ]
【Re】Violetteさんへ / 見事ですね!
植物調査員というお仕事があるのですね。専門知識がおありになること、羨ましい限りです! ブログを訪問させていただいて、たくさん学ばせていただきました。ページが増えていくことを楽しみにしていますので、よろしくお願いします!



>日本名はアツモリソウですよね。



⇒ これも教えてくださって、どうもありがとうございます。名前が分かると調べることができるので検索してみました。日本にもそっくりの植物があったのですね。名前の付け方も面白いです。



>皆さんがそっとしておいてくれてる・・・優しいですね!



⇒ 幸いにもフランス人は食べられるキノコに興味があるらしくて、美しい野生の植物には注目が集まらないらしいのが幸いです。キノコを探しに行っても、お花だけはたくさん見つけます。道端にも驚くように美しい花々が咲いているので喜んでいます。

2007/06/03 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する