| Login |
2007/07/10
最近、やたらに畑づくりに夢中になってしまった友達がいます。

商売がうまくいかないから転業しようと思っているのかも知れません。家族で食べるには多すぎる野菜を作っているのです。

日本では1ヘクタールの畑で野菜を作っていても農家になりますから、それからいったら、もっとずっと広い畑です。


先日、その家庭菜園を見に行きました。

無農薬。だから、畑には雑草がいっぱい。でも、それが良いのだそうです。

どういうテクニックがあるのかという話しは、止まるところを知りません! そんなに説明してくれても興味があるわけではないのですが、「フン、フン・・・」と聞きました。

ともかく、異常なのではないかと思うくらい熱心。商売がうまくいかないのを忘れるために、こんなに夢中になっているのではないかと心配してしまうほど・・・。

野菜づくりの本は何トンも読んだ、と言います。本が「何トン」にもなるはずはないではないですか! でも、「ほ~」と感心してみせました。

畑仕事をしていると、鳥たちが来るので、お話しをしているとのこと。そう言われる前から、畑に屋って来ていた小鳥たちがなんだか変だと感じていました。まるで遊びに来たみたいに人懐こかったのです。

ともかく、ご本人は幸せそうです。良いことですよね。何か夢中になれることがあるというのは。


◆魅惑的に美しいケシの花があった

広い土地を探索して回ったのですが、気になった花がありました。



大きく育ったケシです。

大きなケシというのは、庭に雑草のように生えたりするのですが、ちっとも美しくないと思っていました。野原に咲く赤いヒナゲシの方に親しみを持ちますので。

でも、このピンクのケシは、やたらに美しいのです!



みとれてしまいました・・・。

風が強くて花びらが動いてしまうので、苦労しながら写真を撮ったりして・・・。


◆これが麻薬用のケシなの?!

ご主人が教えてくれました。これは、麻薬用のケシなのだと。

家庭菜園を広げるためにこの土地を買ったのですが、そこには小さな家がついています。以前に住んでいたのは、かなり変わった若者。それで、ひそかに麻薬用のケシを育てていたのだろうという説明です。

そう言われて気がつくと、この家の庭は、通りからは全く見えないのでした!

土地を買った年にはケシは一本も出てこなかったのに、翌年になったら、あちこちでケシの株ができたそうです。

そんなものを育てていたのなら、引っ越しをするときにはみな引っこ抜いたのに、庭に残った種が芽を出したのでしょうね。

麻薬用と言われると、このケシの花に神秘性があったのも相応しく感じてしまいました。

きれいなので放っておく。でも、法律では10株までしか育ててはいけないことになっているので、気をつけなければいけないとのこと。

本当に麻薬用なのかと思って、インターネットで少し調べてみたら、私が見たのは日本では栽培が禁止されている「ソムニフェルム種」と呼ばれる品種ではないかなと思いました。

不正大麻・けし撲滅について

麻薬には全く興味がないし、フランスの病院で鎮痛剤として飲まされたモルヒネで痙攣をおこして苦しんだので、憎き対象でもあります。

でも、こんな美しいケシの花を庭に植えてみたいものだと思ってしまいました。

余りにも美しいので、「ちょうだい」とも言えなかった私です。家庭菜園の片隅に雑草のように生えていたのですから、そう言ったら断られるはずもなかったのに・・・。

外部リンク:
☆ Wikipedia: ケシ = Pavot somnifère
Le pavot à opium


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 植物 | Comment (6) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
きれいですね。
10株まで育ててよいとは、フランス太っ腹。

ドイツは確か全面的に禁止だった気がします。

それでも、野生で時々生えていたりするようですが。

(栽培しているひともいるみたいですけど・・・その場合は違法と知って、こっそりでしょうね)



種を頂いて、蒔いてみたらいかがでしょうか。
2007/07/13 | URL | schatzky☆  [ 編集 ]
Re:美しいケシの花だと思ったら、麻薬用だったらしい(07/10)
植物を育てて、花を咲かせ乾燥させ・・・

時間をかけ手をかけてまで欲しくなるのでしょうか?

綺麗な花なのに・・・
2007/07/13 | URL | HappyHoppy  [ 編集 ]
【Re】schatzky☆さんへ / きれいですね。
>10株まで育ててよいとは、フランス太っ腹。ドイツは確か全面的に禁止だった気がします。



⇒ EU圏内での規則を何でもかんでも統一しようという動きが進んでいるので、こういうものは真っ先に規則ができるはず。友達が現状を知らないだけなのかも知れないです。少なくとも、フランスの手作りチーズとか、イタリアでピザを薪で焼くのは不潔だというのを取り上げる以上に問題にすべきことだと思います。こんなきれいなケシを鑑賞用として育てられなくなるのは残念ですが!



>種を頂いて、蒔いてみたらいかがでしょうか。



⇒ そうですね。私も、種ができたころに行ってみたいと思います。

2007/07/13 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】HappyHoppyさんへ / 美しいケシの花だと思ったら、麻薬用だったらしい
>植物を育てて、花を咲かせ乾燥させ・・・ 時間をかけ手をかけてまで欲しくなるのでしょうか? 綺麗な花なのに・・・



⇒ 庭にたくさん植えていたというのは、麻薬中毒者だったのだと思います。足を洗えなくなってしまった不幸な人・・・。せめて、この美しい花を眺めるときには心が癒されたのではないかと期待しました。

2007/07/13 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
きれい
 10株…フランス人らしい…いくら造っても習慣性に至らない 花はきれい♪
2007/07/13 | URL | ひでわくさん  [ 編集 ]
【Re】ひでわくさんさんへ / きれい
> 10株…フランス人らしい…



⇒ やりたいことをやっても、その責任は自分で持てよ、というのがフランスらしくて好きだったのですが、最近はなんだか変わってきました・・・。世界はグローバリゼーション化しているというのか、ファシズム化しているというのか・・・。

2007/07/13 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する