| Login |
2007/08/21
前回の日記ズッキーニのグラタン: 失敗は発明の母?ではもったいぶって書いてしまったのですが、ズッキーニの使い方として私が見つけて喜んだのは、これでした。



小さなズッキーニを使い、皮はむいています。
スライスして、水にさらして、ザルにあえたところ。
若草色がきれいでしょう?

日本から持ってきたスライサーで作った刺身のツマです。
ちなみに、こういう細く切ることができるスライサーは、こちらでは見たことがありません。


◆フランスで日本料理をつくるのは材料集めに苦労する!

ズッキーニで刺身のツマが作れるというのは、私にとっては大発見でした。というのも、フランスで大根を見つけるのは容易ではないのです。

最近のフランスは日本食ブーム。それで、フランス人たちがお刺身を食べたいというので、時々作るのですが、かなり苦労しなければなりません。

なんといっても、材料集めに苦労するのです!

まず、生で食べられる魚を売っている店は限られます。

パリにタケノコのように生えて来ている安く日本料理を食べさせる店が、そんなに高い魚を仕入れているとは思えないので、私の目には生では食べられないように見える魚も刺身にしてしまって良いのかも知れません。

でも、第一に、危なさそうなのは、自分が食べたくない。第二に、人に食べさせて中毒になられたら困る。それで、遠くの魚屋さんまで買い出しに行きます。

友人たちを招待して日本料理を食べさせるときは、生魚だけでは食事にならないので、他の日本食材も探しに行きます。シイタケを売っているのは、あちら。大根がたいていある店は、あちら。生姜のおいしいのがあるのは、あちら・・・という具合。

この「あちら」は、同じ町の中の「あちら、こちら」ではないのです。東西南北に何十キロも、百キロも離れている町に行かないと買い集められないのですから、材料集めは大変です。

食通の友人たちを20人くらい集めたときには、魚屋さんに同行して、パリの中央市場まで行ってしまいました。東京=名古屋間くらいはある距離です!


◆白い大根をズッキーニで代用してみたら、おいしい!

フランスに白い大根はないと思っていたのですが(表面が黒くて生ではとても食べられない変な大根はあります)、探したら、ありました。

大根をなぜかいつも置いている店を1軒だけ知っています。でも、水分がなくなってしまっているときもあって、生で食べるにはおいしくないときがあります。

お刺身を作るのに、ツマがないと見た目が悪いではないですか? でも、やはりシーズンがあって、大根を全く売っていない時期もあるのです。その終わりの時期になると、大根の質はかなり悪くなります。

大根は飾りだと言うのですが、フランス人たちはお皿に乗っていると食べるものと思っているらしくて、食べます。生の魚を食べているとき、お口直しにもなるようにも見えます。

それで、おいしくない大根のときは気まずい思いをするわけです。

というわけで、大根には悩まされていました。

そこで思いついたのがズッキーニ。夏で、ズッキーニがあり余っていました。おいしくなかったら捨てれば良い、というわけで、ズッキーニで刺身のツマを作ってみました。

そのままだと、なんだか海藻を食べるみたにヌルヌルしているので、お刺身には良いかと思いました。でも、ズッキーニは生で食べられるものなのか分らないので、冷水で洗ってみました。

シャキッとして、ほとんど大根のツマのような感じになります。しかも、小さいズッキーニで作ると、どことなく味があって、とてもおいしいのです。



これはズッキーニが余りなかったときのお刺身ですが・・・

何回も私のお刺身を食べたことがあるフランス人に聞くと、大根よりズッキーニの方がおいしいと言っています。

というのも、日本のような水々しくて大きな大根というのはフランスにはないのです。売っている大根は30センチくらいの、やせた大根。

それで、最近は、もっぱらズッキーニで代用することにしてしまいました。こうなると、大根を探しまわらなくて良いわけです。私にとっては大きな発見だったのでした。


◆ところで、ズッキーニは生で食べて良いものなのか?

ズッキーニで刺身のツマを作るときは、とても小さいもの、つまり種などは見えないような大きさのものを使います。

先日の日記フランスの野菜は大きすぎる・・・で大きなズッキーニの写真をお見せしたのですが、20センチたらずのものも八百屋さんでも見つかります。家庭菜園で育てたもののときは、もっと小さなのを使います。

たまに大きいのしかなくて、それで作ったこともあるのですが、種を除いてしまえば大丈夫でした。

皮は、むいてからスライスしています。

ところでズッキーニは、生で食べて良いのでしょうか?

もうたくさんの人に食べさせて、具合が悪くなった人はいないのですから、大丈夫なのだと思います。でも、書きながら不安になったので少し調べてみました。

すると・・・

 ズッキーニ1本 352円

↑ このお店では、「ズッキーニは生ではいただきませんが、ほとんどがナスと同じいただきかた、と覚えておけば間違いありません」と書いてある!!


↓ でも、「生で食べてももちろんOK☆」と書いているお店もありました♪

 豊作につき大放出セール: 有機栽培ズッキーニ

つまり、大丈夫みたいです。そもそも、ズッキーニを生で食べてしまおうなんて思う人は少ないから、知らないだけではないでしょうか?

海外生活で私のように苦労なさっていらっしゃる方に、ズッキーニ刺身のツマを作るのをお勧めしたかったのですが、「生では食べられません」などとわざわざ書いてあるのを見ると、お勧めしてしまって良いのか、自信はありません・・・。

でも、おいしいのですけど・・・。加熱したものより美味しいとさえ感じます。

気になるので、インターネットのレシピを探してみました。
あった! ↓

生ズッキーニのサラダ

でも、あまりおいしそうな色ではない・・・。
私の細切りズッキーニの方がきれいではありませんか? ツマのように細く切ったものは、カルパッチョに添えたりしています。若草色がきれいなのです。




ブログ内の関連記事:
目次: 夏の野菜 ズッキーニについて書いた日記
 
マグロのトロを見つけたときの日記:
フランスで買うマグロ: これはトロなのでしょうか?  2006/06/18
あれから1年余りたちますが、トロには再びお目にかかることはありませんでした・・・。

★ 目次: フランスの日本食ブーム
目次: 食材と料理に関して書いた日記


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
実は私も悩みました。
ズッキーニのキムチ(笑)を作る時に心配したのも実はその点でした。

お料理の本を見るとたいてい、焼くか揚げるお料理ばかり…ちょっとぬるぬるしていたので、アクがあって、ワラビみたいに吹き出物が出てしまったらいやだなぁと思ったりして、ドイツの本を見て調べたところ、やはり、ナスのようなものと思った方がいいという説明がありました。大きくなりすぎたズッキーニはかぼちゃのように種(わた)を取って調理するとか、日本語の辞書では、きゅうりのような味できゅうりと思えばいいとか実にいろいろで、もう、どうしていいのかわかりませんでした(涙)。そこで、種部分を取り除いて軽く塩もみして使うことにしたのです。かぼちゃときゅうりの中間の妥協策です(笑)…
2007/08/24 | URL | suh0716  [ 編集 ]
Re:フランスで刺身を作るとき、ツマはズッキーニで作る!(08/21)
はじめまして。

ズッキーニ、生でよく食べています!

新鮮なものをうす~くスライスして、ほうれん草、ルルッコラ、葉レタス、赤たまねぎ、マッシュルーム、ナッツ、などと一緒にサラダとして・・・岩塩、コショウ、オリーブオイルで合えるだけです。

薄くスライスできると塩で少ししんなりして、食べやすいし、ほのかな甘みが美味しいです。
2007/08/24 | URL | Vamilla  [ 編集 ]
ボニデ~(*^。^*)
こんにちは~ご無沙汰してます!

今夏は本当に寒いですね~~

ズッキーニ!安くておいしくて大好きですが、こんな風に食べれるとは知りませんでした!すごい。いいアイディアですね。ぜひ試してみます!といっても私もなかなか刺身にできるお魚は買ったことがなくて。どの程度が新鮮なんだかよくわかりませんし。でも今度ソーモンとか海老とかだサラダを作って添えてみます。Vamillaさんもコメントで書いておられますしね。そうか~~ほんといつもいい情報をありがとうございます。それにしても日本ではズッキーニこんなに高いのですね~~!!(笑)
2007/08/24 | URL | suzuran-rachel  [ 編集 ]
ほぉ~~っ!
そういえば、友達がズッキーニをずっときゅうりだと思って生で食べていた話を思い出しました。(笑)



いや~、ツマにはビックリです。

このまま、にんじんもスライサーにかけて、彩りよいサラダにもなりそう!うわぁ~、いろいろ応用できそうですね。



この国では鮮魚を買って自分でお刺身を作るのが1番安全ですね。

でもその鮮魚はどこに???というのが、大問題ですけどね。

2007/08/25 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
美味しい色
 凄い…胡瓜で同じようにやってみましょうか楽しんでいらっしゃいますね
2007/08/25 | URL | ひでわくさん  [ 編集 ]
【Re】suh0716さんへ / 実は私も悩みました
>ズッキーニのキムチ(笑)を作る時に心配したのも実はその点でした。



⇒ やはり?!



>そこで、種部分を取り除いて軽く塩もみして使うことにしたのです。かぼちゃときゅうりの中間の妥協策です(笑)…



⇒ ブログを読ませていただいたとき、そこがいいなと思ったのでした。種を取り除くことはやりますが、ズッキーニを塩もみするというのはスゴイと思いました。



苦労するのですよね、外国にある材料で日本で食べるものを作ってみるのって。でも、オママゴトみたいに楽しくもあります♪

2007/08/25 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】Vamillaさんへ / フランスで刺身を作るとき、ツマはズッキーニで作る!(08/21)
ご報告、ありがとうございます!



>ズッキーニ、生でよく食べています!



⇒ ああ、安心しました♪



>薄くスライスできると塩で少ししんなりして、食べやすいし、ほのかな甘みが美味しいです。



⇒ おいしそうですね。こんどはサラダを試してみたいと思いました。ルッコラも大好きです。生のズッキーニと相性が好さそうですね。



ほうれん草、ルルッコラ・・と材料が並んでいるところ、イタリアにお住いですか? フランスでは小さなサラダ用のホウレンソウが売られていますが、日本では余り食べないのではないかという気がします。

2007/08/25 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】suzuran-rachelさんへ / ボニデ~(*^。^*)
>今夏は本当に寒いですね~~



⇒ 2003年の猛暑だって3週間くらいで終わったのですから、今年の寒波(?)だって、終わる、終わる、と思っているうちに、夏が終わってしまいました・・・。雨が朝から降っていると、「も~、嫌~!」と叫びたくなります!



>いいアイディアですね。ぜひ試してみます!といっても私もなかなか刺身にできるお魚は買ったことがなくて。



⇒ suzuran-rachelさんのところでも鮮魚がないですか。この春イタリアの海辺に滞在したときには朝市があって、どれもこれもお刺身にできそうな魚が並んでいるので羨ましく思いました。



>どの程度が新鮮なんだかよくわかりませんし。



⇒ 私もそれで悩むのです。「これはダメだ!」というのは分かるのですが、どの程度からがセーフラインなのか?・・・



>それにしても日本ではズッキーニこんなに高いのですね~~!!(笑)



⇒ 日本の土では育ちにくいのでしょうかね? フランスだと、ただ植えておけば、どんどん実がなるのに。

2007/08/25 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】pepe犬さんへ / ほぉ~~っ!
>友達がズッキーニをずっときゅうりだと思って生で食べていた話を思い出しました。(笑)



⇒ 似ていますものね。ズッキーニはカボチャのファミニーだと聞いて驚きました。でも、そういう方がいらっしゃるなら、やはりズッキーニは生で食べられるのだ♪



>いや~、ツマにはビックリです。



⇒ 苦肉の策です。ニンジンで代用してみたこともあるのですが、しなやかさが出ないので失格にしました。



>この国では鮮魚を買って自分でお刺身を作るのが1番安全ですね。でもその鮮魚はどこに???というのが、大問題ですけどね。



⇒ そうなのですよね・・・。



スイスのサイト(行政機関のだった)で、最近の寿司ブームに対する注意がありました。スイスはフランスより海に遠そうなので、そういう注意が必要だったのだと思います。マグロは一度冷凍してから食べるとバイ菌が殺されるのでお勧め、というようなことが書いてありました。



そんなこと、とんでもない! と思ったのですが、先日買ったマグロは、やはり怖くなったので、冷凍してからカルパッチョにしてみてしまいました!

2007/08/25 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】ひでわくさんさんへ / 美味しい色
> 凄い…胡瓜で同じようにやってみましょうか楽しんでいらっしゃいますね



⇒ フランスの胡瓜は大きすぎて、大味で、ツマには向かないと結論しています。



フランスにある材料で日本料理を作るというのは挑戦として楽しいです。でもフランス人は正直なので、マズイときは全く食べてくれません!

2007/08/25 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
Re:フランスで刺身を作るとき、ツマはズッキーニで作る!(08/21)
はじめまして。こっそり拝見していたのですが初めてコメントさせていただきます。

ズッキーニのツマとは!良いアイデアですね。日本だと胡瓜をツマ代わりにしたりしましたが、こちらでは胡瓜も大振りで水っぽいですもんね。

それにしても、私もフランスに住んでいるのですが、新鮮な魚には出会えません(涙)。怠け者なので一生懸命探していないせいでしょうけれど。

煮たり焼いたりはどうにか大丈夫でも、刺身になるような魚に会ったことがありません。

ブルゴニッシモさんのように、足で探し回らないとダメですね。脱帽です!
2007/08/27 | URL | wakaba  [ 編集 ]
【Re】wakabaさんへ / フランスで刺身を作るとき、ツマはズッキーニで作る!
はじめまして♪



>私もフランスに住んでいるのですが、新鮮な魚には出会えません(涙)。



⇒ やはり、そうですか! 信頼できる魚屋さんでないところで買ったときには、料理する前にクンクンと臭いをかいでしまっています。食事に招待されたりして、買った魚介類を2日くらい食べられなかったりすると、捨ててしまうことも多いです。



>煮たり焼いたりはどうにか大丈夫でも、刺身になるような魚に会ったことがありません。



⇒ 私も長年そうでした。ここのなら! という魚屋さんを見つけて生魚を食べることにしたのですが、その店も最近は種類が少なくなり、質もいま一つになってきたのでがっかりしています。やはり圧倒的に需要が少ないのと、質が悪くても安いものを売る店があるので、商売がなりたたなくなってきたようです・・・。



>ブルゴニッシモさんのように、足で探し回らないとダメですね。脱帽です!



⇒ 最近の日本食ブームのおかげで苦労しております。ひと昔前までは、ひたすら「食べる人」でいられたて気楽だったのに!・・・

2007/08/27 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
ズッキーニ
今日のお昼、レストランで頼んだ鶏はアンチョビとにんにくのソースでしたが、下にこの細くスライスした生のズッキーニがしいてあって、さっぱりしておいしかったです。プリフィックス・スタイルの草分けの古いお店で、シェフがいまだにキッチンで頑張っています。ステーキにはたっぷりフリットがつきますし、エイヒレのソテーがメニューに入ったり、変わらないスタイルでやっている気取らないお店ですが、このズッキーニは初めてでした。
2007/09/01 | URL | Saule  [ 編集 ]
【Re】Sauleさんへ / ズッキーニ
お話しを聞いているだけで、おいしそうなレストランですね。



ズッキーニをレストランで生で出すと聞いて安心しました。ありがとうございます♪



実は、この後、まだ調べていまして、ズッキーニは10センチ程度のものは生で食べられるけれど、それ以上大きくなったら調理すること、と日本のサイトに書いてありました。



それで昨日は、お刺身のツマに10センチ程度のズッキーニを使ってみました。ところが、身が締まり過ぎていて、独特の味がなく、余りおいしくない、と感じたところです。やはり20センチが良いと思いました。日々、発見・・・。

2007/09/01 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する