| Login |
2009/01/11
いつだったか、日本にいる友達のブログに「今日は美しい満月を見ました」というのがあったとき、フランスにいる私も満月に見とれていた日だったので驚いたことがありました。

日本とフランスはほぼ地球の裏側なのですから、満月が同じように見えるというのは不思議・・・。

でも、地球にいる限り、満月が見えるのは同じ時期なのだそうです。

☆ 暦と天文の雑学: 新月、満月は世界中同時?


前回の日記で、太陽と月の両方が見えることがあることを経験して、再び月に興味を持ってしまいました。

調べてみたら、満月のときにはそういう状況になるとのこと。

☆ 旅して~世界206ヶ国&旅と暮らし: 満月の夜





白い、大きな月だった

空に浮かぶ白い大きなものは月だったのですが、私は太陽だと思いました。

まっ白なので、月を連想しなかったのだと思います。それに昼間でしたし。

そういえば、ヨーロッパの子どもたちは月を白く描くのではなかったでしたっけ? 太陽は黄色。

ヨーロッパに住んでいた日本人が言っていたことを思い出します。お子さんが学校で太陽を真っ赤に描いたら、先生から精神異常ではないかと心配されてしまったという話し。

日本人にとって、太陽は赤、月は黄色というイメージですよね?

それを確かめるためにインターネットで調べたら、日本でも最近の子どもたちは、太陽をオレンジ色に描く傾向になっているらしいと知りました。

これもグローバリゼーションなのでしょうか?・・・

☆ 異なる文化を楽しみながら学ぶ事典: 世界の色 虹の色 太陽の色 月の色

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 日仏の比較 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する