| Login |
2007/09/12
一度聞いただけで覚えてしまう単語と、何回聞いても忘れてしまう単語があります。

最近おもしろいと思って覚えてしまったフランス語は、ミルデユー。

「ミル」とは「千」で、「デュー」とは「神様」。

つまり、神様が千人?!

ところが、ワイン醸造農家で、作物の病気の名前だと言って発せられた言葉だったのです。今年のように雨が多い年には、ミルデューの被害が出しているとのこと。

千の神様とは綴りが違うのでした。病気のミルデューは mildiou だったのです。

日本語で何と言うのかと思ってしらべたら、「べと病」でした。日本語の方は、いかにも嫌らしい病気に聞こえます!

ブドウに対しては良い予防薬があって、普通のブルゴーニュワインを作る農家ではそれを撒いているので被害はないとのこと。

大きな被害を受けたのは、オーガニック・ワインの生産者でした。全滅したところもあるし、無農薬というレッテル(フランスではBIOと呼びます)を返上したところもあったそうです。

フランスの有機栽培でBIOとして売れるためには厳しいものがあり、今年のような農薬を使いそうな今年には検査を4割も増加して目を光らせたとのこと。

今年は農薬を撒かないとダメだ、と断腸の思いで決心した場合、そのあと3年間はBIOのワインとしては売れないのだそうです。

お気の毒・・・。

いずれにしても、このベト病は予防しなければならない病気であって、発生してしまった後は手のほどこしようながにのだそうです。


そんな話しを聞いたあと、目をひかれるブドウ畑がありました。



葉が枯れたように見える畑です。9月初旬にしては早すぎるので奇妙...。

近づいてみると、ブドウの房はほとんど腐ったようになっていました。これでは収穫できません。

それでミルデューのことを思い出し、それにやられたブドウ畑なのだろうと思いました。

この写真のように牧場と隣合わせのようなところは、良いワインになるブドウは育たない場所です。有機栽培をしているというよりは、どうせ大したワインはできないのだからと、高い農薬は使わない方針だったのではないでしょうか?...




ところで、今年のように雨ばかり降っている年には、ブドウ畑には病気が発生しやすいので、農薬をいつもよりたくさん使っているのではないかと、私は疑っていました。

でも、ワイン農家に聞いてみたら、いつもの年と全く変わらないとの返事でした。

最近の農薬はよくできていて、ひところのように農薬づけにしなくても良くなったとのこと。エスカルゴも戻ってきて、ブドウ畑で作業していると、踏んでしまうくらいたくさんいるのだ、などと笑っていました。

ブドウの葉を食べて育ったエスカルゴって、雑草で育ったのよりおいしいのではないかな?...

ブログ内リンク:
★ 目次: ブドウ畑の作業、ワイン醸造法など
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ

外部リンク:
★ブドウの病気の写真があるページ: Maladies communes de la vigne
Mildiou de la Vigne


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)



コメント
この記事へのコメント
Re:オーガニック・ワインには受難の年(09/12)
今年日本は暑かったので当地の名産の巨峰は 出来がよいそうです。また、松茸も 雨が降ってほしい時期に雨量が多かったので豊作だそうです。



ですから ワイン用の葡萄も豊作かと思いました。
2007/09/21 | URL | HappyHoppy  [ 編集 ]
【Re】HappyHoppyさんへ / オーガニック・ワインには受難の年
>松茸も 雨が降ってほしい時期に雨量が多かったので豊作だそうです。



⇒ ああ、松茸・・・。来月には日本に帰るのですが、食べられるかどうか・・・。



日本は異常な暑さだったそうですね。こちらは夏がいつ来るだろうかと思っているうちに、秋になってしまいました。もう枯れ葉も散って、最低気温は氷点下スレスレです。それでも9月は晴天の日が多いので、青空を見上げては、監獄から出てきたみたいに感激しております!

2007/09/21 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
暑い・・・
札幌は本日30度Σ(・ω・ノ)ノ!

9月末ですよv(゚Д゚;)アリエナイ!!

オーガニックワインの定着は札幌は遅いカンジがします。

年間ワインの飲む機会(席)が多いミュウモですがオーガニックが出る機会は数えられる程度…

う~ん今年の秋は≪ナチュラル≫で行ってみよぉかなぁ(*^^)o∀*∀o(^^*)
2007/09/21 | URL | 亅較  [ 編集 ]
Re:オーガニック・ワインには受難の年(09/12)
先月ブルゴーニュへ行ったのですが、エスカルゴ、美味しかったです!!!果たしてブドウの葉を食べていたのでしょうか?笑

私はちょうど収穫時ちょっと前ごろに行ったのですが、雨や風など天候によるブドウへの影響を各ワイナリーの人に聞かせてもらい、とても良い勉強になりました。

ビオワインも増えているように感じたのですが、どうなのかしら。
2007/09/21 | URL | Ai1104  [ 編集 ]
【Re】ミュウモさんへ / 暑い・・・
>札幌は本日30度Σ(・ω・ノ)ノ!

>9月末ですよv(゚Д゚;)アリエナイ!!



⇒ 北海道はフランスと同じような気候なのだろうなと思っているのですが、今年の日本はかなりの気温上昇なのですね。こちらは、もう最低気温が氷点下スレスレくらいになっています。



>オーガニックワインの定着は札幌は遅いカンジがします。

>年間ワインの飲む機会(席)が多いミュウモですがオーガニックが出る機会は数えられる程度…



⇒ 私はオーガニックには余りこだわらないのですが、無農薬のワインを飲むとおいしいのが多いので、やはり違うのかな?・・・ という感じを持っています。

2007/09/26 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】Ai1104さんへ / オーガニック・ワインには受難の年
>先月ブルゴーニュへ行ったのですが、エスカルゴ、美味しかったです!!!果たしてブドウの葉を食べていたのでしょうか?笑



⇒ おいしいのに出会えて良かったですね。エスカルゴはひどいのもあるので、レストランを選びます。ブドウの葉を食べて育ったかどうか?・・・



>私はちょうど収穫時ちょっと前ごろに行ったのですが、雨や風など天候によるブドウへの影響を各ワイナリーの人に聞かせてもらい、とても良い勉強になりました。



⇒ ワイナリーに行くのは色々な話しが聞けるのが良いですよね。



>ビオワインも増えているように感じたのですが、どうなのかしら。



⇒ ビオとは名乗らなくても無農薬でやっているところもあるので、分かりにくいです。ビオを売り物にしていないでおいしいワインを作っていると、今年のような年には強いだろうな、と思いました。



でも最近は環境にもやさしいのがおいしいワインができるという風潮になってきているように感じがします。ひと昔前のブルゴーニュのブドウ畑は雑草などなくて、いかにも手入れが行き届いているという風に見えたものですが、最近は雑草が生えていて(雑草の種までまいていたりしている!)、馬が畑を耕したりして、ずいぶん変わてきました。

2007/09/26 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する