| Login |
2011/07/31
取り木で育てられているブドウの木ブルゴーニュ北部、シャブリに近い村のワイン農家を訪問し、19世紀後半にヨーロッパのブドウ畑をほぼ壊滅したフィロキセラ禍で生き残っていたという珍しいブドウ畑を見学しました。

そのときのことを書いた日記が長くなったので目次を作っておきます。





フィロキセラ禍に負けなかったブドウ畑で作られているワインを買いに行く
2011/08/01

クイズ: 200年近く前からあるブドウ畑は、何が違うのでしょうか?
2011/08/02

フィロキセラ禍の前に行われていたブドウの木のマルコタージュ
2011/08/04

フィロキセラ禍に負けなかったブドウ畑は砂の多い土だった
2011/08/05

ローマ帝国のプロブス皇帝とフランスワインの関係
2011/08/06

良心的なプライスをつけるワイン醸造者が好き
2011/08/17

懐かしいシャブリの風味に出会った♪ 
2011/08/18



プレ・フィロキセラのブドウ畑で観察したこと:
・マルコタージュ(プロヴィニャージュ)
・支柱のワイヤーは2本
・砂が多く含まれた地面



このドメーヌ訪問は、シャブリのワイン祭りのアトラクションで見た「パルトゥー」というブドウ畑で使われていた道具から昔のブドウ栽培に興味を持ったのがきっかけでした。

そのときの記事をたくさん書いたので、目次にしています:
シャブリのワイン祭り サンヴァンサン2011年
  » フィロキセラを乗り越えたブドウの木が生きている 2011/02/25



  ☆ブルゴーニュ地方のワイン地図

ブログ内の関連記事:
★ 目次: ブドウ畑の作業、ワイン醸造法など
目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ
目次: 旅行したときに書いたシリーズ日記のピックアップ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する