| Login |
2009/02/08

シリーズ記事 【サンヴァンサン・トゥルナント2009】 目次へ
その6


女性がかぶっている帽子はキシュノットと呼ばれます

前回の日記(クイズ: キシュノットとは?)で、キシュノットという名前の女性用帽子の語源となったと言われる英語は何でしょう? というクイズを出したのですが、正解を出していただきました♪

答えはこうです。
キシュノット ⇐ Kiss not ⇐ Kiss me not

キシュノットは、「キスしちゃダメ!」のこと。
ただし、フランス語ではQuichenotte(ときには Kichenotte) と綴ります。聞こえた発音をフランス風に書いたからなのでしょう。


フランス式挨拶はキス

フランスの普通の挨拶には、握手、抱き合って頬を寄せ合う、相手の頬にキスをすること。男性同士の挨拶では握手で済ませることが多いのですが、女性の場合の親しい男女に対する挨拶は抱擁する形になります。

このキシュノットという帽子をかぶっていると、そういう挨拶はしにくいわけです!

ところで、フランスのキスの挨拶は、左右1回ずつ、合計2回するというのが多いのですが、4回キスをする人もかなりいます。何回キスをするのが普通かは地域によって違います。インターネットの投票で調査して作ったキスの回数は、こちらのフランス地図をご覧くださいね。

キシュノットの語源が「キス・ノット」かどうかは定かではないそうですが、外国人兵士が近づいてきたとき、女性たちが帽子を握りしめて「キシュ・ノット!」と抵抗を見せた光景も想像できます。

これが地方の典型的な帽子となっているのはフランス西部(VendéeCharente-Maritime)。イギリスやドイツからの侵入が多かった地域ですし、ヴァンデ県はとても信仰があつい地域でもあります。

- サンヴァンサン・トゥルナントの話の続きへ -



キシュノットに関する情報リンク:
☆ フランス語レッスンのビデオの語源説明: Quichenotte
☆ キシュノットについて: Les coiffes oléronaises
☆ 色々な帽子のフランス語名一覧: Listes thématiques - Coiffe


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
まさか
まさか本当にそんなダジャレみたいなのが答えだとは、全然考えが及びませんでした。
形の特徴が語源で、それがクスッと笑ってしまうものなんだろうと思っていたので。ヒントをもらわなかったら、わからなかったです~。
でも、クイズになんとか答えられて、うれしい! また次のクイズ出題も楽しみに待ってます~。
2009/02/09 | URL | すぎちゃん  [ 編集 ]
Re: まさか
v-22すぎちゃんへ

あれ、あれ~。ここまでヒントを出してくれてしまったら考える余地もなくなって面白くない! と感じられただろうと反省していたのでした。

キシュノットという名前の帽子だと言われたとき、私はキス・ノットは全く連想しませんでした。フランス人が「キシュノットという帽子でしょう?」と言うと、かぶっている女性たちが「そうですよ~」とニコニコ顔。説明してもらわなかったら、全く意味がわかりませんでした。

戦時中、この帽子をかぶった女性が「キシュ・ノット!」などと怖い顔で叫んだとして、イギリス人の兵隊さんに通じたのでしょうかね?・・・

またクイズを出しますので、よろしく~!
2009/02/09 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する