| Login |
2009/02/10
日本に来たフランス人たちの買い物に付き合うと、面白い発見をします。

へえ、こんなものがお土産に適しているの?... という驚きがあるのが面白い♪ 真似して同じものを買ってフランスの友人に土産にすると、必ず喜ばれます。


フランスには孫の手がないの?

例えば、フランス人を浅草に案内したとき、お土産屋さんにあった孫の手



こうやって使うのだと教えてあげたら、いたく気に入ったらしくて、何本も買っていました。安いし、実用的なので、お土産として適しているのかも知れませんね。

フランス人が買っていたのは、安もののお土産によくある、こけしの頭がついているものでした。背中を女の子がかいてくれる、というのも受けたのかも知れません。

親しい人へのおふざけの日本土産として、おもしろいと思ったのではないでしょうか?

こけしというのはお土産にしても喜ばれるかどうか疑問です。

個人的には、高価なコケシをフランス人にプレゼントしても、価値は理解してもらえないと思っています。でも、それが孫の手についているとなれば別?!


かっぽう着

意外なものをフランス人が気に入るのだな、と思ったものには、洋風かっぽう着もありました。

それをフランスに持ち帰る土産にすると言ったのは、結婚したばかりの若いフランス人男性。お料理屋さんか何かで素晴らしいエプロンを見たらしく、それを是非、奥さんにプレゼントしたい。仕事で来日していたので時間はないのに、それを売っているところに行きたい言います。

日本のエプロンが優れていると感じられたのは、袖にゴムがついていること、柄がしゃれていること、など...。説明を聞いていたら、洋風のかっぽう着スタイルのエプロンのことだと分かりました。

デパートに連れていったら、たくさん売っているので感激して選んでいました。

でも...。ファッションの国フランスから来たのに、なぜ日本で衣服を買うの?!... しかも、着物柄というなのを日本土産にするのなら納得するのですが、そうじゃなくて、ヨーロッパ風の花柄が良いとおっしゃていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワークエプロン 大島柄 かっぽう着(カッポウ着
価格:1980円(税込、送料無料) (2017/1/3時
点)





フランス式かっぽう着とは?

そのフランス人男性は、「フランスには、しゃれたエプロンがないのだ」と言っていました。

当時の私はフランス人の普段着姿を知らなかったので、全く腑に落ちなかったのですが、フランスの田舎を見るようになってから、彼が言っていた意味が理解できました。

フランス式のかっぽう着とは、こんなものなのです ↓
robe tablier

朝市で売られていたものです。

おしゃれなフランス女性、しかも高齢でなければ、絶対に!!! 着ないエプロンだと思います。「ださい」と言うのにふさわしいウエア。でも、実用的...。

田舎に住んでいる高齢の女性たちは、ユニフォームのように着ています! フランスの田舎生活を経験なさった方は、こういうエプロンを見ると懐かしいのではないでしょうか?


青は作業着の色?

フランス式かっぽう着は、なぜか圧倒的にブルーが多いです。

作業着の色は決まってるわけではないのですが、青が圧倒的に多いです。




日本でも「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」という言い方をするのですが、フランスに来て初めて、労働者階級の人たちが本当に青い「つなぎ」の作業服を着ているのを見て、なるほど... と思ったのでした。

青い色って、汚れが見えないなどの利点があるのでしょうか?...

ブログ内のリンク:
★ 目次: 色について書いた記事


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
フランスに孫の手がないって驚きです^^
向こうのかっぽうぎも初めて見ました。
もうすぐでフランス語を始めるので勉強になります^^
あとよかったらわたしのブログにも遊びにきてください★

2009/02/14 | URL | めぐりんぼ  [ 編集 ]
v-22めぐりんぼさんへ

>フランスに孫の手がないって驚きです^^

⇒ フランス人の背中に対する感覚は日本とは違うと感じているのです。

日本ではお風呂に入ったとき、手ぬぐいの形のを両手に持って背中をゴシゴシ洗うでしょう? ところが、フランスの一般的な道具は、指のない手袋のようなタオルなのです。これでは背中は洗いにくいはずなので、どうしているのだろうと不思議です・・・。

ついでに、「肩がこった」という表現も存在しない。「背中が痛い」と言うのです。肩をもんであげると、「気持ち良い」と言う。だから、肩がこっているはずだと思うのですが・・・。

>フランス語を始める・・・

⇒ わあ、そうなんですか。フランス語は背景に色々なものがあるので、学んで楽しい言葉ですよ~♪ ブログを拝見すると、若くて元気。うらやましいな・・・。自分らしさを失わないで、好きな道を歩いてくださいね!
2009/02/14 | URL | Otium  [ 編集 ]
返事ありがとうございます^^
大学に入ってからは国際関係を勉強して、世界平和についてとことん
考えたいので、このような異文化理解のブログはすごく助かります。
やっぱり、多文化について多角的に知ることが、偏見を持たない始まりですから。
ブログもまたあそびにきてください★わたしもまたこのブログで
色んなことを知っていきたいです^^
2009/02/15 | URL | めぐりんぼ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する