| Login |
2011/10/16

シリーズ記事 【イタリア経由 クロアチアへの旅】 目次へ
その9
イタリア : (5)  ドゥイーノ城 ― フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州


トリエステ市の方向に向かう途中でミラマーレ城(Castello di Miramare)の見学をすることにして車を走らせていたとき、目的地に近くなったころにチラホラと見える城がありました。

私の趣味に合った古城に見える。ミラマーレ城は19世紀の建築というので興味がなかったので、そちらのお城の観光をしたくなりました。

「Castello di Duino」と書いてある。「行ってみたい~」と言ったのですが、予定変更は認められませんでした。ガイドブックにも書いてないので大したお城ではないだろうというのが反対意見の理由。

地図で確認してみたら、この2つの城の間は14キロくらいだったのですね。


大きな地図で見る  (A) Castello di Duino   (B) Castello di Miramare

なぜか惹かれた城のシルエット。このドゥイーノ城に行けなかったのがとても残念に思いました。

クロアチアの滞在を終えてイタリアに戻ったときに同じコースをたどったため、またドゥイーノ城を示す道路標識が見える。

それで、今度はこの城に行ってみることになりました。旅行7日目のことです。


ドゥイーノ城 (Castello di Duino)

お城と呼ぶのにふさわしい風格を備えた城でした。



素晴らしい立地にあるお城です。海に突き出した土地に立っているこの城からの眺めは、実に美しいものでした…。海から城を眺めた写真はこちら

「ミラマーレ城よりは、こちらの方がずっと見学する価値がある」と、行く気にはならないでいた旅行仲間も同感していました。

ドゥイーノ城からの眺めです。



右手に写っている岩山には、もっと古い城の廃墟があります。

今年から見学できる、というようなことがイタリア語で書いてあったのですが、この日はクローズしていると言われました。どこから行けば良いのかと聞いた切符売り場の人はイタリア語しか話さないので、なぜ行かせてくれないのかまでは聞けませんでした...。

城の廃墟が好きなうえに、こんな岩山にどうやって行くのかにも興味があったので、とても残念...。

城の内部では楽器のコレクションが見事でした。素晴らしい海の景観とお城の見学だけでも満足できたのですが、庭園にbunkerがあるとのことなので、行ってみました。第二次世界大戦中にドイツ軍がつくったコンクリートの防護陣地です。

bunkerというものはフランスを旅行していると時々出会うのですが、日本語の訳語は「トーチカ」のようです。日本にも残っているのかもしれませんが、私は日本では見たことがありません。

一昨年ノルマンディー上陸作戦の舞台になった地域を旅行したときに嫌というほどトーチカを見ていたのですが、ここのは凄かった! よくぞこれだけ岩の中を掘ったと驚く規模なのです。

深さ18メートル、面積は400平方メートル。



洞窟の中にはナチスの遺品も展示されていました。




この城の長い歴史について書くのは省略させていただきます。下に入れる動画と情報リンクをご覧ください。



始めに登場してインタビューを受けているのは地元の歴史研究家、後半は城主のPrincess della Torre e Tasso。


ブログ内の関連記事:
青空を求めて岬に向かう 2009/11/09
*ノルマンディーで見たトーチカ

★ このシリーズ記事の目次: イタリア経由 クロアチアへの旅
目次: 旅行したときに書いたシリーズ日記のピックアップ

ドゥイーノ城に関する情報リンク
☆ 城のサイト: Castello di Miramare - Museo Storico

【イタリア在住者のブログ「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村・そしてもろもろ!」】
ドゥイーノのお城・トリエステの海に臨み (2011/07/20)
トリエステの海に臨み・ドゥイーノの城 2 (2011/07/21)
リルケの小道・ドゥイーノ・DUINO (2006/04/03)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



カテゴリー: イタリア | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
ドゥイーノのお城、この春に行った所でしたから、懐かしく拝見しました。 そしてたくさんのリンク有難うございます!

お城の中は見たのですが、そうでしたか、ブンケルは気が付かず、見ませんでした。大変な大きさなのですね。 あの日は近くの山の方で第1次大戦時のイタリア軍の塹壕をたくさん見たので、見たとしても気分が疲れたかもですが。

古いお城の方は、どうやら日にちが決まって申し込んでおかないとダメなようですね。私も一度あちらの方を見たいを思っているのですが。
2011/10/19 | URL | shinkai  [ 編集 ]
Re:
v-22 shinkaiさんへ

ドゥイーノ城について詳しく書いてくださっているのに喜んでリンクを入れさせていただきました。リルケの小道は、行ったときに意識したかどうかの記憶が残っていません。このあたりを散歩するのは素晴らしいだろうな、と思いました。

こんな風光明媚なところにbunkerというのは全く結びつかないな... と思ったのですけれど、このあたりは土地の争奪戦で、戦争の名残りもたくさん残っているのですね。

>古いお城の方は、どうやら日にちが決まって申し込んでおかないとダメなようですね。
⇒ そうなのですか。確かに、あんな道が厳しそうなところに、簡単に観光客を行かせるというのは信じがたい気がしました。
2011/10/20 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する