| Login |
2011/11/07

シリーズ記事 【パリとピカルディー地方の旅行】 目次へ
その10: パリ観光 (10) ストリートアートとトロンプ・ルイユ - 3


前々回の日記でストリートアートのことを書いたのですが、いまパリで一番人気があると聞いた落書きアーティストの作品に出会いました♪


Miss. Ticミスティック



これが今パリで有名なMissTic(ミスティック)が残した落書きなのだそうです。ムフタール街で出会いました。私が見つけたのはこれが初めて。

パリの街角に現れて、ポシュワール(ステンシルテンプレート)を使ってさっと壁画を描く女性がいるのだそう。「Miss. Tic」のサインがあるので分かります。

パリを歩いているとき、彼女の作品を作品を見つけるという楽しみにもなるようです。


Portrait de l'artiste Miss. Tic.



Ethics of Love - Miss.Tic


現代芸術には全く興味がないのですが、Miss.Ticが描く女性の姿は悪くありませんね。ミスティック自身もパリらしさを感じさせられます。

人気ものになったので、書籍も出版されているしステッカー・シールも売られています



私が出会った作品が気に入ったのは、猫が描かれているからでした。Miss.Ticは他にどんな猫の絵を描いているのか知りたいと思ったら、紹介しているページがありました:
Miss~Tic et les chats - Paris comme vous ne la regardez pas

流行には全くうとい私なので、Miss.Ticについても知識はゼロ。
彼女を紹介している記事へのリンクを入れておきます。

情報リンク
ファンの多い落書きアーチスト MISS TIC
パリの新聞OVNI: Miss.Tic — 落書きアートを始めて20年。
☆ オフィシャルサイト: MISS.TIC IN PARIS
☆ Wikipédia: Miss.Tic
Le Monde: Miss.Tic, tatoueuse de villes 16.04.2009
Procès de juillet 1997 à janvier 2000
Miss.Tic: «Je ne suis pas là pour dire: "On n’est pas toutes des poufiasses"»

ブログ内の関連記事:
パリでは壁の落書きが気になる 2011/11/05
★ このシリーズ記事の目次: パリとピカルディー地方の旅行
★ 目次: 画家、彫刻家、建築家の足跡を追って » ストリートアート
★ 目次: 旅行したときに書いたシリーズ日記のピックアップ

外部リンク:
パリのストリートアート


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
こんにちは、久しぶりです。。MissTic(ミスティック)検索でこちらに来ました。ここにある動画を見たらビュット・オ・カイユ地区の彼女の作品が出てきて、しかも彼女の制作風景も見れて理解が進みました。幾度にも及ぶ逮捕歴があり、1999年に有罪判決を受けた後は、許可を得たうえで作品を残しているらしいです。パリのストリートアートの中では高い作品性が感じられます。
2016/07/28 | URL | ETRETAT  [ 編集 ]
Re:
v-22 ETRETATさんへ

お久しぶりのコメント、嬉しいです♪

>1999年に有罪判決を受けた後は、許可を得たうえで作品を残しているらしいです。

フランス、特にパリなので、大目に見てもらっているのだろうと思っていました。1999年の判決は、建物のオーナーに約45万円もの罰金を支払うというものだったとは驚きです。それに関して書いてある情報リンクを3つ加えておきました。

道路標識に落書きをするのは、いくら洒落ていても、事故につながる危険があるので罰せられても仕方がないと思いますけど...:
http://otium.blog96.fc2.com/blog-entry-2328.html
2016/07/28 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する