| Login |
2011/12/20
年末が近づいたので、パソコンの方も大掃除しましょうというわけなのでしょう。PC情報メルマガではパソコンの大掃除特集が目立ちます。

パソコンのPCの動きが遅くなったときには、レジストリがくるってしまっていて、存在しないファイルをグルグル探しているのが大きな原因だろうと思います。でも、レジストリなんかをいじるのは怖い。第一、どこがおかしいのかなどというのは素人には特定できません。

それをしてくれるソフトがあることは知っていたのですが、無料でダウンロードでき、しかもかなり優れているのがあるというのに気をひかれました。


グレーリー・ユーティリティーズGlary Utilities

日経PC Onlineサイトにあった「Cドライブの大掃除で軽く速く」シリーズの中で紹介されていた「グレーリー・ユーティリティーズ」というフリーソフト。

フリーソフトなどというのはPCに悪影響を与えないかと不安になるのですが、PC専門サイトが推薦しているのなら大丈夫そう。

普通の知識では手をつけられないPCの奥の方にあるゴミの処理をしてくれます。無意味にできてしまったレジストリ、リンクが切れているショートカット、持っていても何の役にもたたないエラーメッセージや履歴などのファイルを探し出して捨ててくれます。

その他、スパイウェアの除去、PCを捨てる前にしたいファイルの完全削除、重複しているファイルの検出など、便利な機能もあります。

対応しているのはWindowsで、2000、XP、Vista、7。


さっそくソフトをインストールして、試してみました。たいていの場合には削除する前に、何を消すのか確認できるので安心。しかも、非常に単純で使いやすい。

いらないデータって、恐ろしくたくさん入っているものなのですね。どうしようもないほど動きが遅かったWindows XPまで、何とか使えるではないかというスピードになりました。

操作も早いので気に入ってしまい、何台ものPCをお掃除して遊んでしまいました。

賢くて、ほれ惚れしてしまうほどソフト。しかも無料でダウンロードできてしまうなんてスゴイ!


インストールするときにした私の選択
  • インストールするソフトは2つの中から選択するが、100% freeware のほうをダウンロードする。
  • 使用許諾書に同意した後で出てくる「Install Ask Toolbar」の画面では、インターネットで外国のツールバーを使う必要はないので、左下にある2つの窓からクリックを外してから「次へ」をクリックする。


使い方のポイント
  • ソフトのインストールが済んでGlary Utilitiesが起動したときに開く「1クリックメンテナンス」の画面では、「痕跡の消去」にはクリックが入っていない。クリックすれば、何を消したいのかを選べる画面がでるので安心。
  • 「一時ファイルクリーナー」はディスククリーナーの簡易型らしいので、モジュール「ディスククリーナー」も行う。
  • 掃除がすんだらデフラグをすると、かなり容量が増える。


レジストリをいじる、特に削除してしまうなどというのは怖いのですが、何台かのPCでやってみた結果ではおかしくなったものはありませんでした。

優れものと感心したソフトですが、「これが壊れたら困る」というPCにはインストールしていません。作業を行う前にファイルをバックアップしたり、復元ポイントを作ったりするのは面倒なので。

Glary Utilitiesに関する情報
Glary Utilitiesのダウンロード、インストール
フリーソフト100: Glary Utilities の使い方・詳細
ダウンロードページ(窓の社): Glary Utilities


ブログでソフトを紹介してしまうのには責任を感じるので、Glary Utilitiesは安心して使えるのか少し調べてみました。

フリーソフトを評価する掲示板をみたら、たいていの人は褒めているのですが、PCが使えなくなってしまったと報告している人もあるのでした。確かに、壊れたらPCが動かなくなるレジストリの削除に関しては、あまり詳しく説明が出てこないソフトかもしれません。


シークリーナー(CCleaner)

無料でダウンロードできるクリーナーソフトの中で、定番はCCleanerだ、という人がいました。レジストリのクリーニングについては、Glary Utilitiesが劣るとの報告。

どんなソフトか試したいのでインストールして使ってみました。レジストリの削除に関しては、こちらの方が安全性を重視している感じがしました。ただし、PCを早く動かすために捨てるという点では、Glary Utilitiesの方が色々なものがあって面白いです。CCleanerは、あくまでもクリーナーで、私には少しもの足りなかったです。

CCleanenに関する情報
フリーソフト100: CCleanerの使い方・詳細
PC Online: システムの“ゴミ”を一掃する
PC Online: システムをクリーンアップして最適化
PC Online: 愛機がまだまだ使える、パソコンを「速く」するソフト
やはり、こちらもお掃除しすぎると問題が発生するようですので注意が必要なようです。これを削除するだけなら大丈夫という報告がありました:
取り扱い注意「CCleaner」 


復元できないファイルを取り戻すソフトもあった

同じファミリーなのか、ゴミ箱から削除してしまったファイルなど、普通ではできないファイル復元ができるソフトもありました。これをやってくれる有料サービスの宣伝は見たことがあったのですが。

Glary Utilitiesと同じなら、こちらも優れものなのだろうな...。消してはいけないソフトを消してしまったこと、むかし一回やって真っ青になったことがありました。あの時は諦めましたが、この次にやったらソフトを試してみようと思います。

というか、暇なときに、もっと優れたフリーソフトがあるのか調べて、本当に拾い出せるのか実験してみようっと。

Glary Undelete  ~ダイナミックボリュームにも対応する、シンプルで使いやすいファイル復元ソフト

ファイルを削除すればなくなると思うけれど、ちゃんと残っているのを取り出せるわけなのですね。そうやってとっておいてくれるから、PCを使っているとどんどん容量がなくなっていくわけなのです。

ちなみに、Glary Utilitiesの方には完全にファイルを消去するというのもありました。でも、なぜかエラーが出て消えてくれないデータもあったので、どうなっているのか、よくわかりません。


ブログ内の関連記事
気に入ったフリーソフト:
パノラマ写真を作る無料ソフト: Windows Live フォトギャラリー 2011/11/24
反応がおかしくなったマウスが修復できた♪ 2010/06/18
★ 目次: パソコン用ソフトウェア、iPhoneアプリについて書いた記事




にほんブログ村 トラコミュ フリーソフトへ
フリーソフト



カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する