| Login |
2011/12/29

シリーズ記事 【イタリア経由 クロアチアへの旅】 目次へ
その25
イタリア: (13-1) イタリアで気になったもの
― ロンバルディア州


イタリア北部にある湖水地方が好きなので、旅の中継地点としてDesenzano del Garda(デゼンツァーノ・デル・ガルダ)という町に1泊することにした日のことです。



ホテルに荷物を入れた後、まずは夕食をするレストラン探し。賑やかな界隈を外れたところに、迷わず入りたくなる店構えのレストランを見つけました。



パティオと呼ぶのでしょうか? 中庭がレストランになっています。

ブドウ収穫の季節だったので、井戸にはブドウの葉が飾りにつけられています。

扇風機が置いてあったりしてゴチャゴチャなのですが、その気取らない雰囲気が気に入りました。四方を囲んでいる建物は古いらしくて、彫刻のある石の窓枠などを見るのも楽しい。


こんな道具が欲しい

エビが入ったスパゲッティは、こんな風に出てきました。



エビやカニの殻を割る道具が気に入りました♪



それまで見たことがあったのは、こんな道具でした。

(1) 普通の形(2) ハサミ

(1)は普通のタイプ。こういうのを私も持っています。

(2)は殻を切るハサミ。なかなか便利ですが、これを食卓で出したら味気ないのが欠点。

湖畔の町にあったレストランで出てきたのは、殻をわる部分の上に小さなピンセットのような部分がついていました。海老の細い脚につまった部分を取り出すのに便利。

さすが、イタリア人って賢いな~! フランスでは見たことがなかった... と感心。

でも、この道具を手にとってよく眺めてみたら、ドイツ製だったのでギャフン... でも、簡単に意見を変えてしまう単純な私...。

ドイツ人って、賢いんだもんな~!



ブログ内の関連記事:
★ このシリーズ記事の目次: イタリア経由 クロアチアへの旅
目次: 旅行したときに書いたシリーズ日記のピックアップ
目次: 食材と料理に関して書いた日記のピックアップ


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する