| Login |
2012/01/18

シリーズ記事 【イタリア経由 クロアチアへの旅】 目次へ
その40
コート・ダジュール (2-2) ヴィラの見学


この日、2番目に訪れたヴィラは、Villa Ephrussi de Rothschildエフルッシ・ド・ロスチャイルド邸)でした。



この豪勢な館を建てたのはベアトリス・ド・ロスチャイルド(Béatrice de Rothschild)男爵夫人。

ベアトリス(1864-1934年)は、名前が示すように、銀行で財をなした大富豪ロスチャイルド一族の娘です。

彼女は19歳のとき、ロシア出身の富豪Maurice Ephrussiと結婚したので、その苗字が加わってEphrussi de Rothschild夫人となりました。

夫は彼女より15歳も年上でした。しかも、彼女は夫からもらった病気のために子どもが産めない体になってしまいます。さらに、夫は博打に溺れて膨大な借金を作ってしまいます。

心配したロスチャイルド家では、裁判にもちこみ、二人を離婚させます。結婚してから21年がたっていたときのこと。

その翌年、ベアトリスの父親が死亡し、ベアトリスには莫大な財産が転げ込みます。上流階級の保養地として名高かったコート・ダジュールのカップ・フェラに7ヘクタールの土地を得て、このヴィラを建てさせました。

当時は離婚が白い眼で見られたので、ベアトリスは夫の名はつけたままの苗字を使ったようです。それで、館の名前もEphrussi de Rothschild邸と呼ばれるわけでした。


ロチルドロスチャイルドロートシルト...

書きながら、ふと気になったことがあります。

日本語ではロスチャイルドと表記される「Rothschild」は、フランスにいると「ロチルド」と聞こえます。

私がRothschildという名を聞いて思い浮かべるのは、ロマネ・コンティと並んで有名なMouton Rothschildという高級ワインのブランド名です。

これも私は「ムートン・ロチルド」と呼んでいるのですが、日本では「ムートン・ロスチャイルド」と呼んでいたかな?...

確かめてみました。

すると、日本でワインを売るときには「ムートン・ロートシルト」という名が付いているのでした。

今まで気にしたことがなかった!

ロートシルトというのは、ドイツ語の発音なのだそう。

Googleで「Rothschild」をフランス語とドイツ語で発音させてみますね
枠の右下にある音声マークをクリックしてみてください。

ロスチャイルド家はドイツの家系だとしても、フランスのボルドーのワインとして売っているのに、なぜフランス式の発音で「ロチルド」という日本語表記にしなかっただろう?... でも、そんなことを調べていると、見学したヴィラのことが書けなくなるので止めておきます。
 
この邸宅の名前も、フランスで通用する発音にはしないで、日本の観光案内で通用している片仮名表記にしてしまったのだし...。


エフルッシ・ド・ロスチャイルド邸

使いきれないほどの財産がありながら、それほど幸せにも見えないベアトリス。エフルッシ・ド・ロスチャイルド邸も、心のやり場を求めるために贅を尽くした館のように私には見えてしまいました。


エントランスを入った広間

コレクションはお見事。特に磁器のコレクションは、専門の博物館よりも充実しているのではないかと思うほどでした。

でも、何となく、手当たりしだいに気に入ったものを集めただけ、という感じがしないでもありません。ここを見学する前に行ったヴィラ・ケリロスとの対比があったからかもしれません。

ヴィラ・ケリロスの方は、ギリシャに憧れた人が隅々まで計算して作り上げた情熱が感じられるのに対して、こちらは、どこかものたりなく感じました。

同じように富豪のコレクションという点からいったら、私はパリのジャックマール=アンドレ美術館の方がずっと好きです。この美術館は、私の趣味を表現してくれたようなコレクションですので。

ただし、エフルッシ・ド・ロスチャイルド邸は地中海を見下ろす高台にあるので、眺めは素晴らしいです。



庭は、フランス式庭園、スペイン式庭園、フィレンツェ風庭園などからなっていて、日本庭園もありました。フランス式庭園では、音楽に合わせて噴水が踊る趣向もあります。

エフルッシ・ド・ロスチャイルド邸の様子を見せる動画を入れておきます。






Villa Ephrussi de Rothschild - Emission "Des racines et les ailes" - 2008

― 続く ―


ブログ内の関連記事:
★ このシリーズ記事の目次: イタリア経由 クロアチアへの旅
目次: 旅行したときに書いたシリーズ日記のピックアップ
古代ギリシャの建築を再現したヴィラ・ケリロス 2012/01/17
お気に入りのミュゼ: ジャックマール=アンドレ美術館 2010/12/30

情報リンク
Villa & Jardins Ephrussi de Rothschild オフィシャルサイト
☆ Wikipedia: Villa Ephrussi de Rothschild
Villa Ephrussi de Rothschild - Emission "Des racines et les ailes"
☆ MMM: ヴィラ・エフルッシ・ド・ ロスチャイルドとヴィラ・ グレック・ケリロス


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する