| Login |
2013/01/21

シリーズ記事目次【2013年1月: 長野旅行記】 目次へ
その1


偶然ってあるものなのですね。

少し前に「ブルゴーニュにあるメンヒル 」と題して日記を書いたら、長野にある道祖神のことをコメントで入れていただいて、どんなものか見てみたいな... と思っていたら、本当に見ることができたのです♪

しかも、少し変わった道祖神でした。


芦ノ尻の道祖神



ワラでできた大きな顔。

1998年に長野で開催された冬季オリンピックでは、開会式のパフォーマンスにこの道祖神が登場して有名になったようです。

当時のビデオを見たら、記憶が戻ってきました。



フランスの友達に「長野に行く」と言うと、「冬季オリンピックが開かれたところね」という返事が返ってくるのです。オープニング・セレモニーにインパクトがあったから記憶に残っているのかな?...


気になったのは目と鼻と口の形

お正月の松飾りに使われた注連縄(しめなわ、って、こんな感じを書くのですね)を1月7日に持ち寄り、それで1.5メートルの高さがある石碑を芯にして顔を作るのだそうです。

次の年まで飾っておくので、目鼻が歪んでしまったら整えたりして1年間飾り、新しい年になったら、また作り直す。前の年のを取り外してから出来上がるまで、2時間くらいとのこと。

正月飾りを小正月に燃す伝統が各地にあり、九州でそれを見たことがありました。ここのは1年飾っておいて、それから燃すのですね。

この風習が始まったのは明治の初めとのこと。誰かが、いたずら心でアイディアを思いついたのではないでしょうか? なんとも愛嬌のあるお顔です。



右手にある四角いものは酒樽なのだそう。

眉毛や髭は、正月の飾りものを使ったと分かるのですが、丸い部分が気になりました。

地元の人に聞いてみたら、飾り物に器があるので、それを使っているとのこと。頭の部分は、それをほぐして広げているとの説明。

目や鼻の部分を広げれば帽子の形になるというのは分かるのですが、お正月の飾りに丸い器にしたものがあるというのが、私にはピンときません。

気になったので、「正月 飾り しめ縄」をキーワードにして検索したのですが、それらしき物が出てこない。

それで、キーワードを「しめ縄」から「藁」に代えてみたら、しめ、しめ!、出てきました♪

この道祖神がある集落の農家が、わら細工名人のおじいさんたちに作り方を教えてもらったという報告のブログ。それなら、本物です♪
☆ 農楽里ファーム: わら細工

コヤスというものと、オオヤスというものがあるのだそう。

オオヤスと呼ばれるものの形を見ると、これが道祖神で利用されているように見えました。この形だと、丸くしたまま使ったり、伸ばしたりして道祖神の顔ができますね。

気になってしまったので調べまくったのですが、努力の甲斐がありました♪ 名称が分かったら、あとは調べられます!

正月の飾りとしてお供えを入れる器で、今でも信州では各地で使われているもののようでした。飛騨高山の記録にもあったけれど、今は消滅しているような感じがある。


道祖神たちが見ていた景色

道祖神の裏側に回って、彼らが眺めている景色がどんななのかを見てみました。



山並みは北アルプス?
村人たちは、こんな眺めの良いところに道祖神を並べてあげたのですね...。なんだか、しんみりしてしまいます。


気に入ったので、もう2つ動画を入れておきます。







情報(外部リンク):
芦ノ尻の道祖神祭り ユニークな顔をしたムラの守護神
芦ノ尻の道祖神
☆ 民俗語彙データベース: オヤス
☆ 松本市立博物館 オヤス
オヤス
☆ Wikipédia: Dōsojin
☆ Wikipedia: 左義長



カテゴリー: 日本 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する