| Login |
2013/03/30
今年は寒いとはいえ、もうそろそろ森には黄水仙の蕾が膨らんでいるかと思って出かけてみました。



いつもの年なら地面がお花畑のようになっているのに、冬のままのような景色...。

でも、水仙の花畑を発見♪

森に生えている水仙の葉は少し青みがかった緑色なので、遠くからでも見えます。しかも黄色い花が咲いていれば、かなり遠くからでも見つかるのです。


黄水仙はもう咲いていた!



まだ固い蕾だろうと思っていたのに、咲き出していました。

野生の植物は、天気予報で「今年は例年より寒いです」などと聞くわけではないので、思い思いに花を咲かせるのでしょうね。

でも、天候が例年と異なると、花が咲く順番が狂うみたい。いつもなら黄水仙より先に花を咲かせるシラー・ビフォリアはまばら。白いアネモネにいたっては全く見かけませんでした。

黄水仙は生命力が強い植物なのかな?...

とはいえ、過去の日記を眺めてみたら、3月末といえば、黄水仙の花が残っているかどうかと思いながら探しに行く時期なのだと分かりました。

今年は、いま咲き出した、というところ。



開いていても咲いたばかりの様子。このくらいの時に花を探しに行くのが最高です。

家の中の花瓶に挿しておけば、すぐに花が開くので、蕾を選んで摘みました。

少し散歩しただけなので、見つけた花畑は2カ所だけ。でも、十分すぎるくらいにとれました。

翌日の夕方、食事に招待した友達が幾つもの花瓶に入った黄水仙に目をとめました。

まだ摘みに行っていないのだそう。

というか、以前に住んでいたバスク地方では黄水仙が保護されているのか、ここらへんでも摘んではいけないのだと思っていたのだそう。フランスの地方によって保護規制が異なるのでしょうね。

彼女からはお土産にバラの花束をいただいたので、お返しに黄水仙をどっさりあげました。私は、また森に花を探しに行く機会があるだろうし。

ブログ内リンク:
★ 目次: 森に咲く春を告げる花々
★ 目次: フランスの田園に咲く野生のラン
総目次: テーマおよび連続記事ピックアップ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 植物 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する