| Login |
2013/04/25
ふと窓の外を見ると、薄暗くなった木々の間に大きなオレンジ色の円盤が見えます。

庭に飛び出して眺めてみました。



街灯の明かりもオレンジ色なのですが、こんな位置にはなかった。
写真の左の方には街灯の明かりが小さな点になって写っています。

月?... 満月の月なのだろうと確信するまでに少し時間がかかりました。月とは思えないくらい巨大な大きさ、しかも濃いオレンジ色だったからです。

21時を過ぎたばかりのとき。まだ日は長くなりきっていなくて、この時間くらいに日没の時期ですね。



月を眺めるときには、対象物がある地平線に近いときに大きく見えるのだそう。思い出してみると、びっくりするくらいの大きさの月を見るのは、いつも地平線から登るときですね。

時々出くわすので写真に撮ってみるのですが、写真だとびっくりするほど大きいようには全く見えない!

地平線近くにある月を見たときの記憶をたどると、いつも黄色かオレンジ色。白いということはあったかな?...

ギリシャでクルージングをしたときに見た、水平線に近いところに見えた大きな月も印象に残っているのですが、あれも、鮮やかな黄色かオレンジ色でした。

でも、今日の月は、太陽かと思ってしまうほど濃いオレンジ色でした。


調べてみたら、この4月25日は満月でした。


ところで、毎年イースター(復活祭)の日が変わるのは、3月21日(春分の日)の後、満月の日の後の 日曜日と決められているから、と聞いていました。

今年のイースターは3月31日(日)でした。

その直前の満月(3月27日)には全く気がつかなかった...。

その日に何をしていたかと写真アルバムを見たら、黄水仙を森に摘みに行った日。その後に見た見事な十字架の写真は曇り空がバックになっているので、その夜には月が見えなかったのだろうと思います。

ブログ内リンク:
★ 目次: 空や天気に関する記事(虹、太陽、月、空、雪など)
★ 目次: フランスの祭日・年中行事について書いた日記

【満月について書いた過去の日記】
太陽と月のランデブー 2009/01/09
 ⇒ 月に興味を持って調べてみました 2009/01/11

外部リンク:
Phases de la lune


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 四季、自然 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する