| Login |
2009/05/08
ここのところ2回の日記で、パリから遠くない町にある森で、「森のヒヤシンス」やスズランの花がたくさん咲いていたことを書きました。

書いたのは次の日記:
パリ近郊の森で見つけた「森のヒヤシンス(ブルーベル)」 2009/05/04
パリ近郊の森で摘んだスズランの花 2009/05/06


森があるのは人口1万人を超す町。人口が集中しているパリから休日を過ごしに来る人も多いだろう、と思われる場所にある森です。それなのに、おびただしいほど野生の花が咲いていたので驚きました。

どうしてなのだろう?・・・


シャンティイの森

私がスズランの花束を作ったのは、シャンティイ町の森です。

森の中の道路の交通量も多いのに、どうしてこんなに花が咲いているのだろう? と思ったとき、この森の入り口で出会った風景を思い出しました。

乗馬するために森に入る人


シャンティイはパリ国際空港に近い位置にあり、みごとなお城があります。

私が住むブルゴーニュの統治者でもあったコンデ公の城だし、国際空港に行く機会も多いので、よく立ち寄る城です。

Les grands écuries

「あら、シャンティイ城って、立派ね!」、とは思わないでくださいね。
上の写真は、お城に付属する馬小屋の建物です。

お城の方は、こちらです ↓

Château de Chantilly

右手に見える尖塔がある建物は、フランス革命で破壊されて、19世紀に再建された部分です。でも、中は立派なコレクションがある美術館になっています。

最近、大金持ちのメセナがついて、大修復工事中です。20年かかるとか。
Château de Chantilly


馬が森の土地を肥やしているのではないか?

立派な馬小屋があるところには、大きな競馬場があります。
Hippodrome Chantilly

馬小屋には「生きた馬の博物館」というのもあって、お城や馬小屋に続く広い森では、いつも乗馬している人たちの姿を見かけます(一番上に入れた写真のように)。森の広い道では馬の競技をすることもあるらしくて、馬が走りやすいように砂が撒かれてもいます。

馬のフンは肥料になりますよね? 家庭菜園を作っている友人たちも、馬のフンのコヤシを春先にまいています。

というわけで、シャンティイの森にたくさん花が咲いていたのは、馬がよく来ているからではないか、と思ったのでした。

もしかしたら、パリの人たちが気楽に行けるようなところにある森も同じなのかも知れませんが、このあたりまで旅行して森を散策してみることなどないので比較できません。森なら、我が田舎にいくらでもありますから、パリに行ったときに森を散歩することなど、とても少ないのです。

もし、ご存じの方があったら、パリ近郊の森はどこでも、たくさんスズランが咲いているのか教えてくださいますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 植物 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
うわぁ!
シャンティイ城~~、行きたかったけど行けなかったお城です。(涙)
馬小屋でも立派です~、さすがシャンティイ城!
馬のフンは立派な肥料ですよね。森の綺麗なお花もこのおかげかもしれませんね~。
パリ近郊の森、私も興味あります~~、誰か~教えてください~!(願)
2009/05/09 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
なるほど、馬の糞が!それは理由にありそうですね。自然循環とはうまいですね。

パリの旅行中、ベルサイユ宮殿は行かなかったのですが、このお城に行って、すっかり満足したのを憶えています。お写真が見れてとても嬉しいです。

この前の日記で、すずらんをホテルで生けたお写真がありましたね。ホテルの一室がぐんとイメージが変わりますね。しかもその後10日ももったとは、新鮮なお土産になりましたね♪
2009/05/10 | URL | chiaki@静岡  [ 編集 ]
Re: うわぁ!
v-22pepe犬さんへ

>馬小屋でも立派です~、さすがシャンティイ城!

⇒ 当然ながらヴェルサイユ宮殿の馬小屋も立派ですが、建物が2つに分かれているので、シャンティイの方が立派に見えます。この時代、お馬さまはこれだけ大切にされていたのだな・・・ なんて感無量になってしまいます!

>シャンティイ城~~、行きたかったけど行けなかったお城です。(涙)

⇒ あら、いらっしゃれなかった? でも、パリから日本行きの飛行機に乗るとき、中途半端な時間を過ごすために行くには便利な場所にあるので、いつかいらっしゃる機会があると思いますよ。今は大々的な工事中。久し振りに馬の博物館を見ようと思ったのに、工事で閉鎖中でした。もう少したって工事が落ち着いたときにいらっしゃるのが良いと思います。
2009/05/11 | URL | Otium  [ 編集 ]
v-22chiaki@静岡さんへ

>パリの旅行中、ベルサイユ宮殿は行かなかったのですが、このお城に行って、すっかり満足したのを憶えています。

⇒ 気に入ってくださったとは、とても嬉しいです♪ お城の修復を助ける保存会のメンバーになっているので、そう思ってしまいました。ベルサイユ宮殿も良いのですが、余りにも大きすぎるし、観光客も多すぎるので、お城を満喫する感激は少し薄れますね。

>この前の日記で、すずらんをホテルで生けたお写真がありましたね。ホテルの一室がぐんとイメージが変わりますね。

⇒ ホテルに泊まるのは味気ないですが、途中で摘んだ花をがあるときには慰めてもらえます。どんなつまらない花でも、野原に咲いている小さな花をホテルの部屋に飾るのは好きなのですが、スズランは香りも良いので嬉しい花束です。
2009/05/11 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する