| Login |
2014/05/01
友人が遺産相続した家の掃除をしていたら、屋根裏部屋の壁に、骨董品として価値がありそうな彫刻が埋め込まれているのを見つけました。教会にあったと思わせるような石の彫刻...。

何を意味する場面なのか勝手に想像して記事を書いたのですが、その1年後、重大なヒントになるようなことを教えてくださるコメントが入りました。偶然にも、相続した家は売りに出した友人が彫刻を取り外して家に運び込み、プロの鑑定士に査定してもらったと聞いたばかりのときでした。しかも、その友人がコメントをいただいてから数時間後にやって来たので、鑑定士がどのような解釈をしたのかを聞くことができました。

その解読結果をご紹介しておこうと思ったのですが、コメントでいただいたキリスト教での数字と花の意味に興味を持ってはまってしまい、そちらに脱線してしまいました。

解読って面白い! もっとも、疑問を持つと、どんどん疑問が増えていくので、途中で諦めなければなりません。

この関係で調べてメモしたことを書いた記事へのリンクを入れた目次を作っておきます。



彫刻との出会い:
友人が遺産相続した家で見つけた宝物
2013/06/09
何を表している彫刻なの?】
2013/06/12
トピックス:
  • Christ de pitié
  • Christ aux liens
  • Christ aux plaies
  • 4つの花弁の花
  • パッション
イコノグラフィー - キリスト教における数字と花が持つ意味
 
屋根裏部屋にあった彫刻の解読 - 続き
2014/05/03
トピックス:
  • 4つの花弁の花
  • 天使の階層は9つある
  • セラフィム
  • 3は三位一体、信仰・希望・愛を表す
  • 「天」を象徴する3に、地を象徴する4を加えた7も完全数
  • スミレの花弁は5枚

 
キリストの受難と薔薇の関係
2014/05/04
トピックス:
  • Plaies du Christ
  • キリストが十字架にかけられた負った傷は5つ(両手首、両足、わき腹)
  • 花弁が5枚の薔薇は、roseなのか、églantineなのか?
Rose BVA

 
エグランティーヌと呼ばれる野バラ
2014/05/05
 
トピックス:
  • 花弁が5枚ある野生のバラ: Églantier / églantine、イヌバラ、ドッグローズ
  • シューベルト作曲『野ばら』の歌詞

 
受難を意味するパッションフラワーの不思議
2014/05/06
トピックス:
  • fleur de la passion
  • パッションフラワー、トケイソウ
  • キリストの受難のシンボルを備えた花
  • 16世紀にスペイン宣教師たちが南米で発見した花


カーネーション? なでしこ?
2014/05/07
トピックス:
  • パッションフラワー、トケイソウ
  • ナデシコ、カーネーション
  • キリストの受肉・受難のシンボル
  • シャルトルーズのナデシコと薬草酒
屋根裏部屋にあった彫刻の鑑定結果

屋根裏部屋で見つかった彫刻を、アンティーク鑑定士はどう解釈したか
2014/05/10

トピックス:
  • 聖グレゴリウスのミサ
リビングルームに収まった彫刻:

やっと鎮座できた聖グレゴリウス
2016/05/14



西洋絵画には読み取るべき寓意があって、その謎解きは面白いと思います。その楽しさに初めて触れたのは高階秀爾さんの『名画を見る眼』だったと懐かしく思い出します。



ブログ内リンク:
★ 目次: フランスで感じるキリスト教文化
★ 目次: 宗教建築物に関する記事
★ 目次: サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路に関する日記
総目次: テーマおよび連続記事ピックアップ

外部リンク:
聖書と絵画・名画 有名な物語の解説
名画を読み解くアトリビュート
☆ 東大シケプリデータベース: キリスト教図像学
☆ Wikipédia: Portail du Catholicisme


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村