| Login |
2014/05/17
今年のフランスは、冬には雨ばかり降っていて、その反動からか、春は雨が少ない。ここ3カ月近く、雨が降っても、ほんのお湿り程度で止んでしまいます。

庭の植物を見ていると、水分が好きな植物と、逆に乾燥しているとちっとも背が高くならない植物とがあって、それぞれの好みが見れるので面白いです。

雨が降らなくて健康そうなのはイチゴ。栽培用の野イチゴ苗、道端でとってきた野イチゴの苗、普通のイチゴが野生化したものが混じっている一角があるのですが、みごとに実を付けてくれます。雨が多い年だと、ナメクジに食べられてしまって、人間用はなくなってしまうのですが。

家の壁に這わせているブドウも、こんなに実がなるのを見たことがあったかな、と思うのど実を付けています。ブドウの木は実がなってから小さな花を咲かせるので、花と言えばよいのか、実が付いたと言えばよいのか分からないのですが。




ブルゴーニュワインになるブドウ畑も元気そう...。

通りかかったので車を止めて眺めたジブリのワインになる畑です ↓



こちらも、実を付けていました。



ここ数年、天候に恵まれなかったフランスのワイン。今年は良い年になってくれるように期待していました。ところが、今年は天候に恵まれていないのだそう。

ワインを買いにいった醸造農家のご主人は、「今年は難しい年になる...」と言っていました。

ブドウは「厳しい天候に痛めつけられた方が良いワイン」ができると言う人もいたのですが、ここのところ、ブドウの木が嫌いな天気になっているとのこと。

へぇ、そういうのがお嫌いでしたか?...
私も嫌いですけど、ブドウの木も嫌いとは知らなかった!

続く...

 シリーズ記事: ワイン農家を訪問して


  

ブログ内リンク:
★ 目次: 今年のミレジムは? (ブルゴーニュ・ワイン)
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する