| Login |
2014/08/12
家庭菜園での野菜収穫が本格的になってきました。

豆ができない枝豆

私が日本から持ってきた種の枝豆は、フランスには無いものなので、友人たちの人気を集めています。

 

前にも大豆をフランスで育ててみたことがあって、この葉は何の野菜だろうと、いつも野菜作りの達人と自称している人たちから聞かれていました。

どうやって食べるの? と聞かれて、グリーンピースみたいに食べるけれど、もっと美味しいのだ、と説明。でも、グリーンピースは鞘からだして茹でるけど、枝豆は鞘ごと茹でるのだと思い出して、慌てて調理法を付け加える。

入れた写真は1カ月前に撮影したものなので、今はもっと大きくなっています。

花は咲いたのですけど、いつになったら豆になるのかな?... ひょっとして、葉ばかり立派に大きくなるのって良くないのかもしれない。 野菜栽培には全く音痴の私。でも、種から葉が元気に伸びたのは喜んでおります。以前に種を蒔いたときは、土地が貧しかったのか、哀れな姿だったので、この育ち方は立派です♪
 
フランス人たちに枝豆を食べさせて、美味しいでしょう~? と自慢したいのだけれど...。


サヤインゲンが豊作すぎる

ここのところ、収穫と下ごしらえに戦っているのはサヤインゲン。 ある日、時間を測ってみたら、収穫2時間、ヘタ取り2時間、茹でるのに2時間でした。3日~5日おきに行くだけなので(雨が降ると畑にはいかないため)、やっていられますが。



自営業をやめた近所の人が、使わない土地7ヘクタールにトラクターを入れて耕したので、そこを使わせてもらっています。畑を使いたいという希望者は少なかったらしくて、半分は雑草が生えたまま。

そんなに育たないだろうと思ってたくさんサヤインゲンの種を蒔いたら、元気に育ってしまったのでした...。

ご近所に分けてあげたいけど、みんな家庭菜園を持っているので、定番のインゲン豆なんて希少価値が薄いので遠慮。それに、近所の親しい人に家に持って行くと、おつまみ付きで食前酒をごちそうになって、おしゃべりがはずむと「ごはんを食べていらっしゃいな」になって、とても時間がかかってしまうので、これも避けたい...。

ときどきは1キロくらい欲しいと言ってくれる人がいるので助かります。家庭菜園では無農薬なので、店で売っているのと違って美味しいと言われると嬉しい。

友人たちは口をそろえて、サヤインゲンを冷凍にして保存すると不味いとアドバイスしています。だからといって、みんながしているように瓶詰の保存食を作るのも面倒だし、冬だからといって瓶詰の野菜なんかを食べたくないので作る気が進まない。


それで、せっせと、毎日、食べております。
朝食はとらないので、昼食と夕食には絶対にサヤインゲンを食べる!

といって、いつも同じ味で食べるのは辛い。食べるたびに何かしら趣向を凝らして、味と見た目が違うサヤインゲンにしています。

冷たいまま食べるには、毎回ソースを変えるサラダ(他に何か野菜を入れたりしてバリエーションをつける)、日本風に胡麻和え。炒めものも色々。オムレツもグリーンピースの形にしたサヤインゲン入りにしてしまう。

魚のカルパッチョに添える野菜も、サヤインゲンにしてしまいました ↓

 

写真を眺めると、厚ぼったく切っているのがばれてしまいますね...。

サヤインゲン入りカルパッチョなんて変な料理ですが、フランスでイタリア式のドレッシングというやり方(フランスのように混ぜてドレッシングを作らないで、同じものをかけるだけ)が良くあって、けっこう美味しかったです。

ちなみに、この写真を撮ったのは、「刺身用マグロ」というに初めてであって食べてみたからでした。刺身用といってもトロではなかったのですが、筋がなくていつも普通に買っているマグロよりずっと美味しかったのでした。


巨大なカボチャ

近所の人たちからもいただくので、食べきれないほどの野菜をひたすら消化する毎日...。

変わったものをいただくのは嬉しいですが、こんな大きなのをどうやって食べるの? と言いたくなるようなもいただきました。

ご近所の家の畑でとれた巨大がカボチャです ↓



フランスのカボチャには色々な名前があるのですが、これはCitrouilleと呼んでいたように思います。なんだか美味しくなさそうに見える。そもそも、大きすぎますよ...。くり抜いてハロウィンの飾りにするカボチャなのでしょうが、食べられると言われました。

黄色いので庭に落ちた満月のようだったのですが、1週間くらいたったら橙色に変わってきました。 


この日曜日は、友人たちが食事会を開くというので行ったのですが、ここでもまた、野菜畑で収穫した産物がたくさん出てきました。

続きへ: 持ちよりの食事会で食べたもの

ブログ内リンク:
フランス人はサヤインゲンを緑色に煮ない 2006/07/20
★ 目次: 食材と料理に関して書いた日記

外部リンク:
フランスの南瓜(かぼちゃ)いろいろ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する