| Login |
2014/09/21
前回の日記(ポマール村で見たもの)で書いたポマールのブドウ畑は、今年の6月末に降った雹で大きな被害が出たと聞いていました。

ポマール村のあたりで車を走らせながら見ていた限りでは、そんなに被害があったようには見えなかったのですが、中にはすさまじく哀れな姿になっているブドウ畑もありました。

被害が見える場所ではうまく車を止められなかったので、雹が降った翌朝に通りかかったブドウ畑と同じところに行ってみることにしました。

6月29日に撮影したブドウ畑です ↓


コート・ド・ボーヌを襲った雹の被害 2014/07/06


ここだったと思う地点で車を降りました。

やはり、哀れな姿になっている...。



ブドウの房は見えなかったのですが、収穫が終わったからというわけではないでしょうね。こんな哀れな葉がついている状態だと、収穫は全くできなかったのではないでしょうか?

でも、しげしげと眺めてみると、けなげにも実を結んでいるのもありました...。



ところで、ここはボーヌの町はずれかと思っていたのですが、GPSで見るとボーヌ市でした。

コート・ドール県にあるアペラシオンの中で、「ボーヌ」は最も広い面積を占めているのだ(652ヘクタール)、と教えてもらったばかりでした。ボーヌというと町を思い浮かべてしまうのですけど、ブドウ畑も広いのですね...。

道路の向かい側も、かわいそうな姿になっていました。



ところが、ここからほんの少し先に行ったところでは、元気なブドウ畑だったのです。

雹というのは、局地的に降るものなのですね。となると、自分の畑にだけ雹が降ったという不運は耐え難いだろうな...。

 シリーズ記事: コート・ドールのブドウ収穫風景 (2014年)    目次 


  【楽天市場】人気の銘醸ワインが勢揃い!ブルゴーニュ特集

ブログ内リンク:
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ
★ 目次: ブドウ畑の作業、ワイン醸造法など
★ 目次: 今年のミレジムは? (ブルゴーニュ・ワイン)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する