| Login |
2017/04/27
サラマンダーと呼ぶ伝説の動物がいます。
イモリかトカゲかという薄気味悪い姿。大きく描けばドラゴンにも見える。


14世紀に描かれたサラマンダー 『Bestiaire(動物寓意譚)』より



日本ではサンショウウオとも呼ばれるそうです。

でも、山椒魚は、ヨーロッパ大陸に生息しているファイアサラマンダー(Salamandra salamandra)とは異なる動物でした。


フランス語ではsalamandre(サラマンドル)で、聞いたことがある動物の名前なのですが、本当にフランスに生息しているのだとは思っていなかった。

分布図からして、奇妙な姿に見えてしまう...。



実際のサラマンダーはもっと薄気味悪いのですが、地図をクリックすると画像が入ったWikipediaのページが開きます。


火の精とされるサラマンダー

地、水、風、火を自然の力として四大精霊あるいは四大元素とすると、サラマンダーは火の精とされていました。

不思議な動物のようなのです。危険が迫ればサマンダリン (Samandarin)という毒を出すことができる。それから、 野原が火事になったときには湿った地面に潜り、粘液で火傷を防ぐことができるようで、火が収まった時には地面から這い出てくるのを人間が見ると驚くらしい。


François Ier vers 1530 par Jean Clouetサラマンダーと言えば、フランソワ1世

この動物を知ったのは、16世紀全般のフランスを統治したフランソワ1世(François Ier de France 在位 1515年~47年)のエンブレムだからです。

彼の治世には美術や文芸が発展し、フランス・ルネサンス期を代表する国王とみなされています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519年)は、1516年にフランソワ1世に招かれ、アンボワーズ城近くのクルーの館が邸宅として与えられて晩年を過ごしました。

歴代の国王の中で、フランス人には人気がある王様なのだと聞いたことがあります。


このフランソワ1世の紋章がサラマンダーなのです。

CoA François Ier de Valois Salamandre galerie françois premier chateau fontainebleau


サラマンダーは、古代ヨーロッパでは火の中で生きることができる生物だと考えられていたそうです。体温があまりに冷たいために火を寄せ付けず、火を消し去ってしまう。

そのサラマンダーをエンブレムにしているフランソワ1世の金言は、ラテン語でNutrisco et extinguo

フランス語にすると、こうなるのだそう:
Je nourris (le bon feu) et j'éteins le mauvais.

私は(良き火を)養い、悪を消す。

王様のモットーとしては正義の味方のようで良いですね。


フランソワ1世のサラマンダーは、どっちを向いている?

例によって、私はつまらないことが気になりました。

サラマンダーが振り返っているような姿なのは、自分の体に水なり粘液なりをかけているという姿なのでしょうか? それは調べないことにしたのですが、振り返っている方向が気になりました。

フランソワ1世が生きていた時代にまつわる城などにはサラマンダーの彫刻がたくさんあるのですが、だいたいにおいてサラマンダーの頭は左側にあり、右の方を振り返っています。

ロワール川の城めぐりで有名な地方に、彼の城だった美しいアゼ=ル=リドー城(Château d'Azay-le-Rideau 建築 1518年~)がありますが、そこの壁にもサラマンダーの彫刻が残っています。

Nutrisco et extinguo Salamandre de François I
La salamandre de François Ier et sa devise : « Nutrisco et extinguo » (Château d'Azay-le-Rideau)


同じ地域にあるシャンボール城(Château de Chambord)にも、天井には頭文字のFと、サラマンダーの彫刻がたくさん施されています。

Salamandre de François Ier

このシャンボール城の格天井にある彫刻をもっと多く写している画像がこちらにあるのですが、みな同じ方向に頭を向けています。つまり、向かって右側。


探してみたら、左側に顔を向けているサラマンダーがないわけではありませんでした。

下はパリ市に近いところにある教会Église Saint-Georges de Belloy-en-Franceの壁面にあるサラマンダーの彫刻。

Belloy-en-France (95), église Saint-Georges, portail occidental, écoinçon de droite - salamandre
Belloy-en-France (95), église Saint-Georges, portail occidental, écoinçon de droite - salamandre


これは西側にある扉口で、半円形のティンパヌムの右側にある三角小間の部分にサラマンダーの彫刻があります。


左側の部分にもサラマンダーがいて、対になっていたのだとしたら自然な構図。左側の部分の画像はこちらなのですが、彫刻が消えてしまっていて見えない...。たぶん「F」なのではないかと想像するのですけれど。


先ほどのフランソワ1世のラテン語の金言を入れた画像があるので眺めてみたら、こちらは逆の方向を見ていました。でも、フランソワ1世が亡くなってから出版された本のようなので、これは例外には数えられないかな...。


Paolo Giovio, Dialogo dell'imprese militari e amorose (1556)



ディジョンのサラマンダーは何をしようとしているのか?

サラマンダーはどちらを向くものなのかと気になったのは、ブルゴーニュ地方のディジョン市にある古い教会の外壁に彫られているサラマンダーは、向かって左側に顔を向けているからです。



この教会が建てられた頃のブルゴーニュはフランス王国にはなっていなかったので、これはフランソワ1世とは無関係なはず。

でも、この小さなサラマンダーが悪さをすると言い伝えられているので、首をどちらに向いているかが私は気になるのです。

ディジョンの観光スポットの中心地域にありながら、存在を知っている人が少ないこのサラマンダーについて続きで書きます。


シリーズ記事 【これはサラマンダー? あるいはドラゴン? 】目次




追記:

サラマンダーがどちらを向いているのかが気になっているわけなのですが、後ろを振り返ってはいないものが描かれている紋章を見たことがあるのを思い出して探してみたら、市町村の紋章として出てきました。

トカゲも紋章になっていた

Blason Coaraze
Coaraze(コアラーズ)村
Blason de Flagey-lès-Auxonne

似ているのですけれど、これはトカゲなのでした!

右側の紋章のデザインでは、トカゲの尻尾が切れています。切れていないトカゲのデザインもあるのですけど。



紋章のサラマンダーは、実は左を向いている

サラマンダーはフランソワ1世の紋章だけではなくて、幾つもの市町村の紋章でも使われています。でも、サラマンダーなら、トカゲとは違って振り返っている姿でないといけないようです。

Blason ville fr Brûlon (Sarthe)
Brûlon
De gueules à la salamandre d'or dans sa patience du même, au chef d'argent chargé d'une crosse de sable mouvant du trait du chef.
Blason ville fr Vitry-le-François
Vitry-le-François
D’azur à une salamandre d’or, la tête contournée et couronnée de même, couchée dans un bûcher ardent de gueules ; au chef d’azur soutenu d’or et chargé de trois fleurs de lys de même.


紋章学では、紋章は言葉で表現できることになっています。サラマンダーの紋章の表現を見てみました。頭が右の方を見ているというのは「tête contournée」と表現しています。動物が左側(シニスター)を向いている場合にそういうのだそう。下弦の月の形にするのも同じ表現。

盾を持ったときのポジションで見てみて(つまり、裏側から見て)、紋章のどちら側に向いているかによるので、右と左が逆になる。左だったらsenestre(シニスター)で、右だったらdextre(デキシター)。

シニスターというのは、ヨーロッパ文化では不吉な方向とされますよね。紋章のサラマンダーは、悪い方向を見て毒を放っている?...



Belloy-en-France (95), église Saint-Georges, portail occidental, écoinçon de droite - salamandreとすると、上に入れた教会の入り口で逆を向いているフランソワ1世のサラマンダーの彫刻はどうしてくれる?

でも、教会に入ろうとするとき、右側にいるのですよね。それで反対側に顔を向けているということは、やはり左を威嚇していることになる。

あるいは、右と左をよく間違える私のような職人が作ってしまった? ... プロなのだから、そういうのはあり得ないだろうな...。

ブログ内リンク:
★ 目次: 右と左の違いが気になる
ロマネスク教会 (4) : 右は天国、左は地獄 2008/05/03

外部リンク:
【Wikipedia】
☆ ファイアサラマンダー > 人間との関係
四大精霊 | サラマンダー (妖精) 
Salamandre (animal légendaire) | Category:Salamanders in art

☆ BnF: La tempérante salamandre aux origines de la devise de François Ier
La marque de la Salamandre à la bibliothèque de droit d’Aix
☆ Wikipedia: category / Portail occidental de l'église Saint-Georges de Belloy-en-France
ルネサンスのセレブたち: トカゲと公爵
Top 10 des personnages français historiques préférés des Français
Le petit bout de la queue (du Diable) / Coaraze
☆ Au Blason des Armoiries: Contourné
中世ヨーロッパの風景 「紋章について」


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 歴史 | Comment (15) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
サラマンダー??? どこかで聞いたような・・??
調理道具のサラマンダーで、知っていたのかも??

今回の記事も、今まで気にもしていなかったので、大変勉強になりました。イザベラ・デステの愛息も、サラマンダーを紋章にしていたんですね。
爬虫類は特に苦手なので、気品はないように感じますが、当時はそうでもなかったのでしょうか・・。

ところで、
Otiumさんにお願いして大変申し訳ないのですが、下記のフランス語を訳してくださいませんでしょうか?  グーグルなどで翻訳しても、いまひとつ??なんです。

*大変古い、バカラの鋳型のコンポートの説明文です(当時のバカラのカタログ)。
日本での商品名は、ルネッサンスコンポート(ジャポニズム)です。

        Moulure
Service Moule Renaissance dépoli

お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
2017/04/27 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
ルネッサンス・コンポートは、『ルネッサンス様式の鳥と唐草模様』と書いてある記事が多いのですが、ブラスの台座は(真鍮・経年で黒っぽくなるが5円玉と同じで磨けば金ピカになる・台座がないコンポートもある)、『梅+枝のデザイン』なので、ジャポニズムです。

日本ですと、鳥と唐草といえばペルシャに影響を受けた『花喰鳥』。正倉院で、有名ですね。なので、ルネッサンス様式の柄にも、このような柄があっても不思議ではないのですけれど・・。台座はジャポニズム・・。台座は、別売りだったそうなので、様式を合わせる必要はないのかな??  独り言のようになってしまい、ごめんなさい。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
2017/04/27 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>調理道具のサラマンダーで、知っていたのかも??

何のことかと調べてみたら、フランス語でも同様の呼び名をしていました。上火だけで焦げ目をつけるオーブンをサラマンダーと呼ぶのですね。残酷みたいだけれど、面白~い 命名!

http://majin.myhome.cx/pot-au-feu/dataroom/cooking_utensil/salamander/salamander.html

>下記のフランス語を訳してくださいませんでしょうか?

いつも色々なことを教えてくださる、他ならぬフォルナリーナさんなので、私なんぞで分かることなら~!♪ と、張り切ったのですが、お手上げです...。

分かる方には分かる説明を単語で羅列しただけのフランス語らしいので、全体では意味が取れません。

型に入れて作ったもので、dépoliとあるから曇りガラスなのだろう、と分かる程度でした...。

バカラとルネサンスをキーワードにしてフランス語で画像検索すると、縦に線が入ったデザインの商品がヒットするので、???。

バカラとジャポニズムを入れて検索すると、梅の花らしきものが出て来たのですが、葉の形が変なので、???。

お役にたてなくて申し訳ないです!!!
2017/04/27 | URL | Otium  [ 編集 ]
見返り サラマンダー ♪
「永観、遅し」 と 誰かを
叱咤激励してるわけでは ない か、、、
阿弥陀如来さまの ように。。

永観堂の阿弥陀さまは 左向き

右か左かによって 意味する所があるんでせうね。。。
宗教的な意味合いとか
左右に関する こんな ブログがありました
http://www.geocities.jp/tsukaguchiopen/essay/e1103_1/e1103_1.html

それとも サラマンダーは
後ろの正面 だぁ〜れ って
みんなと 遊んでるとか ♪
2017/04/28 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Otiumさん
貴重なお時間を頂戴し、申し訳ないです。
いろいろとお調べいただき、本当にありがとうございました!!
2017/04/28 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re: 見返り サラマンダー ♪
v-22 たかゆきさん

>永観堂の阿弥陀さまは 左向き

何となく、左に振り向いたときは婀娜っぽいとか、悪戯っぽい感じで、右に振り向くと意地悪そう... と思っていたのですが、見返り美人図は右を向いていますね。美人と言うけれど、永観堂の阿弥陀さまのようにゾクっとする感じを私は受けない...。

>左右に関する こんな ブログがありました

リンクありがとうございます。左右の事は深い意味をくみ出せるでしょうね。

>後ろの正面 だぁ〜れ

「後ろの正面」という言い方も面白いですが、この「かごめかごめ」の歌詞は意味深ですね...。

改めてここに入れたサラマンダーの画像を眺めたのですが、コイツは首が長いので、本人にしてみると右から振り返ったのか、左から振り返ったのか混乱してしまいました...。
2017/04/28 | URL | Otium  [ 編集 ]
かごめ かごめ
童謡も 童話も 
洋の東西を問わず かなり
残酷というか 不条理というか、、、

歌舞伎や浄瑠璃も
不条理を強いられる 小市民の
話が 多いですね。。。

後ろを 振り返る姿、、
「なんで こうなるの」 という
サラマンダーの 呟きが 聞こえてきそう
なのだ ♪
2017/04/28 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: かごめ かごめ
v-22 たかゆきさんへ

>童謡も 童話も 洋の東西を問わず かなり残酷というか 不条理というか、、、

子どもは天真爛漫だとか天使みたいだと言う人たちがいますが、そんなことはないと私は思っています。

>歌舞伎や浄瑠璃も不条理を強いられる 小市民の話が 多いですね。。。

日本人は、特に、そういうお話しが好きな国民なのではないですか~?

子どもの頃には日本映画を見に連れていかれたのですが(留守番させるわけにいかないし、子どもはタダだったから?)、フラストレーションがいっぱいになるストーリーばかりなので映画が嫌いになりました。フランス映画も、突然お話しが終わって、その後にハッピーエンドになるのか、ずっと見て来た話しの延長として暗い結末になるのかは想像に任せる、というパターンが伝統的な形だと感じていますけれど、押しつけ型の暗い結末よりはマシかもしれない…。

>後ろを 振り返る姿、、「なんで こうなるの」 というサラマンダーの 呟きが 聞こえてきそうなのだ ♪

何か言いたそうな表情ですよね~。私は威嚇のポーズにしているように感じたのですけど、後ろを振り向くのは「前向き」ではない!!! 生息しているサラマンダーの写真では振り返っている姿はないのに、なぜ紋章のデザインでは振り返らせたのだろう?…

でも、デレ~と伸びた姿を描いた紋章も見たことがあると思って探したら、私の記憶にあった紋章の絵はトカゲだったと分かったので、この記事の最後に追記を入れました。コアラーズ村のトカゲの紋章は、籠池家の家紋か校章にしたら良さそうなデザインなのが面白かったし...。
2017/04/28 | URL | Otium  [ 編集 ]
サラマンダー(サラマンドラ・サラマンデル)を、知っていたワケが分かりました。(笑)

NHKのみんなの歌に、サラマンドラという歌があり、尾藤イサオさんが歌っていたんです。初放送が1977年8〜9月。その後、1984年2〜3月。長女が2歳の頃でしたので、聴いていたのでしょう。数年前にも聴いたように思います。
アニメのサラマンドラは可愛いですが、ちょっぴり寂しい曲。尾藤イサオさんの力強い声が懐かしい〜。

サラマンダー、山椒魚と書いてある人もいましたが違うんですね。
サラマンダーの火は、『情欲や欲望の炎』だという説がありましたが、振り向いている理由は??  振り向いたデザインの方が、ゴジラのような迫力や動きがありますから(笑)、案外深い意味はないのかな??(笑)

我が家は、ちびサラマンダー(ヤモリ)に困っています。なぜか、お座敷の上部の柱や、床の間の下の隅の木部に、白や黒の汚物(色が取れにくいんです)を・・。我慢の末、
ゴキホイホイで6匹ほど捕まえましたが、またいるようで、こちらが火を吹きたい気分です〜〜〜。(爆)
2017/04/29 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
サラマンダーって 美しい響き、、と
おもったのですが こんな気味悪い?は虫類だったのですか、、
トカゲ? やもり? ワニのようにも、、
はたまた 日本でいう 伝説の
つちのこ みたいな、、?
でも パワーをもってる 生き物なのか、、
高貴な方の紋章にもなる、、

ほんとうに居る生物なのですか?
2017/04/29 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
あらまッ、
サラマンダーやサラマンドルって、SF漫画やアニメ、ウルトラマンシリーズの怪獣など・・・、日本でも随分活躍しているんですね! フランソワ1世もびっくり! (笑)

こんなに人気者だったなんて、サラマンダーさん、失礼いたしました!(笑)
2017/04/29 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>NHKのみんなの歌に、サラマンドラという歌があり、尾藤イサオさんが歌っていたんです。

検索したら出てきたので、歌を聞きながら歌詞を読んでみました。でも、記憶はなし...。とても寂しいことを歌っているのですね。

でも、「サラマンダーの 呟きが 聞こえてきそう」と、たかゆきさんが書いていらしたので、サラマンダーにはそういう寂しげなところもある姿なのかもしれない。

>振り向いたデザインの方が、ゴジラのような迫力や動きがありますから(笑)、案外深い意味はないのかな??(笑)

そうですね。紋章に使うトカゲのデザインと並べたら、歴然とした差を感じました。

>日本でも随分活躍しているんですね! フランソワ1世もびっくり! (笑)

私も画像検索していたら、フランス語検索ではまず本物の動物の写真が並ぶのに、日本語検索だとアニメや何かがぞろっと並ぶので驚いておりました。
2017/04/29 | URL | Otium  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05さんへ

>こんな気味悪い?は虫類だったのですか、、

気持ち悪いですよね。黒地に黄色い斑点なんていうのも、すごい。森を散歩しているときなどに、こういうのに出くわしたらぞっとしてしまいそうです。

でも、中世には頻繁にあった火事の焼け跡からこういうのが這い出してきたら、特別な力があると思ってしまっても無理ない気がします。
2017/04/29 | URL | Otium  [ 編集 ]
黒地に 黄色いはんてん、、

ソレでおもいだしましたが 小さい頃
九州にいたことあり 雨がふると
みちに 「アカハラいもり」というのが一杯出て来てわたしは 瓶に ぎゅうぎゅう詰めて 家に持ち帰り
部屋で 放して母親を ぎゃあ〜と
いわせていたそうで、、
画像をみると 腹に 赤く毒々しい斑点があり
いまは わたしも ひえ〜  ですよ〜  (@@)
2017/04/30 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05さんへ

アカハラいもりとはどんな姿かと調べてみました。サラマンダーと同じ仲間なのですね。日本語の名前の「赤」の部分が、フランス語の名前では「火」になっていました。

これを捕まえて家に持ち込むとはスゴイ悪戯♪

そういう私も、小さいときはオタマジャクシからカエルにするのを楽しんだりしておりました。気持ち悪いから触りたくない、という感覚は大人になってからできるのかな?...
2017/04/30 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する