| Login |
2013/06/15
前回の日記で書いたガレージセールに行った仲間たちとは、友人の家で昼食を食べることになっていました。久しぶりに良いお天気。気温もあがってきたので、庭で食事しました。

シャトー・ド・ブルイユのカルヴァドス

食後酒として出されたカルヴァドスがとても気に入ったので、メーカーの名前を記録するために写真をとっておきました。



Château du Breuil(シャトー・デュ・ブルイユ) というドメーヌ。

ノルマンディーに住む友人に、カルヴァドスはどこのが良いかと聞いたことがありました。

一番美味しいのは地元でしか買えない小規模生産のもの、との答え。

普通に市販されている中で最も美味しいのはこれ、といってカルヴァドスをプレゼントされたことがあったのですが、それがこのボトルだったような気がします。

ドメーヌのサイト情報を見たら、生産量の55%が輸出されているのだそう。フランスで探すより、日本で探した方が見つかりやすいのではないかな?

この日、このカルヴァドスを出してきた友達は、やたらに自慢していたのだもの。

シャトー・ド・ブルイユを楽天市場で検索

久しぶりのお天気。食事の後は、今年初めてのペタンクをしました。私のチームは優勝したのでご機嫌♪

早く安定して良い天気が続く夏になると良いな...。

明日から1週間の旅行。天気予報によれば、気温が30度くらいになるという日もあるのだそう。それで、真夏の服と、寒いときには大丈夫なようにセーターやコートを持つので、やたらに荷物が大きくなってしまいました...。



ブログ内リンク:
リンゴからつくる酒: シードル、カルヴァドス、ポモー 2009/11/21
★ 目次: 蒸留酒をつくるアランビック見学
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ

外部リンク:
CHATEAU DU BREUIL CALVADOS シャトーで造られるAOC ペイドージュの名門カルバドス


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する