| Login |
2015/04/21
美食の国として定評があるフランスなのに、レストランのレストランの質が下がってきたことが大きな問題になってきました。自分のところでは調理しないで工場生産された料理を温めて出すとか、切った野菜や処理された魚の冷凍食品を使っているなど。

それで、レストランが新鮮な食材を仕入れて厨房で調理することを推奨するために、昨年から「ホームメイド(Fait maison)」であることを明記できることになりました。

それがこのマーク ↓


昨年にできたときは抜け穴が多いと非常に評判が悪かったのですが、今年の5月には少し規制が厳しくなって、これならホームメイドの料理だとアピールすることが許されるかな、という感じになりました。

私は日常的に外食する必要は余りないので、たまにレストランに行くとなったら美味しい料理を出すところを選んでいます。従って、厨房で調理しないようなレストランで食事してしまうとことはほとんどありません。食材は朝市で生産者の直売を主に仕入れています。

それで、個人的にはフランスのレストランが不味くなったとは感じません。むしろ、良いレストランではボリュームで勝負にはしなくなったし、和食ブームのおかげで見た目も美しい料理を出すようになったので喜んでいるくらいです。

そんなわけで、私には余り縁がないフランスの外食の現状がどんな風になっているのかに興味を持って、調べたながら記事を幾つか書きました。

お話しが続いているので、一連の記事の目次を作っておきます。

レトルト料理ではないかと疑ったレストラン
久しぶりに不味い料理をレストランで食べてしまった 2015/04/22

美味しい料理を出すレストラン
こういうレストランが家の近くにあったらな... 2015/04/23
貸し切り状態のレストランでランチ 2015/05/27
 ⇒ レモンチェッロと白ナスが入ったティラミス 2015/05/28
 ⇒ 花椒の若葉も「木の芽」として食べられるのでしょうか? 2015/05/29
お花がいっぱいのレストラン 2015/06/20

外食業界のホームメイド認証
フランスのレストランにできたホームメイド認証ラベル 2015/05/31
ホームメイドであることを強調していたレストラン 2015/06/05
 ⇒ やたらに美味しいブーズロンに出会う 2015/06/07
 ⇒ 気に入ったドメーヌのワインにレストランで再会 2015/06/21

食の乱れレストランの手抜き料理
フランスで問題にされているレストランの手抜き料理 2015/06/12


※ 「⇒」を入れたのは、続きで脱線して書いた記事です。




ブログ内リンク:
日本の人気クリスマス料理はファーストフード?! 2014/01/09
フランスで、バーガーがブームなのですって 2014/02/18
何を食べても勝手なのだけど... 2014/01/20
ジャン・フェラのシャンソン「ふるさとの山」に見る日仏文化の違い 2014/08/10
北フランスで昔ながらの農業を続けていたポールさんの生き方 2014/09/30
昔にタイムスリップしたようなレストランで、グルメバッグに出会う 2016/05/30
★ 目次: 食材と料理に関して書いた日記のピックアップ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する