| Login |
2015/08/02
外国人観光客を案内するためのボランティアチーム「おもてなし東京」のためにできた制服というのを見て、仰天してしまいました。


ダサすぎ? 東京五輪「おもてなし制服」、ネットで酷評:朝日新聞デジタル

普通だったら、余りセンスが良くないデザインだと思うけどな...、と感じる程度だったはず。でも最近の私は、日本はどうかしちゃっているという恐怖感に取りつかれているので、背筋が冷たくなるほどの思いをしたのでした。

福島原発も収拾していないのに、オリンピックの方に力を注ぐなんてことはして欲しくなかったと思っている私です。でも、私が多少の語学力を世の中のお役にたてるためにボランティアガイドをしたくなったとしても、こんな恰好をして町を歩かなければならないのだったら、迷わずに止めますよ~。恥ずかしくて、惨めな気持ちになるですしょうから。

大学生くらいの若い子だったら、何を着ていても若さと美しさの方に目がいくので問題ないです。でも、私なんかがこの姿になったら、みっともなさは頂点に達するはずです。

なんだか不自然なチョッキだなと思ったら、ベストもネクタイもポロシャツに印刷されているだけなのだそう。

デザインしたのは、キャリアがある藤江珠希という若い女性でした。もともと、ファッションショーを見ていると、その服を普通の人が着たら飛んでもない姿になるだろうと思うので、彼女に才能があるのかどうかは全く気になりません。




へぇ、「おもてなし」を標語にしたのですか。

滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」スピーチが東京オリンピックの誘致を導いたというのは、日本国内だけで言われたことだろうと思っています。日仏ハーフの美しい女性がフランス語でスピーチをしたというのは、フランス人の心をくすぐるでしょうからニュースになっても良かったはずなのに、フランスでは全くスピーチのことは聞きませんでした。

あの当時は、福島原発の汚染水漏れのニュースでにぎわっていたので、日本がオリンピックを開催するかどうかというのはどうでも良かったのかもしれません。

フランスも原発大国なので、高度な技術がある日本でさえも原発事故を収拾できないというのは、フランスも危ないという恐怖につながるので、そちらの方に関心が向いています。今でも、福島原発に関しては、日本よりもはるかに詳しい情報がニュースで報道されています。

Omotenashiという文字は長すぎて、外国人は覚えられないと思うのですけどね...。代わりに「Dasai」という単語を覚えてしまうのでは?


東京パクリンピック 2020

おもてなし制服は韓国の王宮守衛の服装とそっくりだ、というのも話題になっていました。



韓国のは完全に民族衣装なので、それなりの美しさがあります。東京の方は、日本らしさもないので、なぜこれにしたの? と思ってしまう...。

確かに、色合いと、奇妙な形の帽子が似ていますね...。

盗作だと騒ぐほどのことはないと思いますが、オリンピック・エンブレムの方が盗作と言われても仕方ないようなデザインだったので、こちらもパクったと言われるのでしょうね。




日本人の誇りを見せて欲しかった

東京法被(はっぴ)という名の人がツイーターに「勝手に東京オリンピックのボランティア法被デザインと着用イメージを作ってみました」と発表したデザインが人気を呼んでいました。

 

私も、この方が比較にならないくらい美しいと思う。ネクタイがなければパーフェクト。華やかだし、江戸っ子らしさを感じます。

目立つでしょうから、外国人にはガイドをしてくれる人たちのユニフォームだとすぐに分かるはず。一緒に記念写真を撮りたいと申し出てくる姿が目に浮かんできます。


帽子がいけない?

選ばれた「おもてなし制服」は、日本人の体形を最大限に醜くするためにしたデザインだったのかと思ってしまいます。

特に私が気になったのは、日本人が八頭身ではなくて、頭でっかちなのを強調する帽子です。

一番上に入れた写真の中央に立っているのは都知事なのだそう。私は渥美清のそっくりさんかと思いました。帽子姿がそっくりに見えせんか?

『男はつらいよ』シリーズは、東京=パリ間の飛行機の中でビデオを見ていました。日本人の情感が出ていて良い映画だったと思います。

風天の寅さんの頭にのったダサい帽子は、彼のキャラクターを表していて、とても似合っていたと感じます。でも、こういう魅力は、誰にでも出せるものではありません。

おもてなし制服を貶す人たちは、誰でも「ダサい」という言葉を使っているようなのが気になりました。

野暮ったい、洗練されていない、田舎っぽいというイメージがある言葉ですよね?

フランス語では何と訳せば良いのだろう?

フランス人にこの話題を話すなら、「日本のネットではmocheだと騒いでいる」と言えば通じるだろうと思います。でも、この単語には「醜い」という意味しかないのですから、「ダサい」のニュアンスは出てこないはず。

「ユニフォームを着ている人たちはpéquenaudみたいに見える」と言えば良いかな? でも、フランス人には、この服装と田舎っぽさとは結び付けないでしょうから、適当ではないと思う。

フランス人がこういう恰好をしている人を見たら、「ridicule(滑稽な)」と言って貶すのではないか、と思いました。

仏和辞典をひいてみると、こんな例文が入っていました:
Avec son chapeau, il est vraiment ridicule.
あの帽子をかぶると彼は全く滑稽だ。

思えば、フランス人は帽子をridiculeと言ってけなすことが多いのです。結婚式で正装する女性たちは帽子をかぶる傾向があるのですが(こういう帽子)、上手にしないと滑稽だとからかわれます。

イギリス王室の女性たちは帽子をかぶるので、エリザベス女王の帽子もよく風刺ニュースでとりあげられます。

最近で大騒ぎされたきわめつきの帽子は、こちらでしたね:
bibi(女性用の小さな帽子)

おもてなし制服を見た私は帽子に目がいってしまったのは、そういうのに影響されてしまっているからなのかな...。

日本美を見せる被り物として最も美しいと私が思うのは 市女笠です。

http://matome.naver.jp/odai/2134331018291996501
【和の服飾文化】中世日本の高貴な女性の外出スタイル「壺装束」がかわいいのでまとめた

でも、これをオリンピックのボランティアに被らせるわけにはいかないでしょうね。女性の衣装だし、こういう被り笠(かぶりがさ)は、フランスではChapeau chinois(中国の帽子)と呼んでしまうのも気に入らない...。


「おもてなし制服」をどう思うか、フランス人に聞いてみた

この制服についてフランス語サイトで何と言っているのか興味を持ったのですが、検索しても何も出てきませんでした。新国立競技場を始めとするオリンピック開催費用の問題や、エンブレムが盗作だったかというのはたくさんでてきるのですが。

ユニフォームがもっと良いものだったら良かったのにと思うのは、自分の国に誇りを持ちたいという日本人だから考えることなのであって、外国からしてみれば些細な問題なのでしょうね。

この制服をフランス人が見たとき、「ダサい」に近い表現をするのかどうかは、誰かに見せて何と言うかを聞けば良いのだ、と思いつきました。

それで、友だちをつかまえて、勢ぞろいしている集合写真を見せてみました。



フランス人の反応サンプルは1つだけなので、それで判断することはできないのですけれど、面白いものでした。

まず、特別の反応は全くなし。

フランスに来ている日本人観光客を見て、服装がチグハグでセンスが悪いと言っていた人なので、日本でユニフォームを作ったら、こんなものだろうと思ったらしい。

それで、日本では悪いデザインだと騒いでいるのだと説明すると、このユニフォームは「ridicule(滑稽な、嘲笑すべき)だ」と反応してきました。その単語を何度も繰り返して、「日本人が馬鹿みたいに見えるユニフォームだ」と、こき下ろしました。

ダサいとか、センスが悪いというだけではなくて、滑稽だ、となりますか...。

中央にいる男性は都知事なのだと説明すると、「まず、このスーツ姿がリディキュルだ」と言いました。写真をひと目見たとき、中央の男性がダサいと思ったのではないかと感じました。サイズに合っていないし、上着の丈が長すぎるのだそう。「背を高く見えるためのスーツなのだろうけど」と、憶測していました。私は、愛嬌がある寅さんに見せるパフォーマンスか、と思ったのですけど。よく見れば、ズボンの丈が余っているし、サイズが合っていない。どうしたのかな?...

舛添さんは、むかし、テレビ局に行ったときに遠くを歩いている姿を見て、テレビによく出ている人はあの人か、と思ったことがありました。オーラが出ているのか、周りから飛びぬけて目立っていて、俺は偉いのだぞという迫力があって、怖い人だなと思った印象が残っています。

ついでに、ハッピのユニフォームの画像も見せました。日本だとすぐに分かるから、こっちの方が良い、と即座に反応。でも、そういうのを作る予算はなかったのだろう、と言う。それもあっただろうな。でも、薄っぺらなチャチなハッピでも明るくて良かっただろうと私は思うけれど。


ネット上では、おもてなし制服を変えようという署名運動をしている人たちまでいました。私も、日本人が馬鹿みたいに見える服装だけは押し付けて欲しくないと思う。

選手はどんなユニフォームでも着なければいけないでしょうけれど、ボランティアに着せる制服でしょう? 誇らしい気分になって張りきれる服装にしてあげなかったら酷いではないですか?...

外部リンク:
藤江珠希おもてなし制服の余波が深刻!?過去の制服を調査してみた
2020年東京五輪エンブレムとリエージュ劇場ロゴの酷似
「ダサい」をフランス語にすると?
合掌のポーズ

内部リンク
【顔や帽子について】
昔のフランス: 劣等生には「ロバの耳」の罰則 2008/05/07
シリーズ日記: フランス人が顔を見たときに注目する部分 2005/03/02
フランスの美しい女の子 2013/08/06

ちょっと怖いな... 最近の日本礼賛ブーム 2015/03/01
「ゆるキャラ」の人気はどこから来るの? 2015/04/03
最近の東京は怖い... 2014/02/13


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 日本 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する