| Login |
2015/09/11
前回に書いた誕生パーティーでは、20歳の誕生日のために彼女が生まれた年のワインをワインセラーに入れて保管されていました。

生まれた年のワインを飲むために開かれた誕生パーティー 2015/09/09

パーティー会場として村の公民館を借りているので、キッッチンスペースは広い。

赤ワイン(右)は会場の片隅に置かれていて、白ワインの方は大きな冷蔵庫に入っていした。

下は、大きなシャブリのボトル。



シャンパンでは大きなボトルを見かけるのは珍しくはないのですが、ワインボトルではマグナム(Magnumと呼ぶ大きさのボトルくらいです。

こんなに大きなワインボトルにはめったにお目にかからないので、このボトルの名前はなんだったけ? と、近くに座っていた人たちの間で話題になりました。

上に入れシャブリの2本は、小さなボトルはレオボアム(普通のボトルの6本分)で、大きな方はマチュザレム(8本分)かな?... 空になってから、ボトルに水を入れて何リットル入るか調べれば答えが出るのですけど!

そもそも、シャンパンのボトルの呼び名とワインボトルの呼び名が同じなのだろうか? という疑問もわいてきました。

それで、私がiPhoneを取り出してインターネットで情報で調べたら、生産地によって種類が多かったり、少し名前が違っていたりするのだと知りました。


改めてパソコンで整理した表を作っておきます。でも、情報によって少し違ったりしているので、どれが正しいのか分からない。でも、書き出してしまったので載せておきます。

地域によって特殊なサイズのワインがあるのでで、比較はシャンパン、ブルゴーニュワイン、ボルドーワインだけにとどめました。

下の表は次の2つの情報を基にして作りました:
Le site pour tout savoir sur les tailles de bouteilles de vin
☆ Wikipédia: Bouteille de vin

ボトルシャンパンブルゴーニュワインボルドーワイン
1/8Huitième
0.094 L  3/4杯
1/4Quart
0.2 L  1.5杯
Piccolo
0.2 L
Piccolo
0.2 L  1.5杯
1/3Chopine
0.25 L  2杯
Chopine
0.25 L
Chopine
0.25 L  2杯
1/2FilletteDemie
0.375 L  3杯
DemiFillette
0.375 L
Fillette
0.375 L  3杯
2/3Pôt
0.5 L  4杯
4/5Medium
0.6 L  5杯
1Champenoise
BouteilleFrontignan
0.75 L  6杯
高さ: 30cm 直径: 8.7cm
Bouteille
0.75 L
Bordelaise
0.75L  6杯
高さ: 28.8cm 直径: 8.2cm
2Magnum
1.5 L  12杯
高さ: 37cm 直径: 11.4cm
Magnum
1.5 L
Magnum
1.5 L  12杯
高さ: 38cm 直径: 11.9cm
Marie-Jeanne
2.55 L  18杯
高さ: 42.5cm 直径: 12.1cm
4Jéroboam
3 L  24杯
高さ: 46.9cm 直径: 13.4cm
Jéroboam
3 L
Double-Magnum
3 L  24杯
高さ: 47cm 直径: 13.2cm
6Réhoboam
4.5 L  36杯
高さ: 56cm 直径: 15cm
Réhoboam
4.5 L
Réhoboam
4.5 L  36杯
Jéroboam
5 L
高さ: 59.1cm 直径: 16.3cm
8本Mathusalem
6 L  48杯
高さ: 57.8cm 直径: 17.4cm
Mathusalem
6 L
Impériale
5.25 L
高さ: 60.4cm 直径: 16.9cm
12Salmanazar
9 L  72杯
高さ: 64.5cm 直径: 19.3cm
Salmanazar
9 L
Salmanazar
9 L
高さ: 64.8cm 直径: 19cm
16Balthazar
12 L   96杯
高さ: 69.8cm 直径: 21.5cm
Balthazar
12 L
Balthazar (注)
12 L
高さ: 69.8cm 直径: 21.5cm
20本Nabuchodonosor
15 L  120杯
高さ:  75.7cm  直径: 22.4cm
Nabuchodonosor
15 L
Nabuchodonosor
15 L
高さ: 75.9cm 直径: 22.2cm
24Salomon
18 L  144杯
高さ: 77.4cm   直径: 24cm
Salomon
18 L
Melchior
18 L
高さ: 77.9cm 直径: 23.7cm
35Souverain
26.25 L  210杯
高さ: 102cm  直径: 30cm
36Primat
27 L  216杯
高さ:  102.6cm  直径: 30.2cm
40Melchisedec
30 L  240杯
高さ:  110cm  直径: 32.8cm
124Adélaïde
93 L
200Sublime
150 L
注: 異なった情報がある。

シャンパンはお祝いの酒であるせいでしょうが、特大ボトルがたくさんあります。情報ではの「クープ(coup)」と呼ぶ種類のシャンパングラスで何杯になるかを出していました。これも、パーティーのときに乾杯するので何杯分になるかが重要なのでしょうね。

でも、シャンパングラスの大きさはまちまちなので、何杯分になるかと言うのはいい加減ではないかという気もするのですけれど...。

シャンパングラスを楽天市場で検索

普通にフランスで使うシャンパングラスは「フルート(flûte)」なので、なぜクープを基準にしたのかよく分からない。同じ分量が入るのでしょうか?

調べてみたら、フルートは12.5 cl入るように作られる、という記述がありました。この表でも、その分量で計算していますね。つまり、クープでもフルートでも大きさは同じなのが標準ということでしょうか?

シャンパングラスについては過去に書いていました:
シャンパンには不思議がいっぱい: コルク、グラス 2006/08/09


ボルドーワインも、グラスに注いだら何杯になるかが示されていました。並べてみると、シャンパンと同じ分量(12.5 cl)で計算しています。ワイングラスの方がずっと大きいわけですが、並々とは注がないので、そんな感じかな、と実験してみて思いました。

ブルゴーニュワインに関しては、グラスで何杯になるかは書かれていませんでした。ブルゴーニュ地方では、そんなケチなことは言わずに、飲みたいだけ飲みますよ~!


ボトルの大きさによる呼び方に関しては、シャンパンとブルゴーニュワインのボトルの呼び方はほとんど同じでした。ボルドーワインはかなり違っているのだと知りました。

特に、「Jéroboam(ジェロボアム)」と呼ぶボトルは、シャンパンとブルゴーニュワインでは4リットルなのに、ボルドーワインではもっと大きなボトルを指すのでした。それが何リットルかというのは情報によって異なっているので詮索はしないことにします。

Mathusalem(マチュザレム)」というのは私でも知っている名前なのですが、ボルドーでは「Impériale(アンペリアル)」と呼ぶのだそう。同じフランスワインなのですから、統一すれば良いのに...。


私はブルゴーニュでのボトルの呼び方に慣れているわけですが、普通サイズ(0.75リットル)以下のボトルの呼び名については聞きなれないものがありました。そもそも、レストランでハーフボトルを注文することがある程度で、小さなボトルには縁がない。

Piccolo(ピッコロ)」というイタリア語のような呼び名も聞いたことがありませんでした。 そもそも、そんな小さいのが出てくるのは飛行機の中だけではないですか? 思い出せば、ブルゴーニュの病院に入院していたときに、リクエストすると食事のときにはこういう小さなボトルのワインがもらえました。でも、勝手に小さなボトルにしているだけなのですから、「ワイン1本」としか言っていなかったと思います。


ブルゴーニュワインのボトルの名称で、普通ではブルゴーニュで使わない呼び名がありました。でも、行政区分ではブルゴーニュ地方からは外れるところにも産地が広がっているボージョレーがあるんでした。ボージョレー地域はリヨン市に近いので、そちらの呼び名を入れているのでしょうね。

ハーフボトルの「Fillette(フィエット)」と「Chopine(ショピンヌ) 」は、ボージョレーで使われる呼び名なのだろうと思いました。

でも、リヨンでよく使われるChopineのボトルは、私が調べた情報とは容量が異なるのだけどな...。

ワイン関連用語: ショピンヌ chopine 2006/03/25


ボルドーでは、0.5リットルのボトルを「Pôt(ポ)」と呼ぶようです。 ブルゴーニュでも、ひところはこのサイズのボトルを作ったのが話題になったのですが、成功しなかったようで、あっさりと消えてしまいました。ハーフボトルでは少なすぎる、普通サイズのボトルだと多すぎるというので、レストランで売れるのではないかという狙いだったのですけど。


なお、シャンパンのボトルでは巨大なものもあるのですが、普通は30リットル入りの「Melchisedec(メルキゼデック)」までしか作らないようです。メーカーを訪問したときには、こういう大きなボトルを買った人には、専用の荷車を貸し出すと言っていました。

メルキゼデックがどのくらい大きいボトルなのかが分かる動画:
Melchisedech Sabré Plus Grand Champagne du Monde 30 Litres - YouTube

動画では、サブレという方法でボトルを空けようとしていますが、失敗。これにはコツがあるのですが、それを知らない様子。でも、このぐらい瓶が厚いと難しいかもしれませんね。


   

ブログ内リンク:
シャンパン祭り: 5. シャンパン会社の見学 2005/08/12 ボトルサイズ
★ 目次: ワインのグッズや道具などについて書いた記事
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ

外部リンク:
☆ Wikipedia: ワインボトル ⇒ Bouteille de vin
☆ iDealwine: Les formats de bouteilles et les étiquettes
☆ シャンパーニュ事務局(日本): シャンパーニュボトル
☆ Wikipédia: Anciennes unités de mesure françaises


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)



コメント
この記事へのコメント
Sublime ♪
Sublime ってボトルなのかな。。。
日本酒なら 4斗樽 2個!!
https://www.umenoya-honpo.com/original/

ぼくが 普段飲んでる「水」のような 酒は 300cc♪
栓を開けて一人で飲み干せる量です♪
醸造アルコールの入ってる「水」は飲みません。

ちなみに フランスでは ワイン瓶の
リユースをしてるのかしら。。
https://www.facebook.com/yamakoshouyu/posts/303932899745868

余分なことですが、、
上記リンクのコメント
>ペットボトル入りの商品を納入しているのですが。。。
ぼくの 感覚では
「ペットボトル入りの商品を納入しているのですが、、、」
と 表記します。
あらら~~おっせいな 「フランス人」に
ぼくも なりつつあります。

もひとつ おまけに、、
句読点が3個以上は 煩雑な印象しか受けません。
2015/09/13 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: Sublime ♪
v-22 たかゆきさんへ

>Sublime ってボトルなのかな。。。日本酒なら 4斗樽 2個!!
⇒ 日本には樽に入れた形で販売するというのがありましたね。素敵なので、小さなのをフランスに持ってきて、飲んだ後にワインセラーに飾りました。

ここでリストアップしたのは全てボトルの名前です。大きい最後の2つは、特別注文しないと作ってもらえないだろうと思います。30トル入りのボトルの大きさが見れる動画を追加しました(バカ騒ぎをしているので入れたくなかったのですが)。

それに、シャンパンは、ボトル詰めして二次発酵させないと泡ができませんよ~!

http://wine.b-smile.jp/user_data/faq.php#No.1-1

ワインはボトルに入れなくて良いので、安く買えるBag-in-Box(略してBIB)というのがあります:
http://otium.blog96.fc2.com/blog-entry-702.html

安くシャンパンを買ったと自慢する人が「こればBIBで買った」と冗談を言ったりするのですが、たかゆきさんなら引っかかりそう♪

>ぼくが 普段飲んでる「水」のような 酒は 300cc♪
⇒ 私の親しくしていた人が、お医者さんに差し止められたといって、晩酌は2合とにしています。それで、「わたし、2号さんなの」と言っています。 見ていると、2合ってけっこうな量があるではないかと思えます。

>フランスでは ワイン瓶の リユースをしてるのかしら。。
⇒ 回収はしないで捨てています。もったいないですが、リユースするにはお金がかかるからではないかと思います。ただし、ゴミを捨てるときには、ガラス瓶は別にして出しますので、ボトルは再生しているのではないかという気がします。

でも、ワイン農家では干しているのを見るので、試飲用のボトル(税金は払わないボトル)は洗って使っているかもしれません。個人でも、安いワインをバルクで買って自分でボトル詰めする人は飲み終えたボトルを洗って保管しますね。そのためのコルクは売っているし、コルクを打ち込む家庭で使う手動の道具もあります。

http://otium.blog96.fc2.com/blog-entry-2086.html

>「ペットボトル入りの商品を納入しているのですが、、、」 と 表記します。
⇒ 「。」と「、」の違いのことですか? 私は「...」と書いているのですが、これも外国語の影響からの間違いでしょうね...。またやった! でも、考えると、縦書きにしたときには不自然になりますね。

いつだったか、タイトルの最後に「。」を入れるようになったのだと言われて、手元にある雑誌を見たら、本当に「。」が付いているので驚いたことがありました。

私はこの文章を見て、「ですが」を繰り返しているのが非常に目障りでした。お客様に非常に気をつかって書いたのでそうなったのだろうな...。
2015/09/13 | URL | Otium  [ 編集 ]
二次発酵
>安くシャンパンを買ったと自慢する人が「こればBIBで買った」と冗談を言ったりするのですが、たかゆきさんなら引っかかりそう♪

間違いなく 引っ掛かります♪
フランス人の 格好の餌食ですね。
実は ぼくも 以前二次発酵を実験したことがあるのだ。
お酒の種類は忘れたけど、、
一升瓶に蔗糖と 酒と 杉の葉を入れて保存していたら
何日か後に 瓶の中が泡立ち 蓋が見事に弾け飛びました♪

>でも、考えると、縦書きにしたときには不自然になりますね。

たしかに 間が抜けた 表現になります。
縦書きでは どんな表現方法があるのか
考えてみます♪
最近の日本人はパソコン 横書き で
アホになった。日本語は縦に表記しなければ
日本人の思考は機能しない、、と ある書家が
言ってました。
耳が痛い。


2015/09/15 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: 二次発酵
v-22 たかゆきさんへ

>ぼくも 以前二次発酵を実験したことがあるのだ。
⇒ ご存じなのに罠にかかってしまいますか。フランス人でもひっかかるのですよ。一瞬考えてから、冗談だと分かる。

>縦書きでは どんな表現方法があるのか 考えてみます♪
⇒ お分かりになったら教えてください。正しい日本語ではすべきではないのではないかとも思うのですけど、便利なのだな...。
2015/09/15 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する