| Login |
2009/07/30

日本滞在記: 2009年夏 – その9


前回の日記で書いた星野村に行ったのは2回目だったのですが、今回は新たな魅力も発見することができました。

まず、古民家に泊まったのが嬉しかったです。


農家民宿

私が泊めていただいたお家です。農家です。

農家民宿

写真に写っているのは、全部そのお家。
フランス人に、つい「日本の家屋は小さい」などと口走りそうになるのですが、そうじゃない。私が住んできたおウチが小さいだけ!

ただし、フランスにはどうしようもないほど広すぎる家もあるのは確かです。お城や修道院が民家になっていますから。でも、お部屋が百もあったら、維持費が大変という問題の方が大きいと思います。


私が泊まったのは右側の建物です。築90年の離れ。隠居所だったそうです。

離れまるまるが民宿になっていたので、とても広かったです。ダイニングルーム、バス・トイレ付き。

私の部屋


日本建築の技

部屋にある欄間も、おみごと.。

欄間の彫刻

障子の向こうは、廊下になっていました。

つい最近も書きましたけれど、伝統的な日本建築を見るのが好きです。

お家の屋根瓦も撮影 ↓
屋根瓦

母屋と離れをつなぐ廊下もすごいのです ↓

廊下


外国に住んでいると、たぶん誰でも、やたらに日本万歳! になる傾向があると思います。それで、日本は素晴らしいのだ、と思えるところに出会えると、本当に嬉しいです。



この後、これまた立派な古民家を使ったレストランで昼食をとりました。
- 続く -


カテゴリー: 日本 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する