| Login |
2015/12/10

シリーズ記事目次 【フランスのワイン産地】 目次へ
その2


ワインのテースティングでは、決まった表現があるのですよね。ワインに詳しい方はお勉強するのでしょうね。

香りを表現するには、道具があると知って欲しいと思ったのですが、高いので止めました。
ソムリエ資格試験対策に最適☆
【ポイント10倍!】
ワインテイスティングに役立つ香りのサンプルセット
アロマバー プレミアム60種


価格:78,000円(税込、送料込)


変な例えもあるのです。「濡れた犬(chien mouillé)の匂い」や「猫のおしっこ(Pipi de chat)」というのはテースティングの定番の用語に入っているのだそう。そう言われたら飲む気がなくなると思うのだけれど...。

でも、自分で感じることを言葉で表現するのだから、何と言っても良いはずではないですか? この夏、「このワインは、どう?」と聞かれた答えた私の表現は、これ:

pénible (ペニ~ブル!)

辛いとか、耐え難いとか言いたいときに使う形容詞です。
でも、これもワインのテースティングでは使わない表現らしいのでした。

「agréable(心地よい)」というのはテースティング用語で使えって良いのではないかと思うのです。それとは逆に、飲み込むのが辛いワインに対しては、こう言うのが一番ではないかと私は思うのですけど、誰も言わないらしいのでした。

でも、言ってみたら大受け♪ だって、そう言いたくなるワインは実際にあるのですから! 日本にいるときは贅沢は言えないので、どんなワインでも飲んでしまうのですけど。

私が「ペニーブル」と言ってしまったのは、ロワールの白ワインを飲んだときのことでした。それから間もなく行ったパリのレストランでのことを前回の日記「お年寄りに優しいワイン?」で書いたのです。そこで飲んだロワールの赤ワインが美味しく感じたときの話しだったのですが、ロワールワインにも心地良いのがあると驚いたからなのでした。


ロワールワインの地域は広い

美味しいのもあるのだと思わせたのは、ソミュール・シャンピニーというアペラシオンで品質保証のAOC/AOPを持っているワインでした。どこら辺で作られているのかと思ってロワールワインの産地の地図を眺めたら、この産地はやたらに広いことに気がついたのでした。

ロワールワイン産地の地図です:

Vignoble de la vallée de la Loire
Vignoble de la vallée de la Loire  ↑ クリックすると拡大写真が開きます

ソミュール・シャンピニーは、左の方にある薄緑色になっている地域で、17番として示されています。


絶品だと思ったロワールワインはサヴニエール

ロワールワインの地図を眺めていたら、ここには私が強烈に美味しいと驚いたワインがあったのを思い出しました。

サヴニエール(AOC Savennières)という名の白ワインです。

上の地図では、ソミュール・シャンピニーと同じ地域区分「アンジュー・ソミュール」(薄緑色の部分)に入っており、9番になっています。

旅行したときには、その土地のワインを飲むことにしているのですが、飲み慣れているのがブルゴーニュワインなので、めったに美味しい♪と感動することがありません。でも、サヴニエールを初めて飲んだときには衝撃だったのです。

サヴニエールのブドウ畑はこんな風なのだそう ↓

Savennières, vignes et terroir
Vignes et terroir de Savennières


根本にある石が奇妙ですね。このブドウ畑の土地の説明に出てくる流紋岩なのだろうか?...

これはすごいワインだと驚いたのは、お城巡りで有名なロワール地方を旅行していたときでした。レストランで食事したときに、ソムリエさんが薦めた地元のワインがサヴニエールだったのです。

余りに衝撃的においしいので、産地まで行ったのですが、とりあえず店でその生産者のワインを探して値段を確認。すると、法外と言いたくなるくらいの高い値段がついている! ブルゴーニュには同じくらいに美味しくて、もっと安いワインがあると思って、買うのは止めました。

ロワール地方での旅行を続けていたので、レストランで食事するときにはサヴニエールがあると注文していました。美味しいのですが、初めに飲んだときのような感動はない。ソムリエの人が、サヴニエールと言ったらここのが一番美味しいのだとは言っていたのですけど。

ロワール地方を旅行していたときには、そのドメーヌの名前を頭に入れていたのですが、もう忘れてしまいました。どこだったのかと思って探してみました。

サヴニエールを楽天市場で検索

やたらに褒められていて、お値段も特別にお高いドメーヌがあったので、ここではないかと思いました。ドメーヌを詳しく紹介しているネットショップをリンクしておきます。


☆ エノテカ: サヴニエール・クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン (1997 年) 12,960円

☆ うきうきワインの玉手箱: ニコラ・ジョリー・サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン[2011] 6,739円

フランス情報では、このワインの2012年ものが58.80ユーロとなっていました。日本円にして8,000円くらい。日本にいるときにフランスワインを買うことがよくあるのですが、安いワインだとやたらに高くて、フランスで高いワインだと日本と同じか、かえって安くなっているので不思議...。


生産者の名前はNicolas Joly(ニコラ・ジョリー)。7ヘクタールのブドウ畑でビオダイナミック農法をしているのだそう。ただ者ではないようですね。


The Wine Magician

日本語で本も出していました。

 ワイン 天から地まで―生力学によるワイン醸造栽培

発行は2004年ですね。本は売っていたのですが、ドメーヌのサイトでも紹介されていました。こちらのページから、ダウンロードできてしまいます。120ページもあるので全文ではないでしょうか。
PDF版ダウンロードはこちら


ところで、サヴニエールのワインは、ブドウの品種はChenin(シェナン)を使うことになっていました。貴腐化する事でも知られるとのこと。

南アフリカでもよく使われるブドウの品種だと書いてあるので、本当なのか確認してみました:
シュナンをキーワードにして楽天市場で検索

確かに、フランスの次には南アフリカのワインが多いですね。


ブルゴーニュ地方で生産されてもロワールワインになる地域がある

レストランでは日常は家で飲まないワインを飲みたいので、ロワールワインを選ぶことがあります。安心して選ぶのは、ドゥ・ラ・ドゥセットというドメーヌのプイィ・フュメ。当たりはずれはなくて、いつも美味しいと感じます。とても飲み心地が良いのです。


ラドゥセットのプイィ・フュメを楽天市場で検索

ロワールのワインと思って飲むのですけれど、行政区分ではブルゴーニュ地方のニエーヴル県にあるので、ひょっとしたらブルゴーニュワインの仲間に入っていたかも知れない土地。それで好きなのかな?... でも、ブドウの品種はソービニヨン・ブランで、ブルゴーニュワインではお目にかからない味です。

このドメーヌは何処にあるのか調べてみたら、プイィ・シュル・ロワール (Pouilly-sur-Loire) という村にありました。ドメーヌは立派そうなお城。見学ができるようなので、いつか行ってみたいな...。


オーヴェルニュ地方のワインも、ロワールワインに分類されていた

ブルゴーニュ地方の一部もロワールワインに入っているというのは知っていたのですが、今回ロワールワインの地図を眺めて驚いたのは、オーヴェルニュ地方も入っていたことでした。

下の地図で、右下の肌色の部分です。

Carte vignoble vallee de la loire
Côtes-d'auvergne

オーヴェルニュ地方まで入れてしまうのはワイン産地として広げ過ぎだと思うけれどな...。ここのワインこそ、ペニーブルと言いたくなるのがよくあるのです。

ブドウの品種は何なのかと調べてみたら、ガメー、ピノ・ノワール、シャルドネーが多く使われているのだそう。そうしたら、ブルゴーニュと同じではないですか?! ワインの産地分けがいつ頃行われたのか知りませんが、ブルゴーニュではお隣のボージョレーまでは入れたけれど、オーヴェルニュが入りたいと言ってウイとは言わなかったのではないかな?...

オーヴェルニュ地方のワインがロワールワインに区分されてしまったのが腑に落ちなかったのですが、地図を眺めたら、ここはロワール川の流域と言える場所にあったのでした。




ロワール川(Loire)はフランスで最も長い河川で、全長は1,006キロ。

Cours de la Loire.

ロワール河流域と呼べる地域は11.7万km2の広さがあり、それはフランスの総面積の5分の1に相当するのだそうです。それをワイン産地の区分にしてしまったら、ずいぶん広くなってしまうではないですか?...

続き:
フランスで一番長いロワール川の不思議
★ シリーズ記事目次: フランスのワイン産地

 

ブログ内リンク:
アロマ・カーヴとワインの試飲 2012/10/02
プイィ・フュメはブルゴーニュのワインだけれど、ロワールのワイン 2012/10/03
おいしいと感じるワインは、いつも飲んでいる味のとき? 2009/12/18
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ

外部リンク:
ソムリエ 講座【008 ワインテイスティングの面白い表現用語】
☆ Le Figaro Vin: Chenin | Coulée de Serrant Savennières
シュナン・ブランの特徴
Vignoble de La Coulée de Serrant
Vins Val de Loire - Savennières
Domaine de Ladoucette
☆ Vin-Vigne.com: Vignoble de la Loire / Vins de la Loire


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する