| Login |
2009/08/12
フランスと日本を行き来するとき、気を付けなければ… と自分に言いきかせます。向こうにいったら「これをしなければ」というのを、ぷっつり忘れるからです。

物忘れがひどくなったというのもあるでしょうけれど、あちらの国に行ったら「面倒なことは忘れよう」という潜在意識が働いているのではないかとも勘ぐっています。ともかく、そういうのは困るので、国を移動するときには、するべきことをメモしておくようにしています。


逆に進む時計

友達が学生時代に行きつけだったというカフェに入ったら、こんな時計がありました。

カフェの時計

もうそろそろお昼の時間ではないかと思って時間を聞いたら(仕事をしているときではないときは時計をしていないのです)、この時計を示されたのでした。

なんだか変な気分…。
面白いですけど…。


不動産の値段も逆戻り

カフェを出て歩いていたら、不動産屋の掲示が目に入りました。軒並み値下げしているようなのです。

不動産屋のウインドウ

斜めに赤字で書いてあるのが「値下げ」の表示。

左側のお家をご覧ください。2割引きにしたというより、売主が「売れないなら」と言って、一番上の数字を1つ下げたらしいのが見えたので面白いと思いました。

10万ユーロ下げたわけですが、1,400万円くらいの値下げです! 豪快ですね...。私など、一生そんなことをする機会はありません。

不況ですからね。でも、少し前にはフランスの不動産は値上がりしすぎていたと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する