| Login |
2016/07/16
先日、生産者直売価格で買うためにチーズ工房に行ったら、ブティックで売っている地元ブルゴーニュのワインの中に目を引かれたラベルがありました。


Montre Cul(モントル・キュ)という名のブルゴーニュワイン



どうしてこんな名前になっているのかを調べるために写真をとったのですが、ピントが合っていない!

日本でも売っていたので、画像をお借りします。



先日書いた「食前酒キール誕生の歴史」で、キール市長が「cul」という下品な言葉を使っていたことを書いたすぐ後だったので面白いと思ったのです。

フランス語でculとは、俗語で「お尻」のこと。「ケツ」と訳した方がぴったりすると思います。外国人女性がそう言ったら飛び上がられてしまう可能性があるので、教科書にあるようにfessesと言うべきでしょうけれど、発するのは避ける言葉だと思っています。

このワインには、それに「montrer(見せる)」の二人称命令形か三人称の形と思える単語が付いています。さらに、それが何であるかを見せる絵まで付いている!

飛んでもない名前のワインではないですか?
なぜこんな名前になっているのか調べてみました。

ディジョン市の西部にあるワイン生産地なのだそう。標高257~307メートルの土地で、勾配は13%ある。そういう傾斜地のブドウ畑で働く女性はこの絵のようになってしまう、ということなのでした。

この地域のリュー・ディ(区画の通称)がMontreculなのだそう。

AOC/AOPブルゴーニュとして販売できる地域になっており、それに付けることができる名称は、Montrecul、Montre-cul、Montre cul、en Montre-culがあるようです。

どんな場所なのか、写真を眺めました。この程度の勾配なら、他にもいくらでもありそうに見えるのですけど...。

https://climatsdebourgogne.wordpress.com/2015/05/28/montrecul/
Montrecul – Les Climats de Bourgogne en images


全部で16ヘクタールと狭い地域とのこと。今では赤ワインになるプノ・ノワール種のブドウしか栽培されていないようですが、昔は白ワインも生産していて、ムルソーに匹敵するくらい優れていると言われていたのだそう。

ムルソーはブルゴーニュ白ワインの中でトップクラスなのです。それなのに、この地域で白ワインになるブドウ品種を栽培するのを止めてしまったのかは分かりませんでした。


お尻を見せるという名前の銘柄でワインを作っているドメーヌは他にもあるので、どんなデザインのラベルにしているのか調べてみました。

「モントル キュ」を楽天市場で検索


下のは同じ発想のものですね ↓


それではハシタナイというわけでしょうか? ニワトリの絵にしているのもありました ↓




他にも変な名前のブルゴーニュワインはある

飛んでもないと思うのは、
シャブリの一級ランクにある「L’Homme mortロム・モール)」 。

そのまま読めば、死んだ人間。ボトルに手を伸ばすにも抵抗があるではないですか?!

こちらもブドウ畑の区画がある地域の通称から付いた名前でした。この地域にはガロ・ローマ時代の遺跡があって、骸骨が入ったメロヴィング朝の石棺が幾つか発掘したので場所の名前になったのだそう。

地域の名前が先にできていて、それではワインは売れないから別の地域名にしようということにはならなかったのでしょうね。


もう1つ、あれ? と思ったブルゴーニュワインは、ボーヌの「Clos des Mouchesクロ・デ・ムーシュ)」。


mouches(ムーシュ)と言われれば、蠅のことだと思ってしまいます。clos(クロ)というのは、塀で囲まれたブドウ畑。つまり、ハエがたかったブドウ畑ということ?!

ところが、昔はミツバチのことを「蜜にたかるハエ(ムーシュ)」という言い方をしていたようなのです。ですから、これは「蜜蜂の畑」と読み取るべきなのでした。

この2つのワインについては、すでにブログで書いていました:
ブルゴーニュならでは? 面白い自転車を発見♪ 2014/09/01


もっと変なことがラベルに書いてあるワインもある

モントル・キュの言われを調べていたら、もっと飛んでもない文字や絵が描かれているラベルのワインがあることを知りました。余り度がすぎると、ラベルで勝負している質の悪いワインに見えてしまいませんか?

そういうワインのラベルを紹介している情報がありました。


Top 20 des étiquettes de vin les plus marrantes, l’humour millesimé

Les dix vins les plus méchants de France

フランスのワインを並べているようなのですが、こんな名前でワインを市場に出すとは信じられないようなのも入っています。

... と思ったら、大ヒットもあった。


究極の命名は「Vin de Merde」?

ワインがひどく不味いとき、「こんなのはvin de merdeだ!」と怒ったりするときにも使われる言葉。それがワインの名前になっていました。

Merdeとは糞のこと。とても下品な言葉なのですが、フランス人は悔しがるときに、女性でも「くそ~!」と平気で言います。試験を受けに行く人などに「グッド・ラック」と言葉をかけてあげるときにも、縁起担ぎらしくて「メルド」と相手に言ってあげたりもします。発音するのは止めて、Mだけ言ったりもしますが。

不味いという定評があるラングドックのワインは、安く売っているのですが、外国には安いワインがあるので競争に勝てない。売りさばくのにも苦労していると聞きます。それなら、逆手にして「Le Vin de Merde」と命名してしまうという発想だったのだそうです。アイディアを思いついたのはレストラン経営者でした。

飛んでもない命名なのでニュースで騒がれ、売り出したときに用意していたボトル5,000本は数日で無くなり、追加で7,500本作ったとのこと。一時的な流行ではなくて、今でも市場に出ています。

飲んでみると、そう悪いワインではないということでも人気があるらしい。


Le "Vin de Merde" du Languedoc

実は、最近、このワインの産地に近いところに行っていた友達が帰ってきて、Le Vin de Merdeをお土産に買ってプレゼントにしようと思ったのに店では品切れだった、と言われたのです。フランス人はジョークが好きなので、こんなワインを面白がって買う人も多いのだろうと思います。

プレゼントをもらった人が包装をといて取り出すと、ラベルに「Le vin de Merde」と書いてある。もらった人は「Merde !(なんてこった!)」と叫ぶ、という筋書きかな?...



ブログ内リンク:
★ 目次: 珍しいアルコール飲料
★ 目次: フランスのワイン産地、アペラシオン、セパージュ
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ

外部リンク:
Dijon a aussi son vin !
☆ Les Climats de Bourgogne en images: Montre-Cul
☆ Wikipédia: Bourgogne montrecul
Etiquettes de vin un peu osées : la Société des Alcools du Québec préfère l’éthique à la quéquette
☆ BIVB: Bourgogne Montrecul ブルゴーニュ・モントルキュル
Vin et cul : une réalité à regarder en face
Un vin de merde qui a du succès !


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)



コメント
この記事へのコメント
ラベルだけで 酔いそう ♪
ラベルを 拝見しただけで、、

頭が cul cul してくるのだ @@ 

お酒は キチガイ水とも 申しますが
そこまで culbute いいんかい ♪

お酒も タバコも この世から
一掃できたら
おらの 心は のどけからまし。。

Montre Cul
日本では きっと ヒンシュクもんでしょうけど
フランスは オオラカですね ♪
2016/07/17 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: ラベルだけで 酔いそう ♪
v-22 たかゆきさんへ

日本酒にだって変な名前が付いたのがあるのではないかと調べたら、出てきました。

プレゼントにぴったり?!変わった名前の日本酒銘柄10選:
http://www.nomooo.jp/column/strange-sake-matome/

でも、段々畑で収穫した米から作った「しりみせ」とかいう日本酒は、筆記体で書いたら美しそうな名前になると思うのですけど、存在しないみたいですね。

変な命名でヒットしたワインのことを追記しました。最後に入れたLe vin de Merde。たかゆきさんには気に入っていただけるのでは?
2016/07/17 | URL | Otium  [ 編集 ]
名前と パッケージ ♪
>プレゼントにぴったり?!変わった名前の日本酒銘柄10選:

わっ おおお~~ ♪

お酒の場合は やりたい放題 ですね~~

フランスの煙草のパッケージは そこまでさせるか 
というほど ヒステリックな 写真だそうですが、、

>最後に入れたLe vin de Merde。たかゆきさんには気に入っていただけるのでは?

とても 気に入りました v-10

「飲酒は あなたや 知人 家族 他人 の
生命まで 危険にさらす可能性が 多分にあります」と
ボトルに大きく 印字させ
飲酒による 殺人事件の現場や
交通事故 アルコール性肝障害の 写真を 
ラベルに印刷すべき なのだ ♪

酒税も煙草税に比べたら 安すぎですね。
2016/07/18 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: 名前と パッケージ ♪
v-22 たかゆきさんへ

>フランスの煙草のパッケージは そこまでさせるか  というほど ヒステリックな 写真だそうですが、、

悍ましい画像をパッケージに付けることを初めたのはどこの国だったかな? オーストラリアとか、あっちの方だったと思います。まさか、そんなのをフランスでも採用するとは思いませんでしたが、今ではヨーロッパ諸国にも広がっているのでしょうね。タバコ屋さんはお化け屋敷のような陳列になったのですが、そのうち棚の高さを調節して余り見えないようになりました。

>飲酒による 殺人事件の現場や 交通事故 アルコール性肝障害の 写真をラベルに印刷すべき なのだ ♪

数年前だったと思いますが、フランス政府がテレビで飲酒運転で交通事故にあうとこうなる、という怖~い映像を流していました。

>「飲酒は あなたや 知人 家族 他人 の 生命まで 危険にさらす可能性が 多分にあります」と ボトルに大きく 印字させ

フランスの高速道路では、その類いの文字が電光掲示板で出てきます。

今のところ、お酒には妊婦には禁止マークだけですが、そのうちタバコみたいに怖い画像を入れるようになるかもしれないですね。

でも、言わせてもらえば、酔っぱらった人は慎重にノロノロ運転するのですよ。ドライブしていて怖いのは、シラフで突っ走っている車やオートバイです。

フランスで危険なものには注意の画像を入れるのが流行りだしたとき、テレビの風刺番組で、それを言ったら何にでも注意書きを付けなければならない、というギャグをやっていて面白かったです。たくさん挙げていたのですけど、なんだったっけかな?... 豆には「オナラが出るから注意」という表示を付けるというのは覚えていますけど(日本だったらサツマイモでしょうけど)。

>酒税も煙草税に比べたら 安すぎですね。

本気でやめさせようと思うなら、税金稼ぎをするよりは他にすることがあると思うのですけど...。
2016/07/18 | URL | Otium  [ 編集 ]
う〜ん
わたしは お酒飲めない人よりは
飲める人の方が おもしろい、、というか
楽しいなと 思えますけどね〜
体質的にダメな人が 日本人には多いから
それも かわいそう、、と おもうけど、、
2016/07/21 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05さんへ

そうですね。飲むと怒りだすとか、変な酔い方をする人は困りますけど。

すごいなと感心するのは、お酒は全く飲めないから飲んでいないのに、酔った人たちに合わせて陽気になる人。
2016/07/21 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する