| Login |
2016/12/03
食べる栗を表す言葉は、フランスでは「シャテーニュ」と「マロン」があります。トチノキの一種のマロニエという木になる実も「マロン」と呼ばれ、綴りも同じでmarronです。

それに、マロンも栗の実としてシャテーニュの一種ではあるので、それを「シャテーニュ(châtaigne)」と呼ぶことも出来ます。逆に、マロニエの実を「シャテーニュ」と言ったら間違いになります。

ややっこしい。

栗のマロンとは何なのか?

食べられる実がなる栗の木(châtaigner)と、食べられない実がなるマロニエ(marronnier)の違いについて書いた「食べられないマロンがなる木、マロニエ」の続きです。

シリーズ記事目次 【栗のマロンには不思議がいっぱい! 目次へ
その3






日本で「マロン」と言ったら、
  毬(いが)の中に実が1つしか入っていない栗のことらしい


ブログに入れてくださったコメントで、とても興味深いことを教えていただいたことがありました。

マロングラッセなどに使う「マロン」というのは、イガの中に実が1つしか入っていない栗のことです、というものでした。

私はフランスで聞いたことがなかったのですが、これが日本の情報では定義になっているので驚きました。しかも、例外なく毬(いが)に入っている実の数でマロンとシャテーニュを分けているのでした。

インターネットに入っていた情報を少し並べてみます。私が引っかかった部分を赤字にします。

マロン
 Wikipedia
フランス語で大型のヨーロッパグリ(Castanea sativa)の実。本来はトチノキ科の木であるマロニエ(仏: marronnier、学名:Aesculus hippocastanum)の実。
マロン (植物) 
Wikipedia
イガの中に2~3個の小さな種子が入っているのがシャテーニュ、1つの大きな種子が入っているのがマロンと呼ばれる。
マロングラッセ
Wikipedia
フランス語でマロン(Marron)とは、イガの中に一つだけ入っている大きくて丸い栗のことである。
フランスの食ネタ帳イガの中にひとつの粒しか入っていないものがマロン、3つの実に分かれている小粒のものがシャテーニュと呼ばれるそうです。クレーム・ド・マロンやマロングラッセを作るために使われるのは、マロンではなくて、シャテーニュ
All Aboutchâtaigneとmarronの違いは複雑で、いろいろ細かい定義があるようですが、要は、bouge(ボグ/イガ)の中に入っている実が小さくていくつかの実に別れている小型の栗をchâtaigne、大きいものがmarronと考えればいいでしょう。

これら説明を読んだ方々が書いている記事は、ネットに無数に入っているようです。

それでも、栗を扱う日本の食品業界では、「イガの中に実が1つだけ入ったマロンを使用しています」という風にしては売っていないように見えました。



フランスで栗が売られているときは、「マロン」と書いてあるものの方が「シャテーニュ」より大きいようには思います。でも、イガの中に1つしか入っていなかったと思うほどには大きくなかったような...。

私は何かを言われれば「本当なのだろうか?」というところからスタートしてしまうのですが、全員が「実が1つ」ということに疑いを持っていらっしゃらないらしいのを見て、私は日本人にしてはへそ曲がりすぎるのだと、またしても反省。

コメントをいただいてから、フランスでは何をもってマロンと呼ぶのかも調べたのでした。フランスには正式に「マロン」と呼べる「シャテーニュ」の定義があったのですが(どのくらい市場で守られているかは知りませんが)、日本とは違うのです。どうして違うのだろうか、私がフランス情報を読み違えているのかと調べまくってしましました。


どこから日本では「イガの中にある実が1つなのがマロンだ」ということになったのか?

Wikipediaの「マロングラッセ」の項目で出典として挙がっていましたので、この本の中の記載からだったのではないでしょうか? 66頁にあるのだそうです。

大森 由紀子著『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来』世界文化社


Wikipediaの日本語ページでフランスについて書かれていることに関しては、7割が正しくないと思って読んだ方が安全だと思っているのですが、料理研究家の方が言われているなら、何か理由があってのことのはず。

日本語で「マロン」という言葉を使うときには、フランスで「マロン(marron)」と呼ばれる栗とは同じにしてはいけないのだと学んだわけですが、気になる...。


イガの中に栗が1つあるのが「マロン」という定義

フランスでも、栗の実に「マロン」という言葉を使い始めたときには、そうだったのだろうという気はしました。

栗の木(châtaignier シャテニエ)の実は「シャテーニュ(châtaigne)」と呼ばれるのが自然。フランス語では果実の名前の語尾を変化させて樹木の名前にしますから。リンゴ(pomme)がなる木はpommierという具合。

それなのに、特定の栗の実を「シャテーニュ」ではなくて「マロン(marron)」と呼んだのですから、何か理由があったはずです。

Les plantes et leurs noms: Histoires insolites』と題された植物のガイドブックがあり、その中にある栗の木(Châtaigner)のところで、「マロン」とは何なのかが書かれています:
⇒ この部分(41ページ)

マロンとは、イガの中の外側にある2つの胚珠の発育不全によって生じた大きくて丸いchâtaigne(栗の実)である。

つまり、イガの中に実が1つしかないのがマロンというわけです!

この本の著者は、野生植物に詳しい民族植物学者・作家のFrançois Couplanなので、植物学的にはマロンの定義はそうなのでしょう。

Littré(19世紀末の仏語の仏仏辞典)でも同じような説明をしています:
« marron », définition dans le dictionnaire Littré

これは、日本で言われていることと一致していて、Wikipediaの仏語ページにある「Marron (fruit)」も、この文献から引用しているらしい定義が入っています。ただし、もう1つのマロンの定義も挙げていて、それが現代のフランスで栗の生産や加工に係わる関係者が言うマロンの定義になっているのですが、それは次回に書くことにします。


イガの中に実が1つだけ入っている栗があるのなら、どんなものなのか見てみたい!

ところが、なかなかフランスのサイトでは見つからないのでした。本当を言って、そんなのは無いのではないかとも思っていたのです。

もう画像検索するのは止めようと思ったら、1つ見つかりました。



でも、どのサイトでも栗のイメージ写真として使っているだけなので、これがどんな品種なのか、そもそも食べられる栗なのかさえも分からない。

画像があるということは、存在しているということなので、また探す。

YouTubeに入っているフランスでのマロンの収穫を見せる動画で、イガの中に1つしか実が入っていないような栗もチラリと映し出されているものがありました。でも、同じ映像の中で、マロンとしながらも、イガの中に複数の実が入っている栗も出てきていましたので、何だか分からない...。

そうしたら、なんのことはないのでした。


イタリアが浮上!

Wikipediaでフランスの「Châtaigne(シャテーニュ)」の項目からリンクされているイタリア語のページ「Castagna」には、こんな写真が入っていたのです。



日本で言われるイガの中に実が1つだという「マロン」は、これなんだと思えますよね?

この栗の実に関する記事では、生栗の写真としては、これしか入っていませんでした。イタリアでは、イガの中に栗が1つしかないものが代表的なのかな?...

Wikipediaの「ヨーロッパグリ」にリンクしているイタリア語の項目「Castanea sativa」にも、またまたイガの中に実が1つしかない栗が登場!

イタリアでマロンとされる品種の栗のようです。

 

イタリアでもフランスと同様に栗の呼び名には2つあり、シャテーニュはCastagna(複数形はcastagne)で、マロンはMarrone(複数形はmarroni)。

イタリア語のページをフランス語に自動翻訳して読んだだけですが、マロンの方はイガに入っている栗の数は1つか2つで、普通の栗に比べて栽培が難しく、生産性が低い、と書かれてありました。マロンとシャテーニュの違いはフランスで言われていることと同じ。

マロンに関するフランス情報では、実が1つと書いてあったのには出会っていません。2から5つなどと書いているサイトもありました。イタリアでは1つしか入っていない品種の栗が多いのでしょうか?

【フランス直輸入】BOISSIER ボワシエマロングラッセ ナチュラル 8個...
マロンは、イタリアのトリノ産の高級栗をはじめとする有名産地の大粒マロンのみを使用!




◆ 「リヨンのマロンとは?

16世紀のフランスでは、すでにリヨンの市場で売られている「マロン」と呼ばれる栗がもてはやされていたらしい。リヨン市で生産されていたわけではなく、近くにあるサヴォア地方のような山間部があるので栗の集まる場所だったからのようです。

「Marrons de Lyon(リヨンのマロン)」という名前の品種がありました。「リヨン」という地名の他に「金色の」と付けて「Marron Doré de Lyon」とも呼ばれている美味しい栗のようです。

この品種ならイガの中に実が1つなのかと画像を探してら、そうでもないのですよね...:
こちら とか こちら

でも、こちらだと実は1つに見える。でも、入っている画像を拡大すると、実を1つだけ残して撮影しているようにも見える...。

ここまで来て、自分なりに結論を出すことにしました。

マロンというのは、本来はイガの中に1つしか実がない栗のことなのだけれど、それを選んでいたら現代の生産者は商売にならないので、大きな実が入っている程度ならマロンの仲間として認めることにした。それでは曖昧すぎるので、何を持ってマロンとするかの基準も決めた。


同じ栗の実なのに、なぜマロンという名前で呼ぶのか?

イガの中に実が1つだけな栗を「マロン」とするのは、本来の定義だったのかもしれないと思えてきました。

またまた、私の勝手な憶測です。

昔のフランスでは、小麦が充分に生産できない山岳地域(特にセヴェンヌ山脈がある地方)では、乾燥した栗で作った粉でパンを作ったりして食べることもあったそうで、栗の木には「Arbre à pain(パンの木)」 というあだ名もついていました。でも、「Arbre à saucisses(ソーセージの木)」というのもある。家畜(特に豚)に食べさせていたからです。ドングリを食べさせて豚を太らせたのは有名ですが、栗があればそれも食べさせるでしょうね。

栗が豚の餌にもなっていたなら、人間が食べるにはイメージが悪い。それで、美味しくて大きな実の栗は「シャテーニュ」ではなくて、「マロン」という別の名前で呼んだのではないでしょうか? そういう栗が、イタリアから入ったということもあり得る...。


ともかく、マロンの方がシャテーニュよりは大きな栗であることは確かだと思っていました。... というのは都会人の妄想である、と書いている業界の人もいたのですけれだ。

でも、大きいからって美味しいという理由にはならないと思うのです。その点で、フランスでマロンとシャテーニュを区分する定義の方が納得できます。上に書いた自動翻訳させたイタリア情報でも、フランスと同じように12%でボーダーラインをひくという定義をしていました。

日本では、なぜかそれを言っていないのです。これだけ検索したのに、1度も出会いませんでした。不思議...。
その12%とは何なのかを次回に書きます。



追記:

日本の情報では、フランスやイタリアで言われるマロンの定義を出しているところが見つからなかったと書いたのですが、すぐに入ったコメントで教えていただいた日本のメーカーのサイトに、それが入っていることを知りました♪

イタリアでは「マローネ」と呼ばれるマロンの説明です。

仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門」の「ヨーロッパ栗へのこだわり」のページでは、シャテーニュ(イタリアではカスターニャ)とマロン(イタリアではマローネ)の違いについて、こういう風に説明されていました:

音衛門の製品では、この「カスターニャ」種と「マローネ」種、二つの種類のイタリア栗を使っております。こちらの二種ですが、双方とも「ヨーロッパグリ(Castanea sativa)」の中の一種となります。両者の違いを簡単に説明すれば、カスターニャは毬の中に複数の栗の実が入った日本でもお馴染みの栗に近い見た目の栗、マローネは基本的に毬の中に栗の実が一つ程度入った大粒の栗で、中央部に割れ目のないものを指すと言われています。


私が推察したように、マロンは「基本的には」イガの中に1つだけ栗が入っているものであること。そして、中央部に「割れ目がない」ことがポイントなのです!

さすが、この道のプロの方はきちんとしたご説明をなさると感心しました。

この「割れ目がないこと」を表現する単語が曲者なのです。普通に使われる単語なのに、植物では特別な意味を持っていることに気がつくまでに私は苦労しましたし、それがイガの中に栗が1つしか入っていないことを意味すると受け取られても無理ないのです。





続きへ ⇒  辞書が頼りにできないと困る...

★ シリーズ記事目次: 栗のマロンには不思議がいっぱい!

ブログ内リンク:
胡椒の値段をつり上がらせた豚 2006/01/08
★ 目次: 食材と料理に関して書いた日記のピックアップ

外部リンク:
La châtaigne ou anciennement appelé « Arbre à pain »
Le chataîgnier l'arbre à pain, providence de nos ancêtres
Châtaignes et marrons en Cévennes
☆ Wiktionnaire: marron
ヨーロッパ栗へのこだわり » 栗を訪ねて イタリアムアベリーノ編

【マロンの語源】
☆ Bibliothèque municipale de Lyon: Marrons et châtaignes
☆ CNRTL: Etymologie de MARRON
☆ Etymologie-occitane: Marron


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 食材: 果実 | Comment (7) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
昨夕検索していたら、やはりイタリアのマロングラッセに行き着きました。メディチ家のお姫様が(カテリナ・デ・メディチ?)フランスに嫁した時に伝えた・・とのこと。

マロンの話を始めて読んだのは、昭和54年(1979年)6月4日発行の、月刊誌ミセスの愛蔵版第14号、『味で選んだ洋菓子店(文化出版局)』です。結婚前の2?歳。(笑) 引越しの際、家族所有の数百冊を処分しましたが、これは永久保存。(笑)

文化出版局パリ支局の江島玉枝さんが書かれた『パリのお菓子考・角のお菓子屋にボンジュール』に、
『・・・パリに来てはじめて、栗、イコール、必ずしもマロンではないことを知った。ふつう食料用の栗一般はシャテーニュと呼ぶ。その中にマロンが混じっているわけで、マロンと呼ばれるのは、一つのいがに一つだけ実が入っているもの。しかも、皮をむいたとき中身が二つに割れずに一つ身であるものを指す。 だからいくつもない。 三十個に一つぐらいの割で見つかる。 マロングラッセは、このマロンだけを使って作るのである。 一つ身だから煮詰めても割れにくいとはいえ、あの箱の中に納まるまでには、そのまた半分の数になる。高いのは当然である。・・・』と書かれています。

この本には、平野レミさんのお父様平野威馬雄氏(フランス文学者)もスイーツ好きで登場。大森由紀子さんは有名な方ですが、この当時はまだご活躍ではなかったよう?に思います。
当時は、森山サチ子さんや、今田美奈子さんが有名でした。代沢にあるフランス菓子のピエールの鈴木敏郎氏が、素人向けに菓子教室をなさったのもこの頃で、当時の生徒さんがこちらで先生になられたので教室に通いました。
当時のお菓子の本のなかには、輸入食器も大変高級なものが紹介されていてとても憧れたものですが、製造中止になったお品が多いのは残念です。

イタリアのマロングラッセに使うマローニ種(マローネは複数形)は、大粒の栗ですね。一番有名なお店はミラノの、『ジョヴァンニ・ガッリ』で、日本でも日欧トレーディングで販売されていますが、1個千円なので悩んでいます。予約は明日午前中まで。家族分、ついでにお友達のも買うと・・。(笑)  

京都福知山市のある、栗菓子で人気の『足立音衛門』のサイトに、ヨーロッパ栗のこだわりについて書いてありました。
ヨーロッパ栗は、日本の栗と交配も行われているそうですが、害虫に弱いので日本での栽培は極めて困難だとか。ヨーロッパ栗の渋皮が剥けやすい遺伝子は劣性で、交配しても性質を残すのが難しいそうです。問題が多いようですね。

では、次回も楽しみにお待ちいたします!
2016/12/03 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
先ほどの本は、中古本で紹介がありました。何年ぶりに読んだでしょう。
『文化出版局ミセス愛蔵版14号』ググっていただくと、画像が左上にでます。
表紙は水沢アキさん。すずらんの飴細工は。東京の A . ルコント氏。銀のトレイは、クリストフルのマルメゾンシリーズ(アンピール様式)。

水沢さんの白いブラウスも素敵ですが、すずらんの飴細工、素晴らしいです。いまでも、ほれぼれします。ルコントといえば、フランスらしい感じ??がしていた、スゥリ(ネズミ)のシュークリム。ルコントさんがジョルジュサンク時代に考案されたそう。憧れたものです。

ジョヴァンニ・ガッリのマロングラッセ、娘と相談して注文しました。下旬には届きます。いまさら・・と、予想だにしなかったマロンGでした。(笑)
2016/12/04 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>メディチ家のお姫様が(カテリナ・デ・メディチ?)フランスに嫁した時に伝えた・・とのこと。

フランス料理とされている食材や料理ではイタリアがルーツのものが多いので(日本料理だと思っていると、中国から来たのが多いのと同じ!)、マロングラッセもイタリアから伝わったのではないか、と私も思っています。大量生産を始めたのは誰かというのははっきりしているけれど、その前はどうだったかという確証はないそうです。発祥にはフランス説とイタリア説がありますが、いずれにしても16世紀というのが定説なので、カトリーヌ・ド・メディシスがもたらした可能性は高いでしょうね。

彼女がフランスに持ってきたと言われるものの中には、マカロンなんかもあるし。フランスのガストロノミーに大きく貢献した王妃なのに、大虐殺や暗殺女などの悪いイメージに消されていてお気の毒。

http://culture.ulg.ac.be/jcms/prod_426712/en/catherine-de-medicis-a-la-base-de-la-gastronomie-francaise

>三十個に一つぐらいの割で見つかる。
>一つ身だから煮詰めても割れにくいとはいえ、あの箱の中に納まるまでには、そのまた半分の数になる。


なるほど…。ケーキ屋さんで崩れてしまった不良品のマロングラッセを売っているのを見つけると買います。ずっとお安いし、味はそれほど変わらないと感じるので。

>イタリアのマロングラッセに使うマローニ種(マローネは複数形)は、大粒の栗ですね。

マローニが複数形ですよね。シャテーニュとマロンのイタリア語が何であるかを忘れないように、複数形も記事に書き加えておきました。フランス語の品種などを日本語にするときも、名詞が複数形だったり、形容詞に性別があって発音が異なるときには、日本語では原型の方が良いのか、フランス語通りにするかでいつも迷います。この場合を調べてみたら、日本では「マローニ種」とする方が一般的になっているように感じました。

>栗菓子で人気の『足立音衛門』のサイト

教えてくださって、どうもありがとうございます!♪ 私の理解の仕方が間違っているかと悩んでフランス情報を散々調べまわり、このことで間違いないだろうとやっと確信したことが書いてあったので自信をつけました。最後に追記を入れました。

>ヨーロッパ栗は、日本の栗と交配も行われているそうですが、害虫に弱いので日本での栽培は極めて困難だとか。

日本は湿度が高いので難しいのでしょうね。フランスの栗栽培でも害虫の被害が大きくて、良い品種なのに生産が激減したものがあると書いてありました。

>『文化出版局ミセス愛蔵版14号』

みごとに素敵な表紙ですね~。
http://hanamegane.com/?pid=61298162

>スゥリ(ネズミ)のシュークリム。

これですね?
https://ippin.gnavi.co.jp/article-7606/

あら、まあ。私は猫たちがどこかで見つけて連れてくるスウリーを見慣れているので、食欲がわきませんけど。

少し前の友人の家での食事で、色々なケーキが並んだとき、ピンクの豚の形をしたのがあって、どうしてこんな形のを作るのかと皆で笑ってしまいました。誰も手を出さないので、それを買ってきた本人が食べていました(笑)。

>ジョヴァンニ・ガッリのマロングラッセ、娘と相談して注文しました。

格別に美味しいと良いですね♪

ひところ、紀州だったかどこかで、1個千円という梅干しが大ヒットしているのだと言われて、地元の方から1ついただいたことがありました。すごく大きいし、鰹節の味がきいていて少し甘い。普通の梅干しとはかなり違うので、珍品になるだろうと思いました。でも、また食べたいと思うほどではない。まして1個千円は出したくはない。つまりは、自腹を切って買わないと、ありがたみが分からないのだろうと思いました。
2016/12/04 | URL | Otium  [ 編集 ]
あらま、間違っていましたか。ありがとうございます!!
マロンって、茶色のことなんですね。なんだかイメージが・・。(笑)

江島玉枝さんは支局長で、当時42歳。フランス人と結婚し、息子さんが一人。ご健在でしたら79歳でいらっしゃいます。消えたスープという連載を書いてあったよう。単行本がありました(1987年)。

ピンクの豚って、cochon rose ですよね??  確か、幸運の豚??のような意味があったのではないでしょうか・・。日本にも、Au cochon rose などというレストラン(ビストロなど)が多くあります。パリにも、有名なお惣菜屋がありますね。

ネズミのシュー、トムとジェリーで抵抗がないのかも。(笑)
何が憧れだったかといいますと、美しい姿(勝手に)です。あのようにすべてが完璧な形は、素人には難しいです。器用じゃないと作れません。子供向けの菓子ではない感じ、とでもいいましょうか。褒めすぎ??

よくあるエクレアだって、美しく作ってあるお店は多くはないです。つるりとしてなくて、ボコボコです。 普通、丸いシューは凸凹デコボコしてますでしょう? 卵の加減で調節はできますけれど、あんなにつるりと、しかもどれもこれも均一な形に作れるのは、熟練の方だけではないでしょうか〜と、思うのです・・よ。

千円の梅干し、買わないです。(笑)  五百円のも、甘いですしね。やはり、酸味がある方が好きですね〜。
2016/12/05 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
マロンひとつでも このような 検証ができるということに ただただ 美味しく頂くだけの
わたしは 驚きです〜
栗が フランス人はそんなにすきでない、、というのが びっくり〜
ワタシの知ってる秋の風物詩は
巴里の街頭でうってる 焼きぐりの
景色ですが、、
いえ、、何時だったかrテレビでみた
風景だと 思いますが、、

そういえば イギリスのブログ友も(日本人)
旦那がイギリス人だけど
山栗を 彼女がひろって 焼いて食べても
彼はすきでなくて ぜんぜん 食べないとか、、

日本で 戦争中にさんざんお米の変わりに
カボチャや芋を食べさせられた男性たちが
いまも 嫌ってたべない、、というのと
ある意味 同じかな、、
2016/12/05 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>マロンって、茶色のことなんですね。なんだかイメージが・・。(笑)

châtaigneから来ているchâtain(シャタン)という色もあるので、栗は色も2つに分かれていることに気がつきました。シャタンはフランス人に多い髪の毛の色で、「栗色」というより明るい色なのだけれどな…。

>cochon rose ですよね??  確か、幸運の豚??のような意味があったのではないでしょうか・・。

ありそうな名前ですが、何か特別な意味があったのかどうか知りません。貯金箱もフランスでは豚だから幸運なのかな?…

>何が憧れだったかといいますと、美しい姿(勝手に)です。

あぁ、お作りになるから見事と思われるわけですね。

>やはり、酸味がある方が好きですね〜。

梅干しはそれほど好きではありませんが、甘くしたら余計につまらなくなると思いました。どんな梅干しだったか調べてみたら、1個3,000円なんていうのが出てきた! もう勝手にして、という感じで、どれだったかを探すのは止めました。

https://matome.naver.jp/odai/2142200427973336801
2016/12/05 | URL | Otium  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05さんへ

>わたしは 驚きです〜

気になると調べてしまうのは、私の悪い性分です...。何の役にも立たないのに、とは思うのだけれど。

>巴里の街頭でうってる 焼きぐりの 景色ですが、、

私もフランスで焼き栗屋さんを見たときには、これか... と思って買ったことがありました。甘いわけでもなく、特に美味しいわけではなかったので、1回しか買ったことがないような気がします。ただ、寒い時には手が温まって嬉しいのですよね。

>日本で 戦争中にさんざんお米の変わりに カボチャや芋を食べさせられた男性たちがいまも 嫌ってたべない、、というのと ある意味 同じかな、、

そんな感じなのだろうな、と思っています。ただし、山岳部に行くと特産品として色々な加工食品を売っているので、好きな人もいるのだろうとは思いますけど。
2016/12/05 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する