| Login |
2017/02/22
美味しいものを食べることに情熱がある友人に、「フランスの伝統的なチーズを守ることを訴えたドキュメンタリー」で書いたドキュメンタリーのことを話しました。

Périco Légasseが出ていたと言うと、「彼は良いジャーナリストだ」と返事。

大企業のラクタリスを攻撃してしまうなんて凄いと思ったと話すと、「最近はテレビで余り顔をみないな」と言いました。もともと私はテレビは殆ど見ていないので、分からない。

企業家を怒らせるようなことを言ってしまって、テレビから干されているのではないか、などと話していました。

インターネットで検索してみました。

まだ60歳にはなっていないので、引退したはずはないですね。

こんな本も去年に出していらしゃるし、お元気そうではないですか。


彼のブログを見つけました。

乳牛をたくさん見かける酪農地帯でさえも、フレッシュな牛乳を買うのは難しい、というお話し。小さなスーパーでは、ずっと前からロングライフ牛乳しか売らないと言ったのだそう。

そう言われると、日本よりフランスの方が早くから常温で長期保存できるミルクが出回っていた気がします。というのは、最近になって日本でもそれが多くなったのだ、と私は気がついたので。


無殺菌牛乳の自動販売機を見ていた

ブルゴーニュの町で、変わったものがあるのが目に飛び込んだことを思い出しました。



何かと思って近づいてみたら、これ。




フランスで自動販売機を見ることは滅多にありません。駅や空港の中だったら、あったかな?...

しかも、ここで売っていたのはミルクなのです。

農家のミルクを1日中買えるのですって。

しかも、絞りたての無殺菌牛乳!

張り紙の写真も撮っていたので読んでみました。

ボトルを持ってきても良いし、有料で容器を買っても良いのだそう。

妊婦にはお勧めしません、なんて書いてある。最近は、そんなことはないのだ、と言われるようになりましたけど。

このとき一緒にいた友人が、こんなのが自分の家の近くにできたら良いな、と言っていたのを思い出しました。

この当時の私は、それほどミルクには興味がなく、ここでは自動販売機がフランスにあることに驚いておりました。

まだ無殺菌牛乳は使っていなくて、ロングライフ牛乳をストックしていましたので。

無殺菌牛乳はすぐに使わなければならないので、面倒だと思っていたのです。でも、料理に使っても味が良くなることを知ってからは、ロングライフ牛乳を使う気にはならなくなりました。


写真の日付を見たら、2010年。

自動販売機というのはフランス人には好かれなくて、もうなくなっているのではないかなと思って、とりあえず地元の新聞を検索してみました。

私が見たのは、設置してからわずか2カ月というところだったようです。ミルクの売値が下がっていくので、新しいビジネス方法を考えた農家のアイディアでした。

3年くらいしたら設備投資を取り戻せそうで、そこを利用している女性が自分でヨーグルトを作っている話しなどもありました。


でも、ああいうのがフランスで成功するのかな?... 自動販売機には抵抗があるだろうし、そもそも、日本だったら農村と言われてしまうくらい人口の少ない町なのです。

やはり、うまくいっていないみたい。常連客は相変わらずいるけれど、始めの半年ほどには売れないようです。1リットル1ユーロ(約120円)を半額にするセールをしたら客が倍増したけれど、それでは原価を割ってしまう。この自動販売機は500万円近いのだそう。

問題は、大きなスーパーで売っている無殺菌牛乳は、この農家の売値より安いこと。それから、ロングライフ牛乳の方が便利だと思う消費者が多いこと。

それで、何かプロモーションの方法を考えないといけないらしい。日本だったら、無殺菌牛乳には希少価値もあって、十数倍のお値段でも売れると思うのですけどね。

そんなニュースがあったのは、ちょうど1年前のことでした。どうしたかな?....



ブログ内リンク:
★ 目次: 乳製品(チーズ、バター、生クリーム)に関して書いた日記

外部リンク:
La croix et la bannière pour trouver un litre de lait frais à la campagne
☆ Wiktionnaire: la croix et la bannière
Distributeur de lait cru le soufflé est retombé malgré le soutien de fidèles 18/02/2016
Lait cru et circuit court 02/04/2012


にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する