| Login |
2017/06/26
友人が面白いものを見つけたといってリンクを送ってきました:
こちらのページ

この絵に友人は「Une histoire de grands dadais et de nains malfaisants」なんていう皮肉な題を付けていました。



1958年に始まった第五共和政の歴代大統領と、一部の首相たちの身長を絵で表しています。

絵はオーバーに描いているのですが、数字を見てもかなり差があるのが見えます。

フランス人たちが身長を話題にする大統領の代表は、ノッポのシャルル・ド・ゴール(1.96 m)と、真ん中でカーボーイ姿に描かれているニコラ・サルコジ(1.68 m)でしょう。

ド・ゴール将軍は、ほとんど2メートルという身長。あだ名はgrande aspergeだったのだそう。細身で背が高いと、フランスではよく伸びたアスパラガスに例えられるらしい。右に立っている人ですが、アスパラのイメージかな...。


Sikorski、McNaughton、Churchill、de Gaulle (1941年)


最近大統領になったエマニュエル・マクロンは、テレビで見ていると背は余り高くないなと思っていたのですが、1.73 mとなっています。まあ、フランス人としては普通くらいの背の高さでしょうね。

実物にお目にかかって巨体だなと感じたジャック・シラクは1.89 m。やはり、かなり背が高かったのだ。シラク氏に目の前に立たれると圧倒される体格だと思った想い出があるので、その後にお忍びでトルコに来ていたミッテラン大統領にスークでばったり会った時は、小さいなと思ってしまった。でも、マクロン氏と同じ身長なのでした。


背が高すぎるのは殆ど茶化されせんが、可愛そうなのはチビの方。

「小人」なんていう悪口も言われたニコラ・サルコジ氏は、そんなに特別に小さいというわけではなかったのですよね。ナポレオンと同じに1.68 mです。ナポレオンの方は、この英雄が嫌いな人でもチビとは呼ばないと思います。

サルコジ氏の背が低いことが風刺ニュースで盛んに取り上げられたのは、彼が身長に対して強いコンプレックスを持っていたからだったと思います。

5センチくらい背が高くなる特製の靴を履いていたり、演説するときに小さな台に乗っていたり(後ろからカメラを向けられればバレルのに!)、外国の首相に会うときにはお抱えのカメラマンに彼の方が背が高いように見える角度で写真を撮らせたとか。

からかわれるのに事欠かないほど、ご本人が変なことをやっていたのでした。


Sarkozy, mon nain à moi


描かれている政治家たちの中には、サルコジ氏よりも小さい人がいました。ベルナール・カズヌーヴ首相。この人も背が低いことにコンプレックスを持っていたようなのですが、サルコジが背が低いと散々からかわれた後に首相になったからではないかな?... 風刺ニュースでからかわれていた記憶は私にはありません。

絵を眺めて、1メートル70ないと、フランス人の男性としては小さいと言われるかな、と思いました。ちなみに、フランス人の身長も昔より高くなってきていて、現在に18歳の男性の場合の平均は1.8 mらしいです。

イギリスでは上流階級は背が高くて、下層階級は背が低いのだ、と聞いたことがあります。背の高さを見ただけで、歴然と階級が分かってしまうのだとか。フランスでは、そういうことはないように思うのですけれど。





堂々とした姿の肖像画を見慣れているルイ14世は、サルコジよりさらに5センチ小さい1.63 mだったそうです。昔の平均的な身長は今より低いですから、小さいということはなかったでしょうね。

Louis XIV of France

ヒールのある靴を履いているし、鬘も高くしている。この当時の流行なので、違和感はなかったのでしょうね。


外部リンク:
En images la taille des présidents de la République française
Taille des Présidents  il manque 1 cm à Hollande pour battre Sarkozy
Pour gouverner, la taille, ça compte
☆ Taille moyenne homme
A quoi ressemble le Français moyen?
世界各国の平均身長
☆ Wikipedia: Liste des présidents de la République française » フランスの大統領
Top 10 des tailles de personnages historiques et politiques (pour bien se rendre compte)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: フランス人 | Comment (8) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
サルコジさんのお気持ち、わかります〜。女性は、高いヒールでなんとかなります??けれど。若い頃、私も毎日履いていました7〜9cmヒール。筋肉痛で疲れ果てていましたけれど。(爆)

身長、あと3センチ(笑・ホントはもっと)でいいから、背が高くなりたかったなぁ。

弟は、182cm あるんですけどね。昔、友達が、大男総身に知恵が回りかね・・と言った時は、妙に面白かったですが、小男の総身の知恵も知れたもの・・なんていうのもあるんですね。(汗)

男女問わず背が高いと、なんとなく頼り甲斐がありそうですし、できる人・・って印象がありますね(注:あくまでもイメージです・笑)
2017/06/27 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>サルコジさんのお気持ち、わかります〜。

大統領なのだから、もっと凛としていてもらいたかった、と私は思いました。友達仲間に背の低い男性がいるのですが、仲間が集まった席で政治の話しになると、サルコジ大統領のことを「腹黒の小人」となどと言っていたので、そこにいる小柄な男性が可愛そうじゃないか、と思いました。子どもの時から辛辣な皮肉になれているフランス人たちなので、私が心配するほどにはめげなかったのかもしれませんけれど。

>身長、あと3センチ(笑・ホントはもっと)でいいから、背が高くなりたかったなぁ。

私は自分の背の高さにコンプレックスを持ったことがないのです…。自分は小さいのだと痛感したのは、イギリスで入ったアットフォームな語学学校でした。1日に2回、ティータイムというのがサロンで開かれて、立ったままでクッキーやお茶を飲みながらおしゃべりをするという趣向。かなりハンサムで、かなり長身のイギリス人男性の先生がいて、自分より背が低い相手と話すときには、両足を左右に開いて身体の高さを調整しているのでした。確かに、身長が違う2人が立って話しをしたら距離(!)ができてしまい、大勢の声が響いている場では不便。そういう方法があったかと感心したのですが、私を相手にするときには身長の差がありすぎるので、彼は不細工なほどに大きく足を広げて立っているのでお気の毒でした!

とはいえ、在日フランス企業で働いていた時は、10センチ近かったかもしれないヒールの靴を履いていました。社員のセールで高級フランス・ブランドの靴が破格値で買えたので、いっぱい持ってしまったのです(靴の見た目は美しかった)。今は、高いヒールの靴で歩くなんて芸当はできません!

女性がハイヒールを履くのは自由ですが、こういうニュースを見たときは笑ってしまいました。

自衛官ヒヤヒヤ 稲田防衛相ハイヒールで艦内闊歩の非常識:
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188410

>男女問わず背が高いと、なんとなく頼り甲斐がありそうですし、できる人・・って印象がありますね(注:あくまでもイメージです・笑)

そうですか?… 女性の場合は、背が高すぎるのはコンプレックスにもなるのではないかと思っています。

日本でテニスをしていた頃の仲間の中に、背が異常に高い女性がいたのですが、ある時、イタリアに行くことにしたと宣言しました。モデルになるほど美人ではないのに背が高すぎる日本人女性の不孝に気がつきました。送別会を開いた後に消息はないのですが、全く言葉もできないままで行ってしまったイタリアで、彼女の渡航目的だった伴侶を見つけられたのなら良いけれど…。
2017/06/27 | URL | Otium  [ 編集 ]
チビ ハゲ お漏らし ♪
とある国の 皇太子
靴は上げ底 頭にカツラ そして
人工膀胱からは 尿漏れ頻繁。。。

先頃 訪問された 御国では
国王陛下の御前で 写メ撮りまくりの 御乱行

彼のご令嬢と同じく 知的障害者かと、、

さてさて
弟君の ご令嬢は 半島由来の プータロー君と
めでたく ご婚約とか。。

開いた口が 塞がらない 「とある国」が
どこの国かは
口が裂けても 言えないのだ ♪

2017/06/28 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: チビ ハゲ お漏らし ♪
どこの国の、誰のことか想像できないので調べてみたら特定できました。お漏らしの証拠写真などが出て来たので。私は全く知らなかったです!

チビやハゲはどうでも良いと思うけれど、お漏らしはお気の毒。そもそも、時代が進みながら、男性は背広姿とネクタイ姿というチョイスしかないのは滑稽だと思う。こういうのは全く似合わない男性もいますから。日本男児は、神主さんのような恰好をしている姿でいるのが最も美しいと感じております。

アラブ諸国の首脳は、国際的な会合でも堂々と伝統的な衣装で出て来るのが面白い。カンドゥーラという長いワンピース、それにグドラというスカーフを頭にのせている。これだったら、ハゲだろうが、お漏らしだろうが、ばれないはずなのですよね。

アラブ人って賢いのではないかな? そもそも、キリスト教徒とイスラム教徒の衝突は、昔はアラブ圏の方がキリスト教文化圏より文化が進んでいたからというのもあると思います。数字とか、水の灌漑技術とか…。
2017/06/28 | URL | Otium  [ 編集 ]
矜持 ♪
彼には 矜持の 欠片もないのかと。。

禿も倭も 彼の せいでは ありますまいに

「それが どうした 吾は吾なり」という
気概を微塵も感じられません

ハゲやらチビやらを ひたすらに
隠そうとする その 品性 下劣

ご両親から いただいた 身体髪膚
そんなに 恥か 
(まあ あの ご両親なら 恥かも)

ぼくは スーツやら 神主さんの衣装やらに
無性に憧れるのですけれど
それとは 縁もゆかりもない ブルーカラーの
作業着で 日々格闘する 
肉体労働者 なのだ  ♪
2017/06/29 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: 矜持 ♪
v-22 たかゆきさんへ

>ご両親から いただいた 身体髪膚 そんなに 恥か (まあ あの ご両親なら 恥かも)

回りからの圧力が相当強いからだろうと、私は思いますけど…。こんなに人権を無視される陰湿な環境がある国はないだろう、とお気の毒に思っております。

シラク大統領の政権のときに首相を務め、失策をして退いてから忘れられていたジャン=ピエール・ラファラン氏が、この度の大統領選挙のときにはテレビに姿を見せていて、まだいたの?と思ったのですが、ここのところ、彼は政治の世界から引退することにした、というニュースが流れています。無能な政治家だった印象しかないので、何も取り沙汰することはないと思うのだけれど、話題にされている。

彼は、フランスで稀にいるような醜い男性の風貌なのです。調べてみたら、身長は1.74 mで見劣りはしないのかも知れないけれど、首がなくて、鼻眼鏡で、どう見ても、限りなく醜い!…

彼がフランス人たちだけを相手にしたスピーチで、突然、「Win the Yes needs the No to win against the No」という訳が分からない英語をしゃべり出したので、ご乱心かと驚かされたことがありました:

https://youtu.be/JulmkVVfyDA

この場面を出した昼のニュースで見ながら、ラファランはサルコジ前大統領に比べたら百倍も醜かったけれど、それでコンプレックスを持っている様子は全く見せてはいなかったよね、と話しました。彼には矜持があったのかな?… それでファンもいたので、引退が話題にされるのかも知れません。

>ブルーカラーの作業着で 日々格闘する 肉体労働者 なのだ  ♪

日本にいたときは、ブルーカラーという言い方の意味が分からなかったのですが、フランスに来たら、肉体労働する人たちは本当にブルーの服を着ているので納得しました。入院した病院でも、スタッフの人たちは淡いブルーやグリーンの制服。真っ白けでいられるよりも温かみがあるので患者としては嬉しいし、さすがにフランス人のセンスは良くて、カッコいいな… と思ったのを思いだします。
2017/06/29 | URL | Otium  [ 編集 ]
こんにちは。
ラファランさん、画像で拝見しました。動画ではないのでなんとも??ですが、そんなに百倍醜いの〜?? 
堂々としてあるようだから、醜く見えないような。

横顔は、確かに鼻がね・・・でしたけれど。
落ち着きのなさそうなサルコジさんの方が、苦手です。(汗)

そういえばサルコジさん、ジャンポール・ベルモンド系のお顔?(迷惑?・笑)
ベルモンドさん、昔から人気の理由が分からなかったわ〜。(汗)

映画やマンダムのCMで記憶に残る、チャールズ・ブロンソンも苦手です。だからといって、美形のアラン・ドロンもそんなに・・・。(ahaha)

レジェンド・オブ・フォールの頃の、ブラピはとても好きですね〜。
あッ、今回はなんの話でしたっけ???(笑)
2017/07/01 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>百倍醜いの~??

百倍と書きながら、それではオーバー過ぎるとは思ったのです。スミマセン! どちらも私には見ると虫酸が走るタイプの顔なのですが、顔の造作から言ったら、サルコジはラファランのように醜男の典型というわけではないと思う、という程度です。

>落ち着きのなさそうなサルコジさん

肩をヒクヒクさせるのは、チック症とか何かの病気だと思うのですが、そういうのを持った政治家というのは致命的欠陥でしょうね。

>サルコジさん、ジャンポール・ベルモンド系のお顔?

ベルモンドはイタリア系らしく明るいけれど、猿孤児さんの方は生い立ちを見せる暗さが顔の表情にあって、かなり違う、と私は感じますけど。

>ベルモンドさん、昔から人気の理由が分からなかったわ~。(汗)

美人とかハンサムとか言う基準は、日本とフランスでの基準にはかなり違いがあるので興味深く思っております。美形とよりは、フランス人は個性を重視しているように感じます。

女性の場合は、冷たくあしらわれそうなくらいの人が美人とされるように感じます。稲田防衛大臣は、海外でのスピーチで自らを「グッドルッキング」とおっしゃったそうですが、年配の女性らしい魅力を出さずに、かわい子ちゃんルックでいる政治家はフランス人からは軽蔑されるだけではないかな?…

https://anonymous-post.news/archives/407
2017/07/02 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する