| Login |
2017/08/04
友達の家で飼われている猫が赤ちゃんを産んだというので見にいきました。

去年だったかに猫をもらったのでお嫁さんをもらったらオスの方が死んでしまった。それで、また雄猫を買ったのですが、待望の赤ちゃんが生まれたというわけ。



3番目のダイニングルームの壁面にあるクローゼットの中でお産をしたがっているように見えたので、入っているものを片付けて場所を作ったのだそう。いつもは使わない部屋で、ドアを閉めておけば静かなのが気に入ったのでしょう。

お母さん猫は片方の目が開かないという欠陥があるのですが、子どもを産むには問題なかったようです。生まれたばかりの子猫たちも、まだ目が開いていませんでした。


メインクーン(Maine coon)という大型のネコなのですが、赤ちゃんは普通に小さい。




メスで6キロ、大きな猫になると10キロなどという大きな猫なのですが、大型猫の中では最も人気があるようです。血統書付きだと1匹1,500ユーロくらいするのだとか。20万円?

それで、この家では、いなくなったり、盗まれたりするのを恐れて、庭には出さずに家の中だけで飼っています。1階部分だけでも広い家なので、猫の運動には事欠かないはず。

欲しかったら1匹くれると言ってくれたのですが、断りました。子犬くらいの大きさがある猫など、私は飼いたくないです。


1週間後にまた行ったときには、赤ちゃんたちも少しウロウロできるくらいになっていました。6匹生まれたのですが、残ったのは5匹でした。

親子は、相変わらずドアを閉めた来客用のダイニングルームで生活していました。



1匹だけお母さんと同じに白猫で、他はお父さんと同じに黒と白。ブチの感じが良くて、美しい猫になりそうな子が1匹いました。みんなで乳首をあさるときも、その子はしっかり場所を確保していたので、賢い子なのではないかな。


アンチークの鏡

パパは、部屋には入れてもらえないでいます。悪さをする危険があるから?



この家の人に後日会ったとき、先日のコメントで、サン・ゴバンの鏡は実物に近い色で映ると聞いたという話しをしました。ご主人がアンティークに詳しい人なのです。

鏡はガラスの反面に金属を蒸着させて反射させるのですが、昔の優れた鏡はガラスの裏に金を使っているのだそう。それで非常に高価なのだそう。

この写真でお父さん猫の後ろにある鏡が、そういう作り方をしていると言われました。この次にお邪魔したときは、猫だけではなく、この鏡も眺めてみようと思います。玄関ホールの窓際にある鏡。


ヴェルサイユ宮殿の鏡の間の鏡を作ったサン・ゴバン(Saint-Gobain)は現在でも続いているフランス企業なので、売っている鏡を探したら、こういう現代的なのが出てきました。


Miroir design Dijon 800 mmx600 mm de Saint Gobain

80 cm x 60 cmの鏡で、ライト付き。定価が328ユーロ(約4,3000円)。私には高いのか、そうでもないのか分からない。


外部リンク:
☆ Wikipedia: メインクーン
Fabrication miroir


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 動物 | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
動物は苦手ですが、写真などでみると可愛いぃ。パパ猫、カッコいいですね!

猫といえばお魚ですが、スズキが淡水魚でもあったなんて!! 知りませんでした。(汗)
一度、釣ったスズキを頂戴したのですが、皮が硬くて大変でした。友達は、息子さんが釣った大きなスズキをさばいていたら、指を怪我したそうで、なじみのお寿司屋さんに持ち込んでました(有料)。

そういえば、スズキって大きいので沿岸で釣れるとは思っていなかったのですが、やっと謎が解けました。(笑)

サン・ゴバンの鏡、Manufacture royale de glaces de miroirs の時代は、金が使われていたなんて!!すごいですね。

ガラス板の裏は、純度の高い銀(メッキ?)で、腐食を防ぐ為に金がはってあった(メッキ?)ということでしょうか・・。現在では、銀メッキ後、銅メッキが多いようですね(サンゴバンは特殊な方法)。

日本で販売されているサンゴバンの鏡は、ドイツ製だそう。インド製などもあるようですけれど。
2017/08/05 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>釣ったスズキを頂戴したのですが、皮が硬くて大変でした。

そうなのですか。スズキという名前は知っているのですが、川魚のスズキは食べたことがないので、想像がつかない。

>ガラス板の裏は、純度の高い銀(メッキ?)で、腐食を防ぐ為に金がはってあった(メッキ?)ということでしょうか・・。現在では、銀メッキ後、銅メッキが多いようですね(サンゴバンは特殊な方法)。

反射させる金属としてメッキするのだろうと思ったのですが、腐食を防ぐため? 友人の説明もよく理解できなかったので、インターネット情報を調べたら、贅沢な鏡では金を使うと書いてあったので(リンクに入れたページ)、使うというところは間違いないのだろうなと思いました。

この友人はアンティークなどについてかなりの知識があるので(ひところは商売にしたこともある)、フォルナリーナさんとおしゃべりしたらお話しが弾んで楽しいしょうね。私は「ほ~」と聞いているだけ!

>日本で販売されているサンゴバンの鏡は、ドイツ製だそう。インド製などもあるようですけれど。

フランスは人件費が高いので、有名ブランドのハンドバッグなども東欧で作らせて、仕上げだけフランスでして「フランス製」にしているのが大半なのだというルポルタージュがありました。厳格に働くイメージがあるドイツで作らせているなら、真面目だと思いました。インドも技師のレベルが高いと聞いています。こだわりがあるメーカーなのかな。
2017/08/06 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する