| Login |
2009/09/04
先日の日記(クイズ: フランスの新型インフルエンザ対策論争)で、フランスの風刺新聞カナール・アンシェネにあった記事について書きました。ここで「おかしい」と言っていることが、私には変だと思えたからです。


おかしい状況だ、とされた写真

他の新聞が挿絵のように入れていた下の写真が、おかしいという記事でした。

教室のドアに先生が「新型インフルエンザのために学校閉鎖」と書いた紙を張っています。

おかしいという理由は、2つあがっていました。

1つの理由は、これ:
学校を閉鎖するなら、校門に張り紙をすべきだ。そうでなければ、生徒たちは教室の前までやってきてしまうではないか!

これは、確かにそうだ、と納得できますよね?

私が驚いたのは、もう一つの方の理由でした。

学校閉鎖を告げる張り紙をしている先生は保護用マスクをしている。医療指示に従えば、マスクは特に感染したときに他の人々にうつさないようにすべきものとなっている。つまり、この先生は感染している。それにもかかわらず出勤して、みんなに感染させてしまう危険を犯している!

短い記事は次の文章で終わっていました。
Faudrait pas confondre mise en scène et mise en danger…

この風刺新聞が得意とする言葉遊びが出てくるわけで、うまく訳せません。「舞台を演出する(挿絵としての写真を入れたこと)のと、危険に陥れるのと(インフルエンザを充満させる状況の学校だということ)を混同しちゃいけないよ」ということなのですけど、日本語にすると言葉遊びにならないので、おもしろ可笑しくもない!

問題にされた写真はインパクトを与えるために撮影されただけなのは自明なので、どうでも良いことであるけれど、結びのジョークも考えついた記者が書いたおふざけの記事かも知れません。新型インフルエンザ対策のことを過度に騒ぐのを批判しているのかな?...


でも... と私はひっかかってしまいました。

フランスでマスクをしていると、
感染している人だと思われてしまうのですか?!


風邪がはやったり、花粉症の時期だったりするマスクをする日本国民。新型インフルエンザが流行っているとしたら、外国旅行をするときにマスクをする人も多いはず。

フランスを観光するときマスクをしている日本人を見たフランス人が、この人は感染していると思われるのだとしたら、たまらないではないですか!


人からどう思われたって、気にしなければ良いと思うけれど…

この記事が気になったのは、つい最近、フランス観光旅行を控えている日本人から、こんな質問をされたからです。
「フランスに行ったとき、インフルエンザ対策としてマスクをしていても良いでしょうか? マスクをしていたら、どう見られますか?」

フランスではマスクをして歩いている人はいないので、極端に目立つし、奇妙だと見られるのは明らかです。他の欧米諸国でも、たぶん同じだろうと思います。

でも、人にどう思われたって良いではないの、という生き方をしている私なので、「お好きなようにすれば良いと思いますよ~」と答えました。変人でも、息苦しくならずに生きられるのがフランスの魅力でもありますので!

フランスを旅行するとき、マスクをしていることで安心していられるなら、そちらを選ぶべきだと思います。無理してマスクをしないでいたら、感染するのではないかと落ち着かなくて、せっかくの観光も楽しくなくなるではありませんか?

もっとも、せっかく海外旅行に来ているのに息が苦しくなるマスクをするというのは、私には理解できないですが…。「これは健康に良い食品だ」と言われただけで食欲が減退してしまう私なので。

マスクをするかどうかはお好きなように、とアドバイスをした後に、クイズに取り上げた記事を読んだのでした。それで、「この人は感染している」などという目で見られるのだとしたら、居心地が悪いかもしれないですから。

でも、マスクをしている観光客を見ても、今これだけ騒がれているインフルエンザにかかっている人がのんきに地球の裏側まで来るはずはない、と常識で分かるはず。

だから、マスクをしているのは感染患者だと見られる危険があるなら、「私は外国人観光客です、という顔をしましょうよ♪」と言いたくなるけれど、そうすると外国人を狙っているスリにあう危険度が高まってしまう…。

こういうときのアドバイスって、難しいですね~!

でも、マスク姿が変に見られても、気にしないことだと思います。今は、魔女狩りなどをした中世ではありません。たとえ新型インフルエンザにかかっている東洋人だろうと疑われても、石をぶつけて追い払われることは絶対にないはずです!


チーズでも人払いができる?!

フランスにはとっても臭いチーズがあります。もともと匂いが強いチーズが熟成すると、ますます臭くなります。チーズが好きだと、臭いのが好きになる傾向にありますので、そういうのが大好きという人も多いです。

臭いチーズが好きなのは男性に多いように感じるのですが、そんなチーズが食卓に出ると、鼻をつまむ女性がたまにいます。食事しているときにタバコを吸われたくないとか、携帯電話を使わないで欲しいという拒絶感と同じ。

すると、こんな冗談を言う男性がいます。
「このチーズ、いいんだぞ~! これを持って電車に乗ると、周りに人が来ないから、悠々としていられるんだ」

ここブルゴーニュで匂いのきついチーズの代表は、エポワスです。

 AOC エポワス

エポワスはブルゴーニュが誇る高級チーズで、これが大好きという人は多いのですが。

フランス人が臭いチーズの代表にするのは、
こちらもありますね ↓
  マロワール



パリの地下鉄の中でマスクをして座ったら、隣に人が来ないかどうか実験してみたいと思ってしまいました。たぶん、完全に無視されて、しっかりと私のまわりも満員車のままだと思いますけど。


マスクのことは気になってしまっているので、過去にも日記で書いていました:
外国で日本人を見分ける方法?


後日の追記 (2009/09/10):

日本人とマスクの話しをしたら、「フランスに来るときはマスクはしない方が良い」とアドバイスするフランス人がいました。
フランスでマスクをしていたら感染者とみられる、というのが友人の言い分。

夏休みの学校が閉鎖される例も出たし、インフルエンザは冬にはびこるとされている今の時期、フランス人たちはかなり神経質になっているので危険だと言うのです。

サルコジ大統領は取り締まるのが好きだから、マスクなんかしていたら病院に連れていかれてしまうかも知れないよ、などとまで言います。

そんなの信じられないです!
でも、最近のフランスは確かに昔とは違っているのですよね。

私が出会ったフランスは「法律は破るためにある」というラテン系気質の国だったのですが、最近のフランス人たちはヒツジのようにおとなしくなっています。酒飲み運転やスピード違反をして運転免許を取り上げられるのを恐れたり・・・。パリ市内で生活しない限り公共交通網は全く発達していないので、免許がなくなったら働けないという恐怖感は理解できるのですが。

新しい政権になってから、信じられない理由で逮捕された人の話しもニュースになっていました。

パリでデモがあったとき、夜に自宅に帰ろうとしたら機動隊に道を封鎖されていたのでデモを見学しにいったら逮捕されてしまった、なんていう話しがありました。大きな試合でグランドの土を持ち帰る気分で、道端の石を拾ってしまったのが原因だったもよう。

テロリストだと疑われて投獄されてしまった人が、なぜテロリストだと疑われたかというと、今の時代に携帯電話を持っていなかったというのが一つの理由だった、などというニュースもありましたね。携帯電話を持っていると、居所が追跡される。それを恐れて携帯電話は持たないのだ、という推測。ようやく疑いが晴れて釈放されたそうですが、かなり長いこと刑務所に入れられていました。

マスクも変に疑われるならしない方が良いにこしたことはないけれど、マスクをしていないと落ち着かないなら、フランスを観光するときにもしていて良いではないか、と私は思うのですけど...。

「マスクはしない方が良いとアドバイスするべきだ」と言い切ったフランスの友人が言うのは、少なくとも新型インフルエンザ特有の大げさなマスクはしない方が良い、とのことでした。

せちがらい世の中になりましたね...。

さらに、追記:

この追記を書いた日の夕方、食前酒タイムで私はクシャミをしました。今日は涼しかったのに半袖で過ごしてしまったのがいけなかったらしい。

みんなが、一斉に笑い声をあげました。
「グリップAだ~!(新型インフルエンザのこと)」

一人が言います。
「マスクをしなきゃいけないよ、アハッハ」

フランスでは、新型インフルエンザが大げさに騒がれていると笑っていられる状態なのです。でも、やはり、マスクは感染した人がつけるという認識がフランス人にはあるのだと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 日仏の比較 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
なるほど
なるほど、そういう背景があって、このあいだのクイズのところで「ギクッとした」わけですね。
GWやお盆の海外旅行ハイシーズンに、マスクをして成田から出国する人たちの姿がニュースで流れてましたから、きっとあちこちでマスク姿の日本人旅行者がいたはず。しかも団体で。
ツアーの観光客が行くところはかなり限られてるだろうから、その場にいあわせる現地の人には、もう「そんなもんだ」と受け取られてるんじゃないかな…。
地方への個人旅行だったら、また事情が違うかもしれないけど。
2009/09/06 | URL | すぎちゃん  [ 編集 ]
おぉ~っ
Otiumさんのブログ、なんだか真っ白だな~~。。。と何日も不思議に思っていたら、な~んと下にコロコロと移動すると、ブログの記事がでてきたじゃありませんか~!
そんな中、クイズがもう…終わっていたんですね。(涙)
でも考えてもわかりませんでした。なるほど~、そういうことでしたか~!

大好きな「エポワス」に意外な力があったんですね(笑)
ちなみに「マロワール」も好きですっ。。。
2009/09/06 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
Re: なるほど
v-22すぎちゃんへ

>ツアーの観光客が行くところはかなり限られてるだろうから、その場にいあわせる現地の人には、もう「そんなもんだ」と受け取られてるんじゃないかな…。地方への個人旅行だったら、また事情が違うかもしれないけど。

⇒ 日本人観光客をよく見る地域では、免疫ができているでしょうね。書きながらインターネットを検索したのですが、日本人がマスクをすることはかなり話題になっているようですね。中には、日本人文化論にまで発展させる人もいました。

今日は、小さな村のイベント(最近やたらに流行っているガレージセール)に行きました。こういうところにマスクをした日本人が数人現れたら面白いな、などと思ってしまいました。私の「なぜ空が青いの?」的な、絶え間なくわいてくる疑問に答えてくれる優しい友達に会って一緒にワインを飲んだので、「マスクをしている人を見たらどう思う?」と聞いてみてしまいました。

「恐怖心を抱かせる」というのが彼女の答え。異常事態が発生した、ということなのでしょうね。フランスで古民家を買った友達が、屋根裏部屋から出てきたと言って見せてくれた毒ガス用マスク(戦時中に使っていたらしきもの)を思い出しました。

日本でのマスク着用は、風邪がはやったときにマスクをするという習慣をつくった時代があったはずなので、そのあたりを調べたら面白いだろうと思うのですが、この手のどうでも良い私の疑問は限りなく生まれてくるので、そこまでは追及していません。でも、知りたいな・・・。誰か、キーパーソンがいたはずですから!
2009/09/06 | URL | Otium  [ 編集 ]
Re: おぉ~っ
v-22pepe犬さんへ

>Otiumさんのブログ、なんだか真っ白だな~~。。。と何日も不思議に思っていたら、な~んと下にコロコロと移動すると、ブログの記事がでてきたじゃありませんか~! そんな中、クイズがもう…終わっていたんですね。(涙)

⇒ 真っ白になっていましたか。教えてくださってありがとうございます。いつもクイズを考えてくださるpepe犬さんが今回はコメントを入れてくださらないな・・・ と、寂しく思っておりました。

ここ数日、なんだか転送がうまくいかないなとは思ったのですが、また私のインターネットがおかしくなっているのだろうと楽観(?)しておりました。今朝は、それでも変だぞ、と思い、原因らしき設定を直したところです。まだおかしかったら、教えてくださると助かります。

マロワールもお好きとは、やはりpepe犬さんはチーズの通ですね。私は買ったことがありません。それでも、パリで偶然入っておいしいレストランだったので感激したとき、デザートがマロワールを使ったもので、これがまた非常においしいので驚いたことがあります。あれは何だったのかな・・・? デジカメ時代ではなかったので写真も残っていません。
2009/09/06 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する