| Login |
2009/11/21

シリーズ記事目次: 【ノルマンディー旅行(2009年秋)】 その16


前回の日記「ノルマンディーでリンゴ酒の醸造農家を訪問」に書いた農家では、お酒は3種類つくっていました。

シードル、カルヴァドス、それからポモー。


シードルCidre

シードルは林檎ジュースを発酵させてつくられます。アルコール度は2%~8%。ワインよりかなり軽いアルコール飲料ですね。

おもにノルマンディー地方とブルターニュ地方で生産されていて、そこで生産されるシードルの定評が高いのですが、フランスの他の地方でも生産されています。我がブルゴーニュでも、シードルを作っている農家はあります。

フランス以外の国でもシードルは生産されているそうです。つまり、どこで作っても「シードル」という商品名を付けて売ることができるようです。地名ではないので生産地を限定できないのでしょうね。

例えば、シャンパンの場合は、フランスのシャンパーニュ地方で作らないものを「シャンパン」と呼んではいけないことになっています。同じ製法で作られた場合でも「スパークリングワイン」と呼ばなければいけないのです。目隠しテストをすると、へたなシャンパンよりスパークリングワインの方が高い評価を受けることもあるそうですが。

コニャックも同様ですね。フランスのコニャック地方で、規定にそった作り方をしないものは「コニャック」とは呼ばせません。

以前に、コニャック地方に行ったとき、レストランで出されたのがおいしいコニャックだったので、作っている農家に行ってみたら、「コニャック」という名前はつけていないブランデーだったことがありました。
☆ そのときの日記: 
コニャックの製造農家を訪ねて
 2005/09/10


ところで、シードル(cidre)のことを、英語では「サイダー(cider)」と言うのですね。これを書きながら初めて知りました。子どもの頃に飲んだことがあるサイダーとシードルは全く違うので驚いたので調べてみたら、日本語の「サイダー」は和製英語なのでした。


最高のシードルはペイ・ドージュで生産される

初めてノルマンディーとブルターニュを旅行したとき、地元のシードルが余りにも美味しいので驚きました。

最近の日本では「地産地消」という言葉をよく聞くようになりましたが、小規模生産のおいしいものは地元が先に消費してしまうのが当然だと思うのですが...。

シードルも地元で買えるものには絶品があると気がつくのは、私だけではないようです。日本では入手しにくいシードルなのだ、と強調して売っているお店もありました。




シードルといえばノルマンディーなのですが、その中でも最高とされるのはペイ・ドージュPays d'Auge)地域で生産されるシードルです。こここで生産されるシードルは AOC(原産地統制呼称)を持つ折り紙つきです。

ちなみに、今回私が訪問したのはペイ・ドージュにある農家ではなかったのですが、やはりノルマンディーなので行ってみたのでした...。

楽天市場に出ているシードルを探す
ペイ・ドージュに限定して探す



カルヴァドスCalvados

今回訪れた農家では、林檎ジュースからつくるブランデーであるカルヴァドスのセラーも見せていただきました。

カルヴァドスを貯蔵するセラー

オーク材の樽が並んでいるところはワイン・セラーと同じなのですが、棚にのせているというのはワイン農家で見たことがあったっけかな~?...

カルヴァドスでも、ワインセラーにまけないくらい立派なセラーがありますが、ここはちょっとお粗末…。でも、在庫はすべてはけてしまうほど、売れ行きが良いのだそうです。

シードルを樽に何年寝かせておいてから瓶詰にしているか聞いたのですが、もう忘れてしまいました。4年だったかな? 「ちょっと短いな」と思ったので、そのくらいだったように思います。試飲したとき、もう少し寝かせてまろやかになった方が、私の好みだと思いました。

樽に寝かせておくとアルコールは蒸発するので(「天使の分け前」と呼ばれる)、カルヴァドスも年代物は非常に高価になります。

こちらは30年もので、84,000円なのだそう ↓


ル・ヴィギャン カルヴァドス

こちらのお店の方が、古酒の説明が詳しいですね ↓


カルヴァドス・レゼルヴ・デュ・サンカンテナリー/シャトー・デュ・ブルイユ




カルヴァドスといえば、ノルマンディー。でも、ノルマンディーの中でも特定地域(カルヴァドス県の東端と、その幾つかの隣接地域)でない所でつくったカルヴァドスはAOC(原産地統制呼称)を持つカルヴァドスとはならないそうです。

ところで、カルヴァドスといえば林檎ジュースでつくるものと思っていたのですが、少し洋ナシのジュースも加えてつくることも多いようです。

お隣のブルターニュでも、同じようなアップル・ブランデーを作っていますが、「Lambigランビッグ)」と呼ばれるそうです。こちらの名前の知名度はずっと低いですね。

ノルマンディーで生産されたカルヴァドスでも、やはりシードルの質が高いと定評のあるペイ・ドージュでつくられたものが珍重されるようです。

楽天市場に出ているカルヴァドスを探す
ペイ・ドージュのカルヴァドスに限定して探す



食前酒: ポモーPommeau

訪問した農家では、ノルマンディーのアペリティフ(食前酒)も作っていました。「ポモーPommeau)」というものなのですが、おもに地元で飲まれるのではないでしょうか? 北フランスに行かないと飲む機会がないので、旅行中は極力味わうことにしていました。

こちらは発酵していない林檎ジュースと、林檎のブランデーからつくります。

従って、ポモーには2種類あります。

1) ポモー・ド・ノルマンディーPommeau de Normandie):
  リンゴジュースにカルヴァドスを入れてつくる
2) ポモー・ド・ブルターニュPommeau de Bretagne):
  リンゴジュースにランビグを入れてつくる



甘~いリンゴの食前酒♪ ポモー・ド・ノルマンディー

楽天市場にでているポモーを探す(Pommeau)




リンゴからつくるお酒については知識がないので、書きながら少し調べたりしました。そうしたら、ノルマンディーで「これは何だろう?」と思ったものが何だったのかが分かりました♪

犬も歩けば棒に当たる! それを次回の日記でメモしておきます。

- ノルマンディー旅行の続き -



【追記 (2015年9月)】

フランスで高品質のシードルやカルヴァドスに使われるリンゴの品種「Pomme à cidre」は、こんなに素朴なリンゴです。

Pommes à cidre

日本だと「汚い」とか言われてしまいそうですね...。でも、ノルマンディーやブルターニュのような北仏の産地に行くと、内陸部ではめったに見つけられないような素晴らしいリンゴ酒に出会います。

ブログ内リンク:
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)



コメント
この記事へのコメント
シードラ
最近、日本では「スペインバル」(スペイン居酒屋?)
があちこちに出来ています。
ちょっとしたスペイン小皿料理とスペインのお酒を
出すのですが、そこで「シードラ」
と書かれたアルコールがあり、
頼んだところ「フランスのシードルと同じですよ!」
との事。。。でもなんとなくフランスとは違う味がしました。

ところで、青森でも、青森シードルというものが
売店でも売っていて、辛口のものは本場よりも美味しいのでは?と思うほどです。
りんごスパークリングという製品もあるのですが、
これはなぜかアルコールがゼロなのでちょっと惜しい感じです。
2014/08/02 | URL | フランス大好き  [ 編集 ]
Re: シードラ
v-22 フランス大好きさんへ

シードラとは知らなかったので調べてみたら、Sidraと綴り、スペイン北部で飲まれているようでした。この地方を縦断する旅行をしたことがありますが、一度も飲んでいませんでした...。バールではビールを飲んでいる人が多いと感じたのですが、案外、あれはシードラだったのかもしれない...。

青森で作っていますか。フランスもシードルの本場を旅行すると、驚くほど美味しいシードルに出会うので、何がどう違うのかな... と不思議です。
2014/08/02 | URL | Otium  [ 編集 ]
青森のシードル
青森といえば リンゴですものね。。。

こんなに種類があるとは、、知りませんでした。
https://kinarino.jp/cat4-グルメ/2073-青森と言えばりんご。絶品シードルがあるの知ってる?
2015/09/15 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
Re: 青森のシードル
v-22 たかゆきさんへ

東京のレストランで食事したとき、日本産のシードルがあったので飲んだのですが、フランスのシードルとは似ても似つかないもので、薄めたジュースのようで飲めたものではありませんでした。大手メーカーので、青森産ではなかったのでしょうね。

リンクをいただいたページを見たら、フランスでシードルを作るリンゴとは全く違うように見えました。この感じだと、農薬をいっぱい使っているのではないかと見えてしまう...。

フランスの産地でシードルとカルヴァドスを作っているのに出会ったときに見たリンゴは、そのままでは食べたくないような素朴なリンゴでした。この記事の最後に追記として、そのリンゴの画像を入れました。
2015/09/15 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する