| Login |
2010/03/27
日本とフランスを行ったり来たりしているのですが、この時期は絶対にフランスにいたい! と思っている季節があります。

ひとつは、夏。
日本の蒸し暑さが耐えられないからです。それだけではなくて、フランスで一番美しい季節だと思っているから。大陸性気候なので強烈に暑いときもあるのですが、フランスでは年齢なんかはかまわずにショートパンツでいられます。

もうひとつは、早春。
つまり、今の時期。

冬の寒さが厳しいので、花が咲きだす春になった喜びがひとしおなのです。日本でも寒い地方に住んでいらっしゃる方は、同じ気分を味わうのではないでしょうか?

つまり、人間って、辛さを味わわないと、喜びを味わえないということなのかな?…


森に咲く黄水仙の花

この写真をブログに入れたいと思っていた写真があったのですが、日付を見ると2週間前でした。

フランス森に自生する黄水仙

小さな村のレストランに行ったとき、早春の森に咲く黄水仙がテーブルに飾ってありました。これが咲くと、まだ寒いけれど春なのだと教えてくれる花なのです。

田舎のカフェなどでは、誰か散歩好きの人がいち早く見つけて持ってきてくれた黄水仙を飾ります。それを見て、「森に行けば見つかる♪」と分かるのです。


早春の森は本当に美しいです。木々の葉がないので日差しを浴びられるために、小さな花がお花畑を作ります。

この時期には森に行くのが楽しくてフランスに絶対いたいと思うのですが、今年は忙しくてまだ行っていません。今日は、やっと一段落してほっとしたところ。明日の日曜日は友人の家に招待されているので森には行けませんが、来週は絶対に行きます~!

いつまで黄水仙が咲いているのか気になったので、自分が書いた日記を検索してみました。
春の森で黄水仙を探す 2009/03/31
早く本格的な春にならないかな?・・・ 2008/03/30
早春の森に広がるお花畑 2006/03/30

黄水仙はもう盛りは過ぎてしまっている感じでした。蕾のうちに摘んで、花瓶で咲かせるのが一番きれいなのに...。ここのところ暖かい日があったので、もう終わってしまっているかもしれない...。

せっかく今年はフランスにいたのに…。

でも、庭にはたくさん咲いています。今年はいつもよりたくさん花をつけているように思います。本当は球根ごととってはいけないらしいのですが、お花を摘んだときに球根ごと来てしまうのがあるので植えているのです。

でも、やはり森でたくさん咲いているのを見て、大きな花束を作りたいです。

5月の初めには森にスズランの花が咲くのですけれど、その頃の私は日本にいるはず…。残念…。

メモ:

今年は変な天気でした。
たくさん雪が降って、いつまでも寒かったのですが、突然暖かくなりました。
それで、庭に咲く花は順番が狂ってしまっています。この花が咲いて、少ししたらこの花が咲いて... という順番があるのに、逆になったり、同時になったりしています。
こういう年の夏って、どうなるのだろう?...


レストランにあった変なお人形

レストランでは、黄水仙が入っていた寝そべり型の花瓶が気に入ったのですが、もう一つ目にとまったものがありました。

変なお人形…

フォークとナイフを持っているので気になりました。

Gault Millauというグルメガイドブックで、優れた若いシェフだと認められたときにもらえるトロフィーなのだそうです。

それにしても、もっと可愛い顔にできなかったのかな?…

ブログ内リンク:
★ 目次: 森や野原に咲く春を告げる花々


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



カテゴリー: 四季、自然 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
水仙
 我が家の庭にも水仙が咲きましたが、2月中旬ごろが最盛期だっだでしょうか、もう花が終わってしまいました。種類によっては今頃咲く水仙もあるようですね。
 咲いただけ摘み取って、部屋に飾っていましたが、やっぱり寒いほうが好きなんでしょうね。温かい部屋の中では、なかなか長持ちしませんでした。
 うちの庭に咲く水仙は、葉っぱばかり生い茂って、花が少ないのです。どうしてかな、と調べてみたら土に窒素が多すぎる、つまり肥料が効きすぎているらしいのです。もともと原っぱや、道端に咲く強い花。過度な肥料は水仙には必要ないようです。
 森を散策・・・っていいですね。「早春の森に広がるお花畑」に書かれてあったように、日本の森は手入れされていないだけに、なかなか入りこめない。特に観光地化されたような森でないと、怖くて入れないですね。
<日本の蒸し暑さが耐えられないからです⇒ これには同感! 日本の蒸し暑さには閉口してしまいます。そして、これがガーデニングの大敵でもあります。 春の喜びもつかの間、夏に向けて花を植えても、長い梅雨がやってきます。花が蒸れてしまうので、水はけのよい土、雨の当たらない場所、風通しのよく日当たりの良いところ・・・・花の生育には、数々の条件を要します。
 その点は、フランス・・・・特にブルゴーニュや、南仏あたりは、花の生育には最高の環境じゃないですか?
ゼラニウムの咲き乱れる窓辺にあこがれますが、なかなか思うようにはいきません。湿気をとても嫌いますよね。
 そういえば、シャローレのシャトーの裏の森を散策していたら、野生のシクラメンがたっくさん咲いていたのにはびっくりしました!日本では、鉢植えのシクラメンしか見たことありませんでしたから。
 5月ごろ帰国されるのですか?そうですね、その頃が梅雨入り前の、一番過ごしやすい季節かもしれません。
 ちなみにこの週末は、福岡では桜が満開でした。庭にはスズランも咲いています。でも、まだまだ肌寒い日が続きます。
2010/03/29 | URL | ママン  [ 編集 ]
こんばんは! こちらも先日から急に春の陽気になりましたが、なんと、この水仙、本当に森に咲く野生ですか? 素晴らしいですねぇ!!
寝そべりのガラスの花瓶も素敵ですが、どんなに素敵な森なのかと今迄の記事も拝見して来ました。

ああ、やはりフランスの土地は広大ですねぇ、村役所の持ち物なる森があるのですね。
それにムスカリの花も、通常見るムスカリよりも可憐で、色が澄んでいますねぇ。

この頃だんだんフランスに行きたい夢が芽生えつつあるのが、も一つ膨らみました。

そうそう、エジプトの遺跡で、当時のトイレを、今でいうトルコ式を教えて貰い、写真を撮りましたよ。
アップしましたらお知らせしますので、また見てやって下さいね。
2010/03/29 | URL | shinkai  [ 編集 ]
v-22ママンさんへ

>日本の森は手入れされていないだけに、なかなか入りこめない。
⇒ そうですね。日本は森の面積が広いのに、残念なことです。急な斜面になっているところが多いので、手入れは大変なのでしょうね。

いつだったか、日本の先生が「ヨーロッパの森は、日本のように灌木や草がたくさん生えて荒れてしまうことがないから美しい森になっているのだ」とかいうようなことをおっしゃっていたのですが、フランスの森に関しては手入れが行き届いているから森を散歩できるだけだと思います。放っておくと、やはり入り込めないようになりますね。

>花の生育には、数々の条件を要します。 その点は、フランス・・・・特にブルゴーニュや、南仏あたりは、花の生育には最高の環境じゃないですか?
⇒ 野生の花々は、悪い条件でもたくましく環境に順応していると感じます。プロヴァンスなどは、夏はすごく乾燥するのですが(すぐに山火事がおきる)、それに合った植物が生えているので、ブルゴーニュとは全然違って面白いです。

>シャローレのシャトーの裏の森を散策していたら、野生のシクラメンがたっくさん咲いていたのにはびっくりしました!
⇒ よくお城の庭などに小さなシクラメンが地面を覆うほど生えていることがあって、あれは野生なのかどうなのかと疑問に思っていました。森に生えていたということは野生なのでしょうね。私がよく行く森では見たことがありません。

シャロレーは牛の産地なので、牧場の土が糞で肥えていて、食べられるキノコとかクロッカスの花がたくさん生えているな、と観察しています。

>この週末は、福岡では桜が満開でした。庭にはスズランも咲いています。でも、まだまだ肌寒い日が続きます。
⇒ やはり、こちらより暖かいのでしょうね。私が植えた「日本の」とついた桜の木は、ちらほらと花が開き始めました。鈴蘭は、まだ葉も出てきていません。
2010/03/30 | URL | Otium  [ 編集 ]
v-22shinkaiさんへ

>なんと、この水仙、本当に森に咲く野生ですか? 素晴らしいですねぇ!!
⇒ そうなんです。フランスの野生植物は可愛らしいです。こんな立派なのがこんなにたくさん咲いていて良いのかと思ってしまいます(スズランとかランとか)。野生の花を見慣れてしまうと、お花屋さんで売っている花は大ぶりで余り美しくないと思ってしまいます。

復活祭の休みのときにシチリア島に行ったことがあるのですが、地面に転がっているギリシャ時代の遺跡にたくさんの花が色を添えていて、素晴らしく美しかったです。地中海沿岸に咲く花は内陸部と違うので珍しくて、見ると嬉しくなります。

ああっ、ギリシャ編にも登場しますか。楽しみにしています♪
2010/03/30 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する