| Login |
2010/06/21
毎年、夏時間に切り替わると、日が長くなったと感じたものでした。日本では夏でも午後7時になれば完全に夜なので、いくらフランスに慣れても、夏のフランスで日が沈むのが遅いのには、毎年、驚いていました。

ところが、今年はその感慨がありません...。

なぜかと考えると、夜の9時すぎに庭などでのんびり食事をしている機会がないからかも知れない。

だって、そんなことをしていられないくらい寒いのであります! つい最近は、最低気温5度なんていう日がありました。


本来なら、庭でバーベキューを楽しむ季節なのですけれど…。



先日書いた日記(今日つくったお刺身)でお見せしたように、シダの葉をお皿に敷くのが気に入ったので、バーベキューでもこれをしたら美しいのではないかと発案しました。

でも、バーベキューが嬉しいような天気の日がなかなか来ないので、友人たちにご披露できません。シダも、葉の裏に胞子ができてしまったので美しくなくなってきてしまいました…。


たまには夏の気温になる日もあります。
おかげで、体温調整ができないので、風邪のような症状になってしまったのですが、やっと直ってきたところです。


今日、6月21日は夏至で、本当の夏が始まる。一年で一番日が長いという日ですが、夜の9時ころにはうす暗くなって、夜になったと感じる気配になっています。

太陽が照りつけている日はいつまでも明るくて、曇っていると暗くなるのは早い。それは感じていたので、そういうことなのでしょね…。いくら異常気象でも、日の出と日の入りの時間がずれることはないはずですから。


この夏至の月曜日から快晴になると天気予報は言っていたのに、朝起きてみると、みごとにハズレ。インターネットで天気予報をチェックすると、快晴マーク。外を見ると、完全な曇天。現在の天気くらい、ちゃんと表示してくださいな!…


追記:
過去の日記で、日の出と日の入の時間を調べて書いていました:
朝が明けるのが遅い・・・ 2008/12/07

同じように夏至になったと感じられないというコメントをいただいたので、もしかしたら太陽の動きが狂ってきているのだろうかという気になって調べてしまいました。そんなことはないらしいのですが、日の入りが一番遅いのは、夏至の少し後なのだということを学びました。

ついでに良い情報サイトを見つけたのでメモしておきます。

☆ 国立天文台: よくある質問
☆ 何でも計算してくれる!: 生活や実務に役立つ高精度計算サイト(Casio)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




カテゴリー: 四季、自然 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
私もそう!
こんにちは。私も同じです!
全然日が長くなったと感じません。ニュースで「夏至」と聞いて、ええ~!今が!?と、その感覚がないままに暦が進んでいることにビックリしました。
あと一週間もしたら7月なんて、ウソみたいです。
こちらは、寒いというよりは梅雨の雨で日の長さを感じないのだと思うけれど、でも今年だけ特別の理由ではないのに…。
なんだか、あるべき季節季節のメリハリがないまま、悪天でだら~っと境目が流れているような、変な気分です。
2010/06/23 | URL | すぎちゃん  [ 編集 ]
Re: 私もそう!
v-22すぎちゃんへ

すぎちゃんも?! 年によって日の長さが違うのかな?... と調べてしまったのですが、気のせいだけみたいですね。すぎちゃんもそう感じられていたとは不思議な気分になります。
2010/06/23 | URL | Otium  [ 編集 ]
私も仲間に入れてください。
ご無沙汰しています。
今日、夫が「夏至も終わったことだし・・」と言うので思わず「えっ? それっていつよ。」と言ってしまいました。
もっと、日が長くなってくるはずだと思っていたのです。地球は反対に回り始めてないだろうか?と
真剣に思ったりしています。

そんなことはないはずですけど・・・。

2010/06/23 | URL | みほ  [ 編集 ]
v-22みほさんへ

みほさんも?!!! 何なのでしょうね...。

ここ数日、いつ暗くなるかに注意しているのですが、暦に書いてある日没時間より30分くらい早く太陽が隠れる気がしてならないのです...。山の上に住んでいるわけではないので、ちゃんと観測できないのですが。

>地球は反対に回り始めてないだろうか?と 真剣に思ったりしています。
⇒ 私もそう思ってしまいます!
2010/06/23 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する